目玉とは? わかりやすく解説

め‐だま【目玉】

読み方:めだま

目の玉眼球

1似た形のもの。

(「お目玉」「大目玉」の形で目上の人らしかられること。「お―を食う」

《客が目玉をむいて驚く意から》多くの売り物の中で特に注目される物。客を引き寄せるための特売品。また一般に多くの中で中心となる物事。「特価輸入酒が―の店」「減税を―に立候補する

主人親方など目上の人

また、―がやかましく言ふよ」〈洒・双床満久羅〉


目玉

作者佐野洋子

収載図書乙女ちゃん―愛と幻想の小さな物語
出版社大和書房
刊行年月1988.5

収載図書乙女ちゃん―愛と幻想の小さな物語
出版社講談社
刊行年月1999.2
シリーズ名講談社文庫


目玉

作者吉行淳之介

収載図書目玉
出版社新潮社
刊行年月1989.9

収載図書目玉
出版社新潮社
刊行年月1993.7
シリーズ名新潮文庫


目玉

作者立松和平

収載図書下の公園で寝ています
出版社東京書籍
刊行年月2002.12


目玉

作者宇佐美

収載図書残像の疼き
出版社本の風景
刊行年月2005.2


目玉

作者山浦英一

収載図書玉石破片
出版社フーコー
刊行年月2005.11
シリーズ名フーコー短編小説傑作選


目玉

作者小原

収載図書メタモルフォーズ十一の変身譚
出版社鳥影社
刊行年月2006.5


目玉

目入り。目。アイ

目玉

読み方:めだま

  1. かられることをいふ。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

(目玉 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/24 08:21 UTC 版)

、め)は、受容する感覚器である。光の情報は眼で受容され、中枢神経系の働きによって視覚が生じる。


注釈

  1. ^ 個体差: ±2SD
  2. ^ 頭足類では脊椎動物の眼のように瞳孔、角膜、瞼まで備える。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k 解剖学第2版、p.148、第9章 感覚器系 1.視覚器
  2. ^ 解剖学第2版、p.135-146、第8章 神経系 4.末端神経系
  3. ^ a b c d e f 佐藤・佐伯(2009)、p.245-247、第12章 感覚、2.視覚visual sensation、1)眼球の構造と働き
  4. ^ "The size of a human adult eye is approximately 24.2 mm (transverse)" Bekerman, et al. (2014) Variations in Eyeball Diameters of the Healthy Adults.
  5. ^ "Transverse (s-s) 24.156 ± 1.9 Max 26.8 Min 21.5" Bekerman, et al. (2014) Variations in Eyeball Diameters of the Healthy Adults.
  6. ^ "The average corneal diameter was 11.71 ± 0.42 mm." Rufer et al. (2005). White-to-White Corneal Diameter.
  7. ^ "males was 11.77 ± 0.37 mm, whereas in females it was 11.64 ± 0.47 mm. ... the mean values of males and females were not significantly different" Rufer et al. (2005). White-to-White Corneal Diameter.
  8. ^ 医学大辞典(医学書院ISBN 4-260-13651-8)
  9. ^ 目の愛護デー(日本眼科医会)
  10. ^ a b c d e f g h 岩堀修明著、『感覚器の進化』、講談社、2011年1月20日第1刷発行、ISBN 9784062577
  11. ^ Scallops’ amazing eyes use millions of tiny, square crystals to see” (英語). Science News (2017年11月30日). 2022年3月31日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t ニュートン (2012-6) p.94-99 知られざる眼のヒストリー
  13. ^ 佐藤・佐伯(2009)、p.249-251、第12章 感覚、2.視覚visual sensation、3)視覚の性質と調整



目玉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/30 08:39 UTC 版)

はんだ付け」の記事における「目玉」の解説

はんだの量が少ない、もしくはランド部品足に均等に加熱出来ていないために基板銅箔部分のみにはんだがつくこと。部品の足にはんだがつかず、見た目が目玉のように見えるためこのように呼ぶ。

※この「目玉」の解説は、「はんだ付け」の解説の一部です。
「目玉」を含む「はんだ付け」の記事については、「はんだ付け」の概要を参照ください。


目玉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/05 03:14 UTC 版)

ドラキュラII 呪いの封印」の記事における「目玉」の解説

遺骸1つ装備している隠されている物が見えるようになる

※この「目玉」の解説は、「ドラキュラII 呪いの封印」の解説の一部です。
「目玉」を含む「ドラキュラII 呪いの封印」の記事については、「ドラキュラII 呪いの封印」の概要を参照ください。


目玉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/12 19:55 UTC 版)

ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大戦争」の記事における「目玉」の解説

鬼太郎助けられない自分情けなく思いアキオ任せることになる。

※この「目玉」の解説は、「ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大戦争」の解説の一部です。
「目玉」を含む「ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大戦争」の記事については、「ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大戦争」の概要を参照ください。


目玉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/21 02:27 UTC 版)

キョンシーズ2」の記事における「目玉」の解説

霊界大霊界棲む人魂一つ目付いた姿の小妖怪高所くるくる回っているのみで、こちらを攻撃してくることはない

※この「目玉」の解説は、「キョンシーズ2」の解説の一部です。
「目玉」を含む「キョンシーズ2」の記事については、「キョンシーズ2」の概要を参照ください。


目玉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/10 05:45 UTC 版)

ゲゲゲの鬼太郎 激突!!異次元妖怪の大反乱」の記事における「目玉」の解説

妖怪詳しいが、妖怪皇帝のことは知らなかった

※この「目玉」の解説は、「ゲゲゲの鬼太郎 激突!!異次元妖怪の大反乱」の解説の一部です。
「目玉」を含む「ゲゲゲの鬼太郎 激突!!異次元妖怪の大反乱」の記事については、「ゲゲゲの鬼太郎 激突!!異次元妖怪の大反乱」の概要を参照ください。


目玉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/13 17:20 UTC 版)

ゲゲゲの鬼太郎 最強妖怪軍団!日本上陸!!」の記事における「目玉」の解説

本作では茶碗風呂のねこ娘飲まれるなど不憫な扱いを受けることが多い。

※この「目玉」の解説は、「ゲゲゲの鬼太郎 最強妖怪軍団!日本上陸!!」の解説の一部です。
「目玉」を含む「ゲゲゲの鬼太郎 最強妖怪軍団!日本上陸!!」の記事については、「ゲゲゲの鬼太郎 最強妖怪軍団!日本上陸!!」の概要を参照ください。


目玉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 04:37 UTC 版)

ゲゲゲの鬼太郎 (1985年の映画)」の記事における「目玉」の解説

鬼太郎奪われ妖気取り戻すためにねずみ男体内入りそのままアカマタを倒す。

※この「目玉」の解説は、「ゲゲゲの鬼太郎 (1985年の映画)」の解説の一部です。
「目玉」を含む「ゲゲゲの鬼太郎 (1985年の映画)」の記事については、「ゲゲゲの鬼太郎 (1985年の映画)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「目玉」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「目玉」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「目玉」の関連用語

目玉のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



目玉のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
Park TownPark Town
(C)ParkTown H&M
皓星社皓星社
Copyright (C) 2023 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの目 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのはんだ付け (改訂履歴)、ドラキュラII 呪いの封印 (改訂履歴)、ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大戦争 (改訂履歴)、キョンシーズ2 (改訂履歴)、ゲゲゲの鬼太郎 激突!!異次元妖怪の大反乱 (改訂履歴)、ゲゲゲの鬼太郎 最強妖怪軍団!日本上陸!! (改訂履歴)、ゲゲゲの鬼太郎 (1985年の映画) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS