ギャザーとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ギャザーの意味・解説 

ギャザー【gather】

布を縫い縮め寄せるひだ。


ギャザー

ギャザーは「寄せる」という意味があり、布を縫い縮めてしわを寄せたもの。

ヨーク切り替え裾口などいろいろなところに用いディテールだが、今年スカートトレンドとして用いられウエスト、裾にギャザーを入れたものは「バルーンスカート」になる。


ギャザー

ぐし縫い、または粗いミシン目細かくひだを寄せること。

ギャザー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/09 05:01 UTC 版)

株式会社ギャザー(GATHER Co.,Ltd)は、佐賀県佐賀市唐人町商店街に本店を置き、九州各県で紳士・婦人服販売店「GATHER」を展開する企業である。




「ギャザー」の続きの解説一覧

ギャザー(1988)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/14 09:08 UTC 版)

綴りGAZER=ゲイザー。複数家庭用ゲーム機RPG対象とした『TVゲーム 怪物モンスターイラスト事典』(JICC出版 1988.12.25)にて定義され目玉怪物総称魔法とエナジードレインなどを使う魔法生物で、性格凶悪で貪欲。『ドラゴンクエスト2』(1987)からメドーサボールダークアイ、『ファイナルファンタジー1』(1987)からビッグアイ、『ディープダンジョン3』(1988)からデスアイがギャザーに分類され類似した怪物として『リンクの冒険』(1987)のギルボック、『FC版源平討魔伝』(1988)の魂喰眼(こんじきがん)、『邪聖剣ネクロマンサー』(1988)のギャザーが挙げられている。 球形の体・単眼複数触手、そして眠り攻撃特徴とされ、メドーサボール上位種ゴーゴンヘッドラリホー呪文初登場時にはモンスターMP設定されておらず呪文乱発する上、ゴーゴンヘッドこちらの攻撃魔法をほとんど受け付けないなどビホルダー思わせる)、ダークアイ下位種あくまのめだまは「あまいいき」、デスアイスリープ魔法を使う。しかしビッグアイ上位種ディープアイは「にらみ(麻痺)」(ディープアイは盲目効果の「フラッシュ」も使う)だけで眠り攻撃仕掛けてこない。更に前述のエナジードレインがどこから出展されたか不明(魂喰眼の麻痺針」は攻撃力低下させる挙げられ怪物たちの中で唯一エナジードレインと呼べなくもない効果特殊攻撃)。ギルボックは瞼を開いている間しかダメージ受けない特殊能力を持つが、魔法使わず触手もない。魂喰眼は「睡眠」を使うが球形の体は長い体毛覆われ大きな口の中に眼球を持つ。ギャザーは球形の体に無数の眼と触手持ちファイヤー魔法を使う。

※この「ギャザー(1988)」の解説は、「ビホルダー」の解説の一部です。» 「ビホルダー」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ギャザー」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ギャザーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ギャザーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
アパレルウェブアパレルウェブ
(C)Copyright 2022. APPAREL-WEB INC., All Rights Reserved.
日本ヴォーグ社日本ヴォーグ社
Copyright (c) NIHON VOGUE-SHA Co., Ltd. All Right Reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのギャザー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのビホルダー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS