ジャケットとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 服飾 > 衣服 > ジャケット > ジャケットの意味・解説 

ジャケット【jacket】

読み方:じゃけっと

洋服で、腰丈程度の上着の総称スーツ背広の上着を単独で用いた場合にもいう。

レコード・本などの覆いカバー

ボイラースチームパイプの、熱の放散を防ぐ被覆物。

「ジャケット」に似た言葉

ジャケット 【jacket】


ジャケット

読み方じゃけっと
【英】: jacket

固定式海洋プラットフォーム躯体{くたい}をなす、脚・{けた}・襷{たすき}の各部材により全体として台形立方錐{だいけいりっぽうすい}に組み立てられ鉄鋼構造物。普通、鋼管類を溶接して製作され所定の位置まで台船運ばれ、そこで海中投下すると同時に引き起こされて、底部海底着底頂部洋上突出するように設置されその後数本長いパイル海底深く打ち込むことによって脚はしっかりと海底固定される。ジャケットという名称は、もともとは海底面から洋上まで立ち上がっている坑井管の保護のための構造物という意味から出たものであるが、現在では各種の目的の、各種の施設搭載した海洋プラットフォーム下部構造物を全般的にジャケットと呼んでいる。最近では設置水深300mを超え搭載物も多くデッキ面積大きく総重量数万トン達するジャケットもある。大水の場合は上下二段分割製作し海中接続組み立て工法もとられる防食のため、耐海水塗装はもちろん亜鉛電極所々に接着する
カニカル式の二つタイプがある。採揚作業使われるほか、抑留危険性がある場合掘進中にも使用される

ジャケット

作者クリスチアナ・ブランド

収載図書招かれざる客たちのビュッフェ
出版社東京創元社
刊行年月1990.3
シリーズ名創元推理文庫


ジャケット

名前 JacketJacquette

ジャケット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/30 00:26 UTC 版)

ジャケット: jacket)は、丈の短い前開きのトップスの一種である。屋内、屋外、インナーウェアアウターウェアとして着用されるさまざまな衣服が含まれる。日本では昭和初期頃まで、表記・表音を日本語化してジャケツ[1][2][3]と称した。


  1. ^ 外村繁 『澪標講談社、1960年。 
  2. ^ 渡辺温」『新青年』、博文館、1927年3月。
  3. ^ 中島敦虎狩」 『光と風と夢』筑摩書房、1942年7月。 
  4. ^ Harper, Douglas. "jacket". Online Etymology Dictionary. 2018年2月23日閲覧


「ジャケット」の続きの解説一覧

ジャケット(Jacket)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/13 14:40 UTC 版)

PAYDAY 2」の記事における「ジャケット(Jacket)」の解説

ホットライン・マイアミ』からのゲストキャラクター使用するには該当DLCだけでなく、『Hotline Miami 2: Wrong Number Digital Special Edition』も購入する必要がある。『ホットライン・マイアミで会シーンなかったことにちなみ、本作ではラジカセ入っている様々な音源用いて会話する

※この「ジャケット(Jacket)」の解説は、「PAYDAY 2」の解説の一部です。
「ジャケット(Jacket)」を含む「PAYDAY 2」の記事については、「PAYDAY 2」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ジャケット」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ジャケット」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ジャケットと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ジャケットのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ジャケットのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2022 Japan Video Software Association
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2022 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのジャケット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのPAYDAY 2 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS