千石興太郎とは?

千石興太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/26 05:54 UTC 版)

千石 興太郎(せんごく こうたろう、1874年(明治7年)2月7日1950年(昭和25年)8月22日)は日本の政治家労働運動家。長きにわたり農業協同組合(農協)運動の第一線で活動し、第二次世界大戦後の「農協王国」の基礎を作り上げた[1]




  1. ^ a b c d e f g 『昭和史事典』 毎日新聞社〈別冊1億人の昭和史〉、1980年5月、197頁。
  2. ^ 『朝日新聞』1946年2月10日一面。


「千石興太郎」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「千石興太郎」の関連用語

千石興太郎のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

佐伯由香里

鞍埼灯台

三島通庸

AP-K202S

瀬田川洗堰

ジャンドゥーヤ チョコレート

ボルボV70

御車返し





千石興太郎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの千石興太郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS