覆土とは?

ふく‐ど【覆土】

[名](スル)土をかぶせること。また、その土。「播種のあと覆土する」


ふく‐ど【覆土】

〔名〕 土でおおうこと。土をかぶせること。また、その土。播種(はしゅ)の際や、土壌乾燥を防ぐために行なう


覆土

埋め立てられた廃棄物減容化動物生息防止のためのブルドーザ、コンパクタ等により締め固めある程度の厚層(3m前後)になったとき覆土する。覆土効果として、飛散悪臭・有害動物発生雨水浸透等の防止や、埋立地強度増加と、土壌中に含まれる微生物による分解効果期待等があげられる。

覆土(ふくど)

ごみの飛散ガス・悪臭放散防止衛生害虫獣繁殖防止火災予防雨水浸透防止などのためにごみ層の表面土砂などで覆うことをいう。


覆土

種子をまいたあと土を薄くかけること。土壌乾燥を防ぐために行い発芽に光が必要な植物には覆土をしない。

覆土

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/10/20 10:06 UTC 版)

覆土(ふくど)とは、




「覆土」の続きの解説一覧



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「覆土」の関連用語

覆土のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



覆土のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
プラスチック処理促進協会プラスチック処理促進協会
Copyright(C) Plastic Waste Management Institute All Rights Reserved.
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2021 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
園芸ネット園芸ネット
(c) copyright 1999-2021 engei.net all rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの覆土 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS