本金とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 陶芸用語 > 本金の意味・解説 

ほん‐きん【本金】

まじりけのない金。純金

資本金元金

陶磁器金彩色に用いる、純金に近い絵の具王水化学的抽出した金を膠液(にかわえき)で溶いて金泥とし、高火度焼き付ける


ほん‐きん【本金】

〔名〕

まじりけのない黄金純金

浮世草子猿源氏色芝居(1718)五「本金の紙ぶすまに、羽ちょろけんのかさねぶとん」

元金(もときん)。資本金本銀

立会略則(1871)〈渋沢栄一通商会社若し背く者は償金として其本金を取上げ社中を除き」

陶磁器の上絵付顔料一種で金の焼付用いる。塩化金溶液硝酸水銀沈殿した金粉


本金

読み方ホンキン

金焼付を施す絵具の中で金の含有量の多いもの。安価な水金より分厚く永続性のある加飾ができるので高価高級品用いられ、焼付温度700-850度と高い。

本金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/04 08:35 UTC 版)

本金(ほんきん)




「本金」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「本金」の関連用語

本金のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



本金のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
陶芸三昧陶芸三昧
Copyright 2021 TOUGEIZANMAI All rights reserved.
陶芸三昧陶芸用語辞典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの本金 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS