海とは?

うみ [1] 【海】

地球表面のうち、海水をたたえた部分総面積は約3億6千万平方キロメートルで、地球表面積の約4分の3を占める。最深マリアナ海溝の約1万1千メートル平均深度は3千8百メートル海洋。 ⇔ 一般に外海をいうが、カスピ海のように周囲を陸で囲まれた大きな湖などをもいう〕
みずうみ。湖。 「にお)の-」
月面の、比較凹凸少なく広々している所。 「嵐の-」
あたり一面がその物でおおわれていること。 「あたりは火の-だった
硯(すず)の、をためておく部分。池。

うみ 【海】

文部省唱歌作詞作曲者とも不明1913年大正2)刊の「尋常小学唱歌(五)」に発表。「松原遠く消ゆるところ…」

【かい】[漢字]

【介】 [音] カイ
間にはいる。 「介在介入紹介仲介媒介
たすける。補佐。 「介護介錯かいしやく)・介抱
甲羅。鎧(よろい)。 「介士介冑かいちゆう)・魚介
かたい。かたく守る。 「狷介けんかい)」
ひとり。 「介立
小さい。 「一介
【回】 くわい [音] カイ ・エ
まわる。まわす。 「回状回診回送回漕かいそう)・回転回読回遊回覧回向えこう)・低回転回
もとへもどる。もどす。 「回帰回収回春回生回復撤回挽回ばんかい)」
ふりかえる。 「回顧回想
繰り返し行われる事柄。度。たび。 「回数今回次回初回
中国少数民族の一。回族中国各地に住む。 「回教」 〔「廻」の書き換え字としても用いられる〕
【会(會)】 くわい [音] カイ ・エ
あつまる。集う。 「会議会見会合会所会場会席会葬会談
対面する。めぐりあう。 「再会密会面会
関係する人々集まり。 「宴会開会散会司会集会委員会公聴会
催し物行事。 「《カイ音楽会講演会展覧会」 「《エ》会式法会大嘗会だいじようえ)」
かなう。さとる。 「《カイ会心理会」 「《エ》会釈会得
人や物の集まる所。 「都会
複合する。 「会意文字
時機。おり。 「機会際会
「絵」に同じ。 「図会ずえ)」
【灰】 くわい [音] カイ
はい。もえがら。 「灰塵かいじん)・灰燼かいじん)」
活気のないもの。生気を失ったもの。 「死灰
ねずみ色。 「灰白色
【快】 くわい [音] カイ ・ケ
こころよい。さわやか。 「快活快感快挙快諾・快適・快楽かいらく)((けらく))明快・愉快」
はやい。 「快走快速
するどい。 「快刀
【戒】 [音] カイ
さとす。いましめる。 「戒告戒慎訓戒自戒懲戒
いましめ。特に、宗教上のおきて。 「戒行戒壇戒律斎戒さいかい)・十戒受戒破戒
注意する。用心する。 「戒心警戒厳戒」 〔「誡」の書き換え字としても用いられる〕
【改】 [音] カイ
直す正しくする。 「改悟改悛かいしゆ)・改心改訂
あらためる。点検する。 「改札
】 [音] カイ
からし菜香辛料のからし。 「芥子かいし)((けし))
あくた。ごみ。 「塵芥じんかい)・土芥
微細なもの。小さいもの。 「芥蔕かいたい)」
【 乖くわい [音] カイ
道理にはずれる。そむく。もとる。 「乖背乖戻
わかれる。離れる。 「乖離
【怪】 くわい [音] カイ ・ケ
あやしい。疑わしい。 「怪火怪漢怪死怪事
普通でないなみなみでない。 「怪傑怪童怪力
思議に思う。 「怪訝けげん)((かいが))
【拐】 [音] カイ
【 廻くわい [音] カイ
めぐる。めぐらす。もとにかえる。 「廻航廻船廻送廻転廻附廻文廻流廻廊」 〔「回」とも書き換えられる〕
【 恢くわい [音] カイ
大きい。広い。 「恢恢恢弘
(「回」に通じてもとにもどる。 「恢復
【悔( 悔 )】 くわい [音] カイ ・ケ
あやまちに気づいて苦しむ。くいる。 「悔悟悔恨悔悛かいしゆ)・後悔懺悔ざんげ)」
【海( 海 )】 [音] カイ
うみ。 「海岸海面海洋海流航海四海大海領海
広く大きいさま。 「海岳海容
物事多く集まる所。 「学海苦海・人海」
【界】 [音] カイ
さかい。くぎり。 「境界限界分水界
さかいの中。範囲社会。 「学界眼界世界教育界社交界
仏教語で、境域世界。 「苦界三界塵界じんかい)・法界
【皆】 [音] カイ
みな。すべて。ことごとく。残らず。 「皆勤皆済皆伝皆無悉皆しつかい)・皆既食
【 偕 】 [音] カイ
ともに。 「偕楽偕老同穴
【 晦くわい [音] カイ
みそか。つごもり。 「晦朔かいさく)・晦日
暗い。はっきりしない。 「晦渋晦冥かいめい)」
くらます能力などをかくす。 「晦蔵韜晦とうかい)」
【械】 [音] カイ
かせ。自由を奪う刑具。 「 杻械ゆうかい)」
からくり。しかけ。道具。 「器械機械
【 喙 】 [音] カイ
くちばし。 「烏喙うかい)・容喙
【絵(繪)】 くわい [音] カイ ・エ
え。物の形・姿を描いたもの。 「《カイ絵画絵事」 「《エ》絵図絵本図絵
【開】 [音] カイ
ひらく。あく。あける。 「開花開眼かいげん)((かいがん))開封開閉開門公開打開満開
はじめる。はじまる。 「開会開校開始開戦開廷開店開幕
土地などを、きりひらく。 「開墾開拓開発
文化がすすむ。 「開化開明
数学で、根(こん)を求めること。 「開平開立
【階】 [音] カイ
きざはし。だんだん。 「階下階段
官の等級順位。 「階級位階段階
建築物の層。また、それを数える語。 「三階地階
【塊】 くわい [音] カイ
】 [音] カイ
のり。手本法則。 「式」
漢字書体の一。 「楷書法」
【解】 [音] カイ ・ゲ
ばらばらになる。分ける。 「解散解体解剖解離分解
とく。ときはなす。ゆるめる。 「解禁解雇解除解職解任解纜かいらん)」
ときあかす説明する。 「解釈解説解題解明
わかる。さとる。 「解脱げだつ)・理解了解
なくす。 「《ゲ》解毒解熱
仲直りする。 「和解
古文書の一形式。 「《ゲ》解状解文げもん)」
【 誨くわい [音] カイ
おしえる。さとす。おしえ。教訓。 「誨淫かいいん)・誨諭教誨訓誨
【 誡 】 [音] カイ
いましめるいましめ。 「勧誡教誡訓誡」 〔「戒」とも書き換えられる〕
【 魁くわい [音] カイ
北斗七星ひしゃく頭部にあたる四つの星。またその第一星。 「魁星
かしら。首領さきがけ首席。 「巨魁渠魁きよかい)・首魁
大きい。すぐれている。 「魁偉魁傑魁梧かいご)」
【潰】 くわい [音] カイ
堤防がくずれる。つぶれる。 「潰滅決潰倒潰破潰崩潰
やぶれる。 「潰走潰乱
ただれくずれる。 「潰瘍かいよう)」
【壊(壞)】 くわい [音] カイ ・エ
こわれる。こわす。くずれる。 「壊敗壊滅壊乱決壊破壊
病む。いたむ。 「壊死えし)・壊疽えそ)・壊血病
【懐(懷)】 くわい [音] カイ
なつかしい。 「懐郷かいきよう)・懐古
心にいだく。思う。 「懐疑述懐所懐本懐
身ごもる。 「懐胎懐妊
ふところふところに入れてもつ。 「懐剣懐紙懐中懐炉
なつかせる。 「懐柔
【諧】 [音] カイ
うちとける。他と調和する。 「諧声諧調諧和
滑稽ユーモア。 「諧謔かいぎやく)・俳諧

【海

〔「うみ」の「う」が脱落した形〕
うみ。 「淡海おうみ)の-瀬田のわたりに潜(かず)く日本書紀 神功

わた 【海

うみ。 「 -の底沖つ深江の/万葉集 813


ドビュッシー:海

英語表記/番号出版情報
ドビュッシー:海La mer作曲年: 1905年 

作品概要

楽章・曲名 演奏時間 譜例
1 海の夜明けから真昼まで  "De l'aube a midi sur la mer" 9分30 No Image
2 波の戯れ "Jeux de vagues"7分30 No Image
3 風と海との対話  "Dialogue de vent et de la mer"9分00 No Image

作者梶井基次郎

収載図書梶井基次郎全集 全1巻
出版社筑摩書房
刊行年月1986.8
シリーズ名ちくま文庫

収載図書梶井基次郎全集 第2巻 草稿ノート
出版社筑摩書房
刊行年月1999.12


作者井上靖

収載図書井上靖全集 第7巻
出版社新潮社
刊行年月1995.11


作者林望

収載図書巾箱小説
出版社平凡社
刊行年月1998.4


作者かわさききよみち

収載図書母のおもい
出版社新風舎
刊行年月1998.9


作者瀬戸内寂聴

収載図書
出版社新潮社
刊行年月2000.1

収載図書
出版社新潮社
刊行年月2002.8
シリーズ名新潮文庫


作者根本洋志

収載図書フーコー短編小説傑作選 4(上)
出版社フーコー
刊行年月2000.7


作者海ふみこ

収載図書ゆめゆめみるな
出版社文芸社
刊行年月2001.1


作者フランチェスカ・リア・ブロック

収載図書Nymph妖精たちの愛とセックス
出版社アーティストハウス
刊行年月2002.1
シリーズ名BOOK PLUS


作者大木

収載図書
出版社日本文学館
刊行年月2003.10


作者ゆき

収載図書千枚
出版社ツーワンライフ
刊行年月2004.7


作者新田潤

収載図書新田潤作品集 2
出版社一草舎出版
刊行年月2005.2


作者佐野洋子

収載図書乙女ちゃん―愛と幻想小さな物語
出版社大和書房
刊行年月1988.5

収載図書乙女ちゃん―愛と幻想小さな物語
出版社講談社
刊行年月1999.2
シリーズ名講談社文庫


作者小川洋子

収載図書文学 2005
出版社講談社
刊行年月2005.5

収載図書
出版社新潮社
刊行年月2006.10


作者立野信之

収載図書小説
出版社ゆまに書房
刊行年月2005.6
シリーズ名帝国戦争文学


作者なだいなだ

収載図書現代詩殺人事件ポエジー誘惑
出版社光文社
刊行年月2005.9
シリーズ名光文社文庫


作者Yoshi

収載図書翼の折れた天使たち
出版社双葉社
刊行年月2006.2


作者橋本治

収載図書BA-BAHその他
出版社筑摩書房
刊行年月2006.12


作者渡辺哲哉

収載図書ひまわり
出版社渡辺哲哉
刊行年月2007.3

収載図書ひまわり
出版社アピアランス工房
刊行年月2007.6


作者山下濶子

収載図書八月薔薇
出版社書房
刊行年月2007.9


作者早川いくを

収載図書へんないきもの三千里
出版社バジリコ
刊行年月2007.11


作者平山砂子

収載図書なみだのち虹
出版社平山砂子
刊行年月2008.4


作者井上荒野

収載図書あなたの
出版社角川書店
刊行年月2008.11


作者三田誠広

収載図書愛の夢
出版社中央公論社
刊行年月1988.10


海―「アトラスを越えて」

作者井上秀

収載図書0「ラブ」より
出版社鳥影社
刊行年月2000.10


「海」―ビッグ・サーにおける太平洋の印象

作者ジャック・ケルアック

収載図書ビッグ・サーの夏最後路上
出版社新宿書房
刊行年月2000.8


作者丸山健二

収載図書丸山健二自選短篇集
出版社文芸春秋
刊行年月1989.6

収載図書丸山健二短篇集成 第5巻 月と花火
出版社文芸春秋
刊行年月1994.11


作者ボビー・アン・メイソン

収載図書ボビー・アン・メイソン短篇集
出版社彩流社
刊行年月1989.12
シリーズ名現代アメリカ文学叢書


作者丹羽

収載図書一枚のくし丹羽遺稿
出版社近代文芸社
刊行年月1991.2


作者井上光晴

収載図書ぐみの木にぐみの花咲
出版社潮出版社
刊行年月1993.11


作者田俊

収載図書田俊作品集―書く事、それは生きる生きる事、それは書く事
出版社近代文芸社
刊行年月1994.3


作者萩原朔太郎

収載図書猫町十七
出版社岩波書店
刊行年月1995.5
シリーズ名岩波文庫


読み方:うみ

  1. 硯ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・三重県
  2. 硯ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・静岡県
  3. 硯ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・島根県
  4. 硯ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・岡山県
  5. 硯ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・福岡県
  6. 硯。〔第六類 器具食物
  7. 硯を云ふ。
  8. 硯をいう。

分類 三重県岡山県島根県福岡県静岡県

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/20 05:18 UTC 版)

(うみ[注 1]: the sea または the ocean[注 2])は、地球[注 3]陸地以外の部分で、海水に満たされたところ[1]。海洋とも言う。




  1. ^ 日本に古来あった大和言葉では、もともと「う・み」という音である。「う」は「大」という意味で、「み」は「水」の意味。つまり、おおきなみず、という意味の言葉であった、というのが主流の説だという。(出典:語源由来辞典)。
  2. ^ seaに対してoceanのほうが広大さがある、というニュアンスが含まれている。なお英語では(成句以外では)「the sea」「the ocean」などと、(あえて、意識的に)theをつける。
  3. ^ 広辞苑では「地球」と表現することで、あくまで「地殻表面」についてだ、とのニュアンスを伝えている。
  4. ^ 日本語の場合は「みず+うみ」という構成法によって語をつくりだしたが、それに対してラテン諸語のイタリア語フランス語、あるいはゲルマン語系の英語でも「lac」「lago」「lake」などとして、基本的にもとから海とは別の語を立てている。
  5. ^ 陸地上の水面にはもあるが、これは海とつながっていても海には含めない。なお陸地上には、(淡水でなく塩水を湛えた)塩湖もあるが、これに関しては「lake 湖」に分類することも、「海」に分類されていることもある。
  1. ^ a b c 広辞苑第六版「海」
  2. ^ 理科年表地学部
  3. ^ 海はどうして塩からいのですか?国立研究開発法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)2018年6月3日閲覧。
  4. ^ この値は『地球の水圏』p.26による大陸棚外縁のおよその水深。
  5. ^ a b c 宇田(1969)、IV 海の色、光、透明度 p.80-82 海の色
  6. ^ 「広島大と静岡大、岩盤含水モデル構築/海水、年23億トン減少」日刊工業新聞』2017年10月25日(科学技術・大学面)2018年6月3日閲覧
  7. ^ []国立極地研究所(2018年6月3日閲覧)。
  8. ^ 出典 新版地学教育講座10 地球の水圏 東海大学出版会
  9. ^ 宇田(1969)、I 海とは何か p.8 第2表 海水中に溶けた塩類、元素(および河川との対比)
  10. ^ 大浜一之『科学雑学辞典』(日本実業出版社)
  11. ^ 「海洋学 原著第4版」p201 ポール・R・ピネ著 東京大学海洋研究所監訳 東海大学出版会 2010年3月31日第1刷第1版発行
  12. ^ 「海洋学 原著第4版」p223 ポール・R・ピネ著 東京大学海洋研究所監訳 東海大学出版会 2010年3月31日第1刷第1版発行
  13. ^ 二宮書店編集部『データブック オブ・ザ・ワールド』二宮書店、2008年、ISBN 978-4-8176-0320-3、P.3
  14. ^ 海洋政策内閣府(2018年6月3日閲覧)。
  15. ^ 気象庁・防災情報(2018年6月3日閲覧)。
  16. ^ 江戸時代の川柳。森田健作主演『おれは男だ!』など青春ドラマでも「海のバカヤロー!」(あるいは海に向かって「バカヤロー」)と叫ぶのが定番になっている。
  17. ^ Selsis, F. et al. (2007). “Could we identify hot Ocean-Planets with CoRoT, Kepler and Doppler velocimetry?”. Icarus 191: 453-. doi:10.1016/j.icarus.2007.04.010. http://ads.nao.ac.jp/abs/2007Icar..191..453S. 




※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



海と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「海」に関係したコラム

  • 株式市場の01銘柄とは

    株式市場の01銘柄とは、4桁の証券コードのうち下2桁が01で終わる証券コードの銘柄のことです。01銘柄は、その業種の代表的な銘柄であることが多く、株価の値動きは市場関係者から注目されています。次の表は...

  • CFDで取り扱う株式の一覧

    CFDで取り扱う株式には、日経平均株価(日経225)採用銘柄をはじめ、アメリカ合衆国、欧州圏、中国などの証券市場に上場している銘柄があります。CFDで取り扱われている株式はCFD業者によりさまざまで、...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「海」の関連用語

1
90% |||||

2
90% |||||

3
90% |||||

4
90% |||||

5
90% |||||

6
90% |||||

7
90% |||||

8
90% |||||

9
90% |||||

10
90% |||||

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



海のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2019 PianoTeachers' National Association of Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2019 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの海 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2019 Weblio RSS