化学肥料とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 農業 > 肥料 > 化学肥料の意味・解説 

かがく‐ひりょう〔クワガクヒレウ〕【化学肥料】


化学肥料


化学肥料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/03 18:29 UTC 版)

森矗昶」の記事における「化学肥料」の解説

矗昶が積極的に電源開発行った結果東信電気発電量が余るようになってしまった。そこで昭和3年1928年)に東信電気東京電燈共同出資昭和肥料株式会社資本金1000万円)を設立し硫安と石窒素製造することになった会長東京電燈社長若尾璋八社長鈴木で、矗昶は専務となった石灰窒素はすぐ安価に大量生産することができたが、当時最大手電気化学工業問屋圧力をかけたため販売芳しくなかった。たまたま夜行列車知り合った全国購買組合連合会千石興太郎意気投合し農村購買組合直接石灰窒素卸して値段安くする契約結んだ一方硫安については特許契約調査のため常務高橋保らが南満州鉄道ヨーロッパ派遣団加わったが、その中にいた東京工業試験所技師から実用化されていないが国産の特許あること知らされた。矗昶はそれまで経験から国産主義者であったので、国産特許国産機械硫安製造するという高橋アイデア支持してこれを進め昭和6年1931年3月29日初の国産硫安製造成功した折しも長らく矗昶を信頼し庇護してきた鈴木三郎助他界したであった国産硫安全国購買組合連合会を通して流通させた。

※この「化学肥料」の解説は、「森矗昶」の解説の一部です。
「化学肥料」を含む「森矗昶」の記事については、「森矗昶」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「化学肥料」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「化学肥料」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



化学肥料と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「化学肥料」の関連用語

化学肥料のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



化学肥料のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
園芸ネット園芸ネット
(c) copyright 1999-2022 engei.net all rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの森矗昶 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS