ナメクジとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ナメクジの意味・解説 

なめくじ〔なめくぢ〕【蛞蝓】

読み方:なめくじ

腹足綱ナメクジ科の軟体動物陸生の巻き貝であるが、殻をもたず、体長6センチくらい。体は細長く前端触角があり、体表粘液覆われる湿った所を好み野菜などを食害塩をかける水分が出るため体が小さく縮む。背面に殻片をもつものは別科コウラナメクジなめくじりなめくじら。《 夏》


ナメクジ

発生植物時期雑食性、花、果物など。5~10月。<症状多湿好み昼間は鉢の底などに潜んでいるが、夜になるはい出してくる。ランなどのや根を食べる。<防除方法夜間見回って捕殺する。ナメクジ誘引剤をまく。

蛞蝓

読み方:ナメクジ(namekuji)

ナメクジ科の無殻の陸生貝類

学名 Incilaria bilineata


蛞蝓

読み方:ナメクジ(namekuji)

カタツムリに近い貝がらをもたない陸生軟体動物湿った土地好み日本全土分布

季節

分類 動物


ナメクジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/06 04:49 UTC 版)

ナメクジ(蛞蝓)は、陸に生息する巻貝(軟体動物腹足綱)のうち、殻が退化しているものの総称。またはナメクジ科の一種Meghimatium bilineatumの和名。ナメクジラ、ナメクジリともいう。




「ナメクジ」の続きの解説一覧

ナメクジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/12 20:41 UTC 版)

ゴキちゃん」の記事における「ナメクジ」の解説

ゴキちゃん害虫仲間ゴキちゃんと共に家に住み付くようになる

※この「ナメクジ」の解説は、「ゴキちゃん」の解説の一部です。
「ナメクジ」を含む「ゴキちゃん」の記事については、「ゴキちゃん」の概要を参照ください。


ナメクジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/28 00:10 UTC 版)

アッチェレランド (小説)」の記事における「ナメクジ」の解説

知覚を持つ異種知性信用詐欺企業

※この「ナメクジ」の解説は、「アッチェレランド (小説)」の解説の一部です。
「ナメクジ」を含む「アッチェレランド (小説)」の記事については、「アッチェレランド (小説)」の概要を参照ください。


ナメクジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/12 20:08 UTC 版)

トカゲの王」の記事における「ナメクジ」の解説

本名米原麻衣(まいばら まい)。殺し屋。廃ビル一件加わっていた者の一人その事件の巣鴨思いつきで右腕奪われそれ以降巣鴨復讐するだけのために生きていく誓っている。その巣鴨への憎悪反発心は凄まじく、巣鴨と同じになりたくないという理由で利用する者を許さない」という誓い立てている。本名米原麻衣良いところのお嬢さん

※この「ナメクジ」の解説は、「トカゲの王」の解説の一部です。
「ナメクジ」を含む「トカゲの王」の記事については、「トカゲの王」の概要を参照ください。


ナメクジ(名称不明)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 01:36 UTC 版)

ドラえもん のび太の宇宙開拓史」の記事における「ナメクジ(名称不明)」の解説

コーヤコーヤのナメクジは人間より大きく、宇宙船サイズ

※この「ナメクジ(名称不明)」の解説は、「ドラえもん のび太の宇宙開拓史」の解説の一部です。
「ナメクジ(名称不明)」を含む「ドラえもん のび太の宇宙開拓史」の記事については、「ドラえもん のび太の宇宙開拓史」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ナメクジ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ナメクジ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 13:27 UTC 版)

名詞

ナメクジ

  1. なめくじ学術的表記

「ナメクジ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ナメクジのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ナメクジのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
園芸ネット園芸ネット
(c) copyright 1999-2022 engei.net all rights reserved.
イカリ消毒イカリ消毒
Copyright 2022 IKARI CORPORATION All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのナメクジ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのゴキちゃん (改訂履歴)、アッチェレランド (小説) (改訂履歴)、トカゲの王 (改訂履歴)、ドラえもん のび太の宇宙開拓史 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのナメクジ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS