堆肥とは? わかりやすく解説

たい‐ひ【堆肥】


堆肥

読み方:タイヒ(taihi)

落葉・ごみなどを積み重ねて腐熟させた肥料


堆肥


健康のことを考えて、あるいは環境保全の意味からも注目を集める有機栽培化学肥料できるだけ使わずに、有機質肥料用い方法日本古くから伝わる農法です。有機質肥料、つまり堆肥づくりに牛の糞尿が利用されているというわけです。
堆肥には、家畜糞尿使わずに、ワラ落葉野草などだけで作るものもあります。これと区別するために、家畜糞尿と敷ワラ腐熟させたものを堆厩肥たいきゅうひ)と呼ぶことがありますさて、牛の糞尿を牛舎地下貯蔵庫落下発酵させると、泥のような状態になります。こうしてできた肥料液状厩肥スラリー)と呼ばれてます。
では、堆肥はどんなプロセス経て作られるのでしょう。まず、牛床のおがくずや敷ワラなどが混ざった糞尿は、ベルトコンベアで堆肥舎へ運ばれたり、近く草地の隅に積んで天日乾燥させます
そこでもみがら混ぜたり切り返したり、空気送り込んだしながら発酵促進させ、完熟するのを待ちます。 およそ、4、5ヶ月牛の糞尿は有機質肥料生まれ変わります。
堆肥の最も大きなメリットは、農業基本である「土」を健康にすること。だから、堆肥を使った野菜は、育成良くおいしくなるというわけです。 酪農家が堆肥を周辺の農家分ける。農家からは、堆肥づくりに必要なワラ分けてもらう農村では、そんな循環営まれています。そうして、私たち食卓おいしくて安全な野菜が並ぶ。 牛の糞尿も、めぐりめぐって私たち暮らし役立ってくれているのですね。


堆肥


<ミルククラブ情報誌'97 AUTUMN vol.25より>

堆肥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 01:26 UTC 版)

堆肥(たいひ)とは、易分解性有機物が微生物によって完全に分解された肥料あるいは土壌改良剤のこと。有機資材有機肥料)と同義で用いられる場合もあるが、有機資材は易分解性有機物が未分解の有機物残渣も含むのに対し、堆肥は易分解性有機物が完全に分解したものを指す。


  1. ^ a b c d e f g h i j 堆肥を上手に利用しよう! - 堆肥の利用ガイド - 岩手県農業普及技術課
  2. ^ a b c 小学館編『世界原色百科事典 5 しんす-た』小学館、昭和41年、p.489「堆肥」
  3. ^ a b c d e f g h i 生ごみ堆肥と肥料の組み合わせ方 日本土壌協会
  4. ^ 小学館編『世界原色百科事典 5 しんす-た』小学館、昭和41年、p.402「速成堆肥」
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 第2章 よい堆肥とは 岡山県
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m III 堆肥 農林水産省
  7. ^ a b 昆 吉則「下水汚泥由来肥料の概要」 国土交通省
  8. ^ 「汚水流入を認め 水道部長が陳謝」『東京朝日新聞』昭和10年1月12日



堆肥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 09:05 UTC 版)

畑ではミミズ土地改良役立っていることが知られるが、これをより積極的に利用する方法として、容器残飯枯れ草入れミミズをここに飼って堆肥を作るミミズ堆肥という方法がある。

※この「堆肥」の解説は、「ミミズ」の解説の一部です。» 「ミミズ」の概要を見る


堆肥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 09:05 UTC 版)

畑ではミミズ土地改良役立っていることが知られるが、これをより積極的に利用する方法として、容器残飯枯れ草入れミミズをここに飼って堆肥を作るミミズ堆肥という方法がある。

※この「堆肥」の解説は、「ミミズ」の解説の一部です。» 「ミミズ」の概要を見る


堆肥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/06 15:06 UTC 版)

「堆肥」および「堆肥化」も参照 ウシの糞および尿に、麦ワラオガクズウッドチップなど植物性資材混ぜ発酵させる事によって堆肥が得られるこの際十分な量の副資材混ぜて水分割合60 - 70%程度まで下げるともに、積み上げた混合物の山を定期的に混ぜ返す事が重要になる水分過剰であったり混ぜ返し行わないと、好気性微生物十分な酸素供給され分解進まないこのため堆肥化阻害され悪臭増加し、特に北海道酪農地帯では乳牛糞尿十分に水分調整せずに堆肥化不十分な例が見られる発酵順調に進行すると、酸素供給順調な条件下では1日経たずに内部温度70°Cまで上昇し混ぜ返す湯気立ち上る発酵および熟成十分に進めると黒色の堆肥が得られ土壌に加える事で透水性保水性通気性、保肥力を改善する土壌改良効果がある家畜糞から得られる堆肥としては、鶏糞や豚糞由来のものと比べてリン酸窒素などの肥料成分少ない。なお牛糞堆肥の中でも、水分50%以上のものは養分偏り小さいものの全体的に少なく50%以下のものカリウム他の家糞堆肥同程度に高いという特徴それぞれある。 牛糞堆肥は、施肥されて分解が進むと様々な有機酸形成するこのため堆肥とともにリン酸施肥すると、有機酸キレート効果によって土壌コロイドへのリン酸固定軽減されるため、植物への吸収量高まる。また、塩基交換容量非常に高い腐植となって土壌改良する効果期待でき、カリウムカルシウムマグネシウムなどの植物への吸収量高める。

※この「堆肥」の解説は、「牛糞」の解説の一部です。» 「牛糞」の概要を見る


堆肥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 09:05 UTC 版)

畑ではミミズ土地改良役立っていることが知られるが、これをより積極的に利用する方法として、容器残飯枯れ草入れミミズをここに飼って堆肥を作るミミズ堆肥という方法がある。

※この「堆肥」の解説は、「ミミズ」の解説の一部です。» 「ミミズ」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

堆肥

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 01:54 UTC 版)

名詞

(たいひ)

  1. わら落ち葉などを積み重ねて腐らせて作った肥料

翻訳

関連語


「堆肥」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

堆肥のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



堆肥のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
一般社団法人中央酪農会議一般社団法人中央酪農会議
(C) 2022 Japan Dairy Council All right reserved.
園芸ネット園芸ネット
(c) copyright 1999-2022 engei.net all rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの堆肥 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのミミズ (改訂履歴)、ミミズ (改訂履歴)、牛糞 (改訂履歴)、ミミズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの堆肥 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS