スリーブとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 服飾 > 衣服 > スリーブ > スリーブの意味・解説 

スリーブ

別表記:スリーヴ
英語:sleeve

スリーブ(sleeve)とは、主に衣服の「袖(そで)」を意味する語であり、文脈によっては「箱」「袋」「筒」「鞘管さやかん)」の意味で用いられることもある語。原語は英語である。

衣服のスリーブは「袖」とほぼ同義であり、衣類の腕を通す・腕を覆う部分を意味する。「ノースリーブスリーブレス)」「ラグランスリーブラグラン袖)」「パフスリーブ」といった言い方でもよく用いられる

紙箱については、身箱(もしくは身の組箱)を内包する筒状要素をスリーブという。身箱は引き出しのような形でスリーブに収まる。スリーブがあると箱がむやみに開くこともなくなり、外装にも高級感のある意匠を凝らしやすくなる。高級品の包装では身箱・箱・スリーブの組み合わせが用いられることが多く菓子折などでは身箱にスリーブの組み合わせが用いられることもある。

いわゆる消しゴムケースも「スリーブ」と呼ばれる

レコードCDDVDなどの円盤メディアについては、袋状・筒状ディスクジャケット指してスリーブということがある。特に紙製のものを指す場合が多い。

トレカトレーディングカード)の分野ではカード個別保護するための樹脂製の袋をスリーブ(またはカードスリーブ)という。

スリーブ【sleeve】

洋服の袖。「ノースリーブ

紙コップなどにはめて、持った指に熱が伝わりにくくするための、筒状の具。

棒軸などをはめ込む金具また、絶縁結束保護に用いる、ナイロン・ガラス製の部品

紙製レコードジャケット

CDまたはDVDケースを入れる紙製外箱スリーブジャケット

スマートホンタブレットなどを保護携帯するための入れ物スリーブケース

スリーブの画像

スリーブ 【sleeve】


スリーブ


スリーブ

シリンダー内に配される筒で、ピストンが収まる円筒形に削った金属のパーツ。スリーブライナーともいう。
関連用語】シリンダー

スリーブ sleeve

管や軸などを継ぐために、その外周にはめ込んで用いる筒型の部品コンクリート打設するときに、貫通する配管用のスペース確保するために 、あらかじめコンクリート内に埋め込んでおく筒型もスリーブという。

スリーブ

配管ダクトや床を貫通させる場合に、あらかじめ、や床に穴を設けるためのさや管。矩形穴を空ける場合木枠は箱という。

スリーブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/10 20:45 UTC 版)

スリーブ (sleeve)




「スリーブ」の続きの解説一覧



スリーブと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「スリーブ」の関連用語

スリーブのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



スリーブのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2021 Japan Video Software Association
日本画像学会日本画像学会
Copyright (C) 2021 The Imaging Society of Japan All rights reserved.
ヤマハ発動機ヤマハ発動機
COPYRIGHT © 2021 YAMAHA MOTOR CO., LTD. All Rights Reserved.
ヤマハ発動機バイク用語辞典
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2021 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
三幸エステート三幸エステート
Copyright 2021 Sanko-estate,All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスリーブ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS