資本金とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 会計 > 本金 > 資本金の意味・解説 

しほん‐きん【資本金】


資本金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/04 12:51 UTC 版)

資本金(しほんきん、: share capital, stated capital, legal capital, : Gezeichnetes Kapital, Grundkapital, Stammkapital, : Capital social)は、出資者が会社に払い込んだ金額(払込資本)を基礎として設定される一定の額。会計および会社法における用語(簿記勘定科目の一つ)。


  1. ^ 神田 (2009) 262頁
  2. ^ 伊藤他 (2009) 258頁
  3. ^ a b c 江頭 (2006) 34頁
  4. ^ 江頭 (2006) 33頁
  5. ^ a b 江頭 (2006) 615頁


「資本金」の続きの解説一覧

資本金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 03:46 UTC 版)

南満洲鉄道」の記事における「資本金」の解説

設立時 - 2億円。うち1億円は政府現物鉄道施設とその付属物出資1920年大正9年) - 4億4千万円第1次増資1933年昭和8年) - 8億円(第2次増資1940年昭和15年) - 14億円(第3次増資

※この「資本金」の解説は、「南満洲鉄道」の解説の一部です。
「資本金」を含む「南満洲鉄道」の記事については、「南満洲鉄道」の概要を参照ください。


資本金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/15 16:45 UTC 版)

合同電気」の記事における「資本金」の解説

1922年5月1日三重合同電気発足時点での公称資本金1250万円、うち払込資本金11393750円であった設立以来相次ぐ合併で資本金額は増加続けた。まず1922年9月巌倉水電比奈知川水電合併では165万円全額払込)を増資。翌1923年10月徳島水力電気合併では13479950円(うち8919950円払込)を増資し1927年5月尾鷲電気ほか4社合併では173万円全額払込)を増資している。合併後の資本金は29359950円で、1927年11月第4回払込完了をもって一旦全額払込となった続いて1928年には、7月濃飛電気合併600万円(うち480万円払込)を、11月朝熊登山鉄道合併675000円全額払込)をそれぞれ増資した。 1930年1月東邦電力より四日市奈良支店に関する資産現物出資を受けるにあたり3600万円(うち1800万円払込)を増資し資本金を36034950円から72034950円へ改めると決議した増資実施先立つ3月未払込で残る120万円徴収し資本金36034950円を一旦全額払込としている。そして7月3600万円増資完了した1930年増資以後東邦電力に合併される1937年まで増資会社合併ともに実施されなかった。株式払込金徴収については、1934年3月720万円払込実施しており、東邦電力合併時の払込資本金は公称資本金72034950に対し61234950であった

※この「資本金」の解説は、「合同電気」の解説の一部です。
「資本金」を含む「合同電気」の記事については、「合同電気」の概要を参照ください。


資本金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/12 22:17 UTC 版)

南満州鉄道」の記事における「資本金」の解説

設立時 - 2億円。うち1億円は政府現物鉄道施設とその付属物出資1920年大正9年) - 4億4千万円第1次増資1933年昭和8年) - 8億円(第2次増資1940年昭和15年) - 14億円(第3次増資

※この「資本金」の解説は、「南満州鉄道」の解説の一部です。
「資本金」を含む「南満州鉄道」の記事については、「南満州鉄道」の概要を参照ください。


資本金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 14:36 UTC 版)

矢作水力」の記事における「資本金」の解説

1919年3月3日会社設立時、矢作水力公称資本金定款上の資本金)は500万であった。これに対して払込額は4分の1125万円とされた。公称資本金最初の変化岩村電気軌道合併よるもので、1919年12月12日株主総会にて合併とこれに伴う75万円増資決議された。合併による払込資本金の増加30万円で、さらに追加払込金徴収1920年3月から1922年10月にかけて4分割して実施されことから矢作水力は一旦575万円の資本金が全額払込となった1923年2月26日株主総会にて、上村発電所建設をはじめ設備投資計画控えことから625万円増資決議して資本金を1200万円とした。ただし決議後に関東大震災発生して財界混乱した影響により増資新株第1回払込1924年2月までずれ込んでいる。続く第2回払込1926年10月実施。翌1927年4月26日南信電力合併とこれに伴う90万円増資決議される。合併による払込資本金の増加半額45万円であり、合併後の資本金は公称1290万円払込9325000円となっている。間が空いて1929年8月にも払込金徴収された。 1931年4月7日優先株式発行による増資ならびに天竜川電力の合併決議された。優先株発行内容の劣る天竜川電力対等合併することで生じ矢作水力株主不利益を補うためのもので、2145000円残る未払込金を徴収した上で8月現在の株主に対し持株2につき1株優先新株割り当てるという操作なされた優先新株には5年以内全額払込年率12パーセント優先配当(期間は全額払込7年後まで)という条件付されている。一方天竜川電力合併に伴う増資は、同社の資本金公称5000万円払込1250万円そのまま加算するというものである増資合併後矢作水力公称資本金は6935万円と5倍超に拡大払込資本金は優先新株合併新株ともに当初4分の1払込のため、27012500となった。 翌1932年11月18日、さらに白山水力の合併決議された。同社は資本金公称2000万円払込1250万円であるが業績の差から合併比率10対7.5に切り下げられており、合併に伴う矢作水力増資1500万円とされ公称資本金は8435万円へと増加をみた。一方優先新株については1936年4月第5回払込をもって50円全額払込となったこの段階での払込資本金は41225000円である。次いで1937年10月普通株式についての払込金徴収され払込資本金は8625000円増の4985万円となった最後に1939年10月16日矢作工業合併決議された。合併に伴う増資幅は公称1650万円払込975万円であり、合併後における矢作水力の資本金は公称1億85万円払込5960万円となった以後払込金徴収実施されていないためこれが最高値である。

※この「資本金」の解説は、「矢作水力」の解説の一部です。
「資本金」を含む「矢作水力」の記事については、「矢作水力」の概要を参照ください。


資本金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/01 09:57 UTC 版)

オージーフーズ」の記事における「資本金」の解説

創業時資本金は1,000万円平成19年に資本金3,000万円増資

※この「資本金」の解説は、「オージーフーズ」の解説の一部です。
「資本金」を含む「オージーフーズ」の記事については、「オージーフーズ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「資本金」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

資本金

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 01:04 UTC 版)

名詞

(しほんきん)

  1. 株式会社拠出された資金

「資本金」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



資本金と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「資本金」に関係したコラム

  • 株式の大型株とは

    東京証券取引所(東証)では、規模別株価指数の算出のために一部上場銘柄を大型株、中型株、小型株の3つに分類しています。その基準は、時価総額や株式の流動性などによって順位づけしたものになっています。大型株...

  • 株式分割、増資、自社株買いと株価との関係

    企業の株式分割や増資、自社株買いにより株価はどのように変化するのでしょうか。また、株主はどのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは、株式分割や増資、自社株買いと株価との関係について解説します。▼株...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

資本金のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



資本金のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの資本金 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの南満洲鉄道 (改訂履歴)、合同電気 (改訂履歴)、南満州鉄道 (改訂履歴)、矢作水力 (改訂履歴)、オージーフーズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの資本金 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS