目撃者とは? わかりやすく解説

もくげき‐しゃ【目撃者】

読み方:もくげきしゃ

ある事柄起こった所に居合わせて、それを実際に見た人。「事件の―」

「目撃者」に似た言葉

目撃者

作者アーウィン・ショー

収載図書ニューヨークは闇につつまれて
出版社講談社
刊行年月1987.6
シリーズ名講談社文庫


目撃者

作者エリス・ピーターズ

収載図書修道士カドフェル出現
出版社社会思想社
刊行年月1997.2
シリーズ名現代教養文庫

収載図書修道士カドフェル出現修道士カドフェル・シリーズ 21
出版社光文社
刊行年月2006.5
シリーズ名光文社文庫


目撃者

作者折原一

収載図書耳すます部屋
出版社講談社
刊行年月2000.2

収載図書耳すます部屋
出版社講談社
刊行年月2003.2
シリーズ名講談社文庫


目撃者

作者天藤真

収載図書星を拾う男たち天藤真推理小説全集 13
出版社東京創元社
刊行年月2001.1
シリーズ名創元推理文庫


目撃者

作者小島泰介

収載図書台湾通俗文学集 2
出版社緑蔭書房
刊行年月2002.11
シリーズ名日本統治期台湾文学集成


目撃者

作者宮部みゆき

収載図書ドリームバスター 2
出版社徳間書店
刊行年月2003.3


目撃者

作者星新一

収載図書星新一ショートショートセレクション 10 重要な任務
出版社理論社
刊行年月2003.3


目撃者

作者国枝史郎

収載図書国枝史郎探偵小説全集1巻
出版社作品社
刊行年月2005.9


目撃者

作者戸田

収載図書戸田探偵小説選 1
出版社論創社
刊行年月2007.4
シリーズ名論創ミステリ叢書


目撃者

作者坂木司

収載図書短劇
出版社光文社
刊行年月2008.12


目撃者

作者赤川次郎

収載図書女学生
出版社光文社
刊行年月2008.12
シリーズ名光文社文庫


目撃者

作者阿刀田高

収載図書ミッドナイト物語
出版社文芸春秋
刊行年月1987.10
シリーズ名文春文庫

収載図書黒い自画像
出版社角川書店
刊行年月2003.5

収載図書黒い自画像
出版社角川書店
刊行年月2006.8
シリーズ名角川文庫


目撃者

作者高木彬光

収載図書殺人シーン本番神津恭介傑作推理
出版社春陽堂書店
刊行年月1988.12
シリーズ名春陽文庫


目撃者

作者多岐川恭

収載図書昼下りの殺人
出版社光風出版
刊行年月1991.5
シリーズ名多岐川恭ミステリーランド


目撃者

作者野沢博史

収載図書世にも奇妙な物語 9
出版社太田出版
刊行年月1991.10
シリーズ名OHTA NOVELS


目撃者

作者石沢英太郎

収載図書57人の見知らぬ乗客
出版社講談社
刊行年月1992.5
シリーズ名講談社文庫


目撃者

作者中薗英助

収載図書定本 彷徨のとき―中薗英助初期中国連作小説集
出版社批評
刊行年月1993.1


目撃者

作者西村京太郎

収載図書危険な殺人者
出版社角川書店
刊行年月1993.3
シリーズ名角川文庫


目撃者

作者山田風太郎

収載図書奇想ミステリ
出版社講談社
刊行年月1997.2
シリーズ名文庫コレクション

収載図書夜よりほかに聴くものもなし サスペンス篇―山田風太郎ミステリー傑作選 3
出版社光文社
刊行年月2001.5
シリーズ名光文社文庫


目撃

(目撃者 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/16 23:55 UTC 版)

目撃(もくげき)は、現場(事故・事件)などで実際にその目で見ること。自らが目撃した人物を目撃者(もくげきしゃ)といい、警察集団語では丸目(まるもく)という。




「目撃」の続きの解説一覧

目撃者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/20 05:46 UTC 版)

オーバ・チャンドラー」の記事における「目撃者」の解説

ジュディ・ブレア (英: Judy Blair) という女性証言によると、1989年5月15日、つまりロジャーズたちが殺害された2週間前、チャンドラー近くのマデイラビーチでボート乗らないかと誘ったという。ブレアタンパ湾での船旅をしようという誘い乗ったが、チャンドラーブレア強姦しその後にブレア岸に戻したブレア友人のバーバラ・モットラム (英: Barbara Mottram) と一緒だったが、モットラムチャンドラー誘い乗らなかった。ブレア強姦された後、モットラムの待つホテル部屋戻った語ったチャンドラーはこの件では告発されなかった。ブレア証言は、チャンドラー犯行パターン立証しロジャーズ事件との類似性を示すためのものだったブレアによると、チャンドラー5月14日自分とモットラムタンパコンビニエンスストア最初に会ったとき、デーブ・ポスナー (英: Dave Posner) またはデーブ・ポスノー (英: Dave Posno) と名乗ったという。チャンドラーブレアモットラムアルミニウム下見張り設置の仕事をしていると語った。このときの話は後に捜査官たちチャンドラーロジャーズ事件結び付ける助けとなった捜査作戦の名称"Operation Tin Man" (直訳すると「錫男作戦」) の由来にもなっている。ブレア説明か似顔絵作られ犯人筆跡画像とともに広告板掲載されたチャンドラー元従業員は、事件の日の夜にチャンドラータンパ湾3人の女性デートした自慢し翌朝ボートで来て仕事材料届け、それからすぐにまた出発した証言した殺人事件のあった夜にチャンドラーがどこにいたかを立証するため、捜査官たちチャンドラー午前1時から午前5時までの間にボートから自宅電話をかけたときの記録発見した電話をかけたのは、妻に自分の不在説明するめだったかもしれず、殺人事件のあった夜にアリバイ作るめだった可能性もある。チャンドラーの娘は、父が3人の女性殺した話したことがあることと、タンパに戻るのを恐れていたことを証言したロジャーズ17歳の娘の恋人とハル・ロジャーズも裁判際に証拠提出したロジャーズたちが宿泊したモーテルメイドとして働く女性は、6月1日ルームサービスロジャーズ部屋向かっていたときにチャンドラーすれ違った語ったメイド女性チャンドラー1992年逮捕されるまで、チャンドラー目撃したことの重要性気がついていなかったという。ただし、この目撃談立証されていない

※この「目撃者」の解説は、「オーバ・チャンドラー」の解説の一部です。
「目撃者」を含む「オーバ・チャンドラー」の記事については、「オーバ・チャンドラー」の概要を参照ください。


目撃者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/29 17:24 UTC 版)

ゴルゴ13の登場人物」の記事における「目撃者」の解説

依頼者協力者除き証人消せ」が鉄則だが、証拠の破棄秘密厳守条件処分免れた者もいる。 女性 第2巻6話白夜は愛のうめき」(アニメ版第28話) 声:久川綾 姓名不明。夫を過失殺してしまい、世の中絶望する飛行機にてゴルゴ隣に乗り合わせ一夜共にする翌朝秘かに尾行し狙撃現場遭遇愛した男のせいで死に至る運命受け入れゴルゴ撃たれるアニメ版での名はセシリア。 コモン・バリー 第64223話「25000年の荒野南カリフォルニアヤーマス原子力発電所安全管理課長杜撰な運営方針危惧する正義感の強い人物。 メルトダウン阻止するため、全財産50ドル狙撃の目撃者情報報酬として、ゴルゴ原子炉のステンレスパイプの狙撃依頼ゴルゴ任務遂行後、高温汚染水蒸気浴びて被曝および全身やけどを負い死亡防護服マスク脱ぎ捨て歓喜しもう一つ報酬である目撃者が自分であること明かす死の間際咥え煙草ゴルゴが火を着け敬意を表した。 ナンシー・ハート 第82279話「殺人呪法マクンバ」 ブラジル女性新聞記者呪術教団マクンバの調査中空軍高官ゴルゴ依頼現場撮影するその後教団捕らわれ司祭ゴルゴ葬る宣伝映像撮影強要される。だが裏をかいたゴルゴ司祭殺害され、命を救われるゴルゴが命を奪わず、一瞥による警告に留めた行動を「紳士」と好意的に評したジョージ127422話「シャッター」 デイス・オブ・ワシントン本社勤務する二流新聞記者写真撮影趣味撮影写真の中狙撃姿のゴルゴ写っていた事から、写真巡りゴルゴだけでなくKGBからも命を狙われる。だが結果的にゴルゴに命を救われ証拠の焼却により処分免れる。 スーザン・バーンウェル 第131433話「シャーロッキアン15年前、当時婚約者ディックゴルゴ狙撃滝つぼ転落し行方不明となる。後に結婚した友人フレッドまた、生きていたディックから依頼を受けたゴルゴ殺害される互い復讐心皮肉な愛憎劇生んだことを氷解し終止符を打つべくゴルゴ接触するディック狙撃の目撃者である自らの命を報酬に加え彼の殺害依頼承諾後に射殺された。 フリーダ152504話「ある女視界ファインダー)」 ニューヨークで働く女性カメラマンスクープ求め体当たり取材敢行する上司セクハラ手を焼いている。 窮地ゴルゴ救われ以来、彼を「プロ」と確信し興味を抱くスクープを狙う相手が偶然ゴルゴ標的同じだったため、待機中狙撃瞬間に遭遇車で逃走するゴルゴカメラ収める大スクープ成し遂げるも、数々の恩義ほのかな情愛からネガ焼却する残った1枚ゴルゴ手渡し黙って去る姿を見送った平松154増刊80話「荒んだ大地中年の女性医師ガン侵され2、3か月余命。「自分どこまで行けるか」見定めるべくアフガニスタン南東部アブカラに渡り医療ボランティア携わりながら子供達面倒を見る助っ人として派遣されてきた東郷ゴルゴ)が、医薬品強奪来た軍閥集団拉致され、身を案じて拠点の砦に駈けつけ壊滅状態の中で一人佇むゴルゴ対峙するこれこそ彼の目的であり、目撃者である自分も死を免れない直感病魔苦しむ姿を晒さず済むことを僥倖として受け入れる。死の間際遺言尋ねたゴルゴ子供達後事託した1カ月後、匿名でアフガニスタンNPO3000ポンド寄付送られている

※この「目撃者」の解説は、「ゴルゴ13の登場人物」の解説の一部です。
「目撃者」を含む「ゴルゴ13の登場人物」の記事については、「ゴルゴ13の登場人物」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「目撃者」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

目撃者

出典:『Wiktionary』 (2021/08/19 05:25 UTC 版)

名詞

目撃 もくげきしゃ

  1. 出来事などをその場で実際見た

関連語


「目撃者」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「目撃者」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



目撃者のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの目撃 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのオーバ・チャンドラー (改訂履歴)、ゴルゴ13の登場人物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの目撃者 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS