生まれ変わりとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 生まれ変わりの意味・解説 

うまれかわり -かはり [0] 【生(ま)れ変わり】

生まれ変わること。また、生まれ変わってきた人や姿。 「観音様の-だ」

生まれ変わり

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

生まれ変わり

作者トーダースェ

収載図書会うは別れのはじめ
出版社井村文化事業
刊行年月1987.12
シリーズ名東南アジアブックス


生まれ変わり

作者今邑彩

収載図書よもつひらさか
出版社集英社
刊行年月1999.5

収載図書よもつひらさか
出版社集英社
刊行年月2002.9
シリーズ名集英社文庫


生まれ変わり

作者阿刀田高

収載図書おとこ坂 おんな坂
出版社毎日新聞社
刊行年月2006.7


生まれ変わり

作者小浜ユリ

収載図書こわい!闇玉―こわくて不思議16闇の世界
出版社講談社
刊行年月2007.7
シリーズ名講談社KK文庫


転生

(生まれ変わり から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/09 19:46 UTC 版)

転生(てんせい, てんしょう)とは、


  1. ^ 広辞苑』第六版(岩波書店)等、複数の国語辞典で同義語として扱われている。
  2. ^ incarnation は肉体化、肉体化したものを意味する。
  3. ^ a b 竹倉 2015. 位置No.1071/2493
  4. ^ 竹倉 2015. 位置No.7/2493
  5. ^ 竹倉 2015. 位置No.1878/2493
  6. ^ a b c d e f 竹倉 2014.
  7. ^ 輪廻 コトバンク
  8. ^ りんね-てんしょう【輪廻転生】|〈―スル〉 goo辞典
  9. ^ a b c d e f g h i j k ルノワール 2010. 176 -183 pp
  10. ^ 竹倉 2015. 位置No.1082/2493
  11. ^ 竹倉 2015. 位置No.1102/2493
  12. ^ a b 梶原 1992
  13. ^ 森本 2003, pp. 191-192.
  14. ^ 石飛道子『ブッダは輪廻を説かなかったか  仏教と輪廻(上)』
  15. ^ a b 竹倉 2015. 位置No.1008/2493
  16. ^ a b c d e 第1部 基調講演 脳死・クローン・輪廻 梶山雄一氏
  17. ^ 釈徹宗『仏教ではこう考える』学研パブリッシング 、2013年
  18. ^ a b c 唯識派 piicats 仏教の勉強部屋
  19. ^ 制作:野沢正信(沼津高専 教養科 哲学)cf.第3章 インド仏教の発展
  20. ^ a b c d ダライ・ラマの化身認定制度について - ダライ・ラマ法王14世日本公式サイト
  21. ^ Dalai Lama、Alexander Berzin "The Gelug/Kagyu Tradition of Mahamudra", Snow Lion, January 1, 1997, p.368
  22. ^ a b 伊佐敷隆弘 2012.
  23. ^ 渋沢光紀 (2013年11月20日). “現代宗教研究 別冊 現代教学へのアプローチ 宗教と科学について-ニューエイジ批判を通しての一考察-”. 2015年11月24日閲覧。
  24. ^ a b c 堀江1992.
  25. ^ 東京キララ社編集部 2003
  26. ^ 今泉忠義・訳 『民俗学の話』 角川書店、1955年、34p。
  27. ^ 原田武『異端カタリ派と転生』(人文書院、1991年、ISBN 4409420100)。
  28. ^ a b 熊田 1996.
  29. ^ グレゴワール 1992.
  30. ^ 竹倉 2015. 位置No.12391/2493
  31. ^ 竹倉 2015. 位置No.1294/2493
  32. ^ a b 竹倉 2015. 位置No.1305/2493
  33. ^ a b 竹倉 2015. 位置No.1168/2493
  34. ^ a b c 山田 2014.
  35. ^ 竹倉 2015. 位置No.1237/2493
  36. ^ 竹倉 2015. 位置No.1246/2493
  37. ^ 竹倉 2015. 位置No.1254/2493
  38. ^ 竹倉 2015. 位置No.1186/2493
  39. ^ もし人間が生まれ変わるなら霊を呼び出すことは不可能なはずなので、本来は両立しない。
  40. ^ 類魂説は、死後存続やテレパシーを研究したフレデリック・マイヤーズ(1843年 - 1901年)が亡き後、死後の世界で生前の研究を進め心霊論をまとめ、死後30年たってから霊媒ジェラルディン・カミンズを通して現世に伝えたものだとされている。
  41. ^ a b 仏教と西洋の出会い チベットへの憧れ、「鏡」としての歴史 柄谷行人公式ウェブサイト
  42. ^ 伊泉龍一「現代チャネリングの原点にして頂点、ジェーン・ロバーツとセス―スピリチュアル史解説[コラム]」 マイナビニュース
  43. ^ クリモ 1991.
  44. ^ a b 教皇庁 2007.
  45. ^ 吉永 2010.
  46. ^ 宮元 2005.
  47. ^ 大田 2013.
  48. ^ 沼田 1986
  49. ^ 本作では、前世の仲間探しにオカルト雑誌の投稿欄が利用され、これにより学校外の前世の仲間と再会している。また本作における転生は、現在の自分(主人公)と前世の自分が互いに相手の夢を見ており、単純に直線的な転生とも言い難い面がある。作者のもとには読者から熱狂的な手紙が多く届き、集団自殺未遂事件(後述)のあと、作者は連載中にこの作品はフィクションであるという宣言をした。
  50. ^ 前世の仲間探しでは、自らの前世を「戦士」とするものがほとんどであったという。新山哲は、前世少女が戦士を選ぶ心境と、自分をボーカルとして他のバンド仲間を探すバンド少年の投稿とに似た印象があると述べ、共通点として「とりあえず何もできないけど主役になりたい気持ち」を指摘してる。
  51. ^ a b サークル「喫茶《ぱらだいす☆あ~み~》 (2000年9月7日). “前世の仲間探し/ 戦士症候群”. 2015年11月20日閲覧。
  52. ^ a b c d e 赤坂 2000
  53. ^ a b バーチャルネットアイドル ちゆ12歳 (2007年3月7日). “『ムー』の“前世少女”年表”. 2016年1月8日閲覧。
  54. ^ 事件直前に彼女たちが見ていたのは映画『魔女の宅急便』であるが、この作品と事件の関係はほとんど注目されていない。
  55. ^ 新山 2000
  56. ^ 有元 2011
  57. ^ a b c 飯田 2016
  58. ^ 泉信行 (2011年6月4日). “「集団転生モノ」のジャンルを拓く、『ログ・ホライズン』と『ボクラノキセキ』”. 2017年5月14日閲覧。
  59. ^ 年間ランキング 小説家になろう
  60. ^ 願望かなえる「異世界転生」小説/「型」が生む多様性の妙『日本経済新聞』夕刊2018年11月13日(夕刊文化面)2018年11月19日閲覧。
  61. ^ 竹倉 2015. 位置No.1678/2493
  62. ^ a b 竹倉 2015. 位置No.1646/2493
  63. ^ 竹倉 2015. 位置No.1617/2493
  64. ^ 竹倉 2015. 位置No.1637/2493
  65. ^ 竹倉 2015. 位置No.1790/2493
  66. ^ 竹倉 2015. 位置No.1844/2493
  67. ^ 中国政府、チベット高僧の転生に事前申請を要求」、AFPBB News、2007年8月4日。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「生まれ変わり」の関連用語

1
永劫回帰 国語辞典
78% |||||

2
再生 国語辞典
78% |||||

3
再来 国語辞典
78% |||||

4
多生 国語辞典
78% |||||

5
転生 国語辞典
78% |||||






生まれ変わりのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



生まれ変わりのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの転生 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS