虚偽記憶とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 虚偽記憶の意味・解説 

虚偽記憶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/03 01:53 UTC 版)

虚偽記憶(きょぎきおく、: False memory)とは、実際には起っていないはずの出来事に関する記憶エピソード記憶)のこと。斎藤学は「過誤記憶」と訳している。


  1. ^ Loftus, Elizabeth F. (1997). “Repressed memory accusations: Devastated families and devastated patients”. Applied Cognitive Psychology 11 (1): 25-30. doi:10.1002/(SICI)1099-0720(199702)11:1<25::AID-ACP452>3.0.CO;2-J. 
  2. ^ Brandon, Sydney et al. (1998). “Recovered memories of childhood sexual abuse. Implications for clinical practice.”. The British Journal of Psychiatry 172: 296-307. doi:10.1192/bjp.172.4.296. 
  3. ^ In the Libby Case, A Grilling to Remember
  4. ^ 『子どもと性被害』(吉田タカコ、2001年) 121ページ ISBN 4-08-720095-7
  5. ^ Alien Abductions: The Real Deal?


「虚偽記憶」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「虚偽記憶」の関連用語

虚偽記憶のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



虚偽記憶のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの虚偽記憶 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS