単体とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化学物質 > 物質 > 単体の意味・解説 

たん‐たい【単体】

単一物体また、複数あるうちの、一つの物体。

一種元素だけからなる物質金・銀ダイヤモンド酸素など。⇔化合物

企業グループの中で、そこに含まれる一つ一つ会社のこと。「単体決算


たん‐たい【単体】

〔名〕

単一物体

一種類だけの元素から成る物質ダイヤモンド硫黄水素ガスなど。二種またはそれ以上の元素から成る化合物に対していう。

小学化学書(1874)〈文部省〉二「第一、単体即元素


単体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/27 00:21 UTC 版)

単体(たんたい、simple substance)とは、単一の元素からできている純物質のことである。 水素 (H2)、酸素 (O2) などの等核二原子分子や、ナトリウム (Na)、 (Au) などの純金属が含まれる。 これに対して、 (H2O) など2種類以上の元素からできている純物質は化合物という。




「単体」の続きの解説一覧



単体と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「単体」の関連用語

単体のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



単体のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの単体 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS