石沢英太郎とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 探偵作家事典 > 石沢英太郎の意味・解説 

石沢英太郎(いしざわ・えいたろう)

1916年(大5)、大連生まれSF作家野阿梓息子
1963年(昭38)、「つるばあ」が第4回宝石短編佳作となり、「宝石増刊」に発表
1966年(昭41)、「羊歯行」が第一双葉推理賞受賞し、「推理ストーリー」に掲載された。
1966年(昭41)、「接点」が第12江戸川乱歩賞候補作となる。
1973年(昭48)に「小説宝石」に発表した「仁王幻想」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1975年版」に収録される。
1974年(昭49)、「唐三彩の謎」が第27日本推理作家協会賞候補となる。
1975年(昭50)に「小説宝石」に発表した「噂を集め過ぎた男」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1976年版」に収録される。
1976年(昭51)に「小説宝石」に発表した「視線」が、1977年(昭52)に第30日本推理作家協会賞短編部門受賞また、この作品は「週刊文春」の77年傑作ミステリーベスト10」の6位に選ばれる同時に日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1977年版」に収録される。
1977年(昭52)に「小説宝石」に発表した「五十五歳の生理」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1978年版」に収録される。
1978年(昭53)に「小説推理」に発表した「裁決質問」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1979年版」に収録される。
1978年(昭53)、「21人の視線」が「週刊文春」の78年傑作ミステリーベスト10」の5位に選ばれる
1979年(昭54)に「小説宝石」に発表した「献本」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1980年版」に収録される。
1982年(昭57)に「小説宝石」に発表した「自首調書」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1983年版」に収録される。
1984年(昭59)に「小説宝石」に発表した「領置調書」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1985年版」に収録される。
1988年(昭63)、縊死自殺



石沢英太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/04/15 06:49 UTC 版)

石沢 英太郎(いしざわ えいたろう、1916年5月17日 - 1988年6月16日)は日本推理作家中華民国大連市育ち(生まれは日本本土)。




「石沢英太郎」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「石沢英太郎」の関連用語

石沢英太郎のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



石沢英太郎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち
この記事は「探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち」の記事を転載しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの石沢英太郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS