殺人事件とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > 殺人事件の意味・解説 

殺人事件

作者白川幸司

収載図書ショートショートの広場 5
出版社講談社
刊行年月1994.3
シリーズ名講談社文庫


殺人事件―同族の弔鐘

作者清水一行

収載図書地図
出版社光文社
刊行年月2001.12
シリーズ名光文社文庫


殺人事件―萩原朔太郎

作者神淳

収載図書詩の由来 永訣の朝
出版社鳥影社
刊行年月1998.12


殺人

(殺人事件 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/24 15:28 UTC 版)

殺人(さつじん、: homicide)とは、を殺す事である。人殺し(ひとごろし)ともいう[1]


  1. ^ 日本の旧刑法1908年(明治41年)に廃止)では、「故殺」(こさつ、一時の感情による無計画な殺人)と、謀殺(ぼうさつ、計画的な殺人)とを区別していた。

出典

  1. ^ 新村出 編 『広辞苑 第七版』(机上版)岩波書店、東京、2018年1月12日。ISBN 978-4-00-080132-4http://kojien.iwanami.co.jp/2018年9月24日閲覧 
  2. ^ Bonnett 2015, p. 98.
  3. ^ Subir Bhaumik. “Extinction threat for Andaman natives”. 2005年5月5日閲覧。
  4. ^ UNODC. “Home>Homicide>Homicide rates (Option with map)”. 2020年5月16日閲覧。
  5. ^ UNODC. “Statistics and Data>Crime data>Intentional Homicide>Intentional homicide victims”. 2019年5月5日閲覧。
  6. ^ a b c Intentional Homicide by sex”. UNODC. 2022年4月30日閲覧。
  7. ^ 外務省 (2021年10月5日). “ジャマイカ (Jamaica) 基礎データ  一般事情”. 2022年4月30日閲覧。
  8. ^ a b 警察庁刑事局捜査支援分析管理官 (2022年2月8日). “令和3年1~12月犯罪統計【確定値】”. 2022年2月15日閲覧。
  9. ^ Homicide rate | dataUNODC”. dataunodc.un.org. 2021年1月27日閲覧。
  10. ^ 法務省 (2019-11). 令和3年版犯罪白書 凡例 (Report). https://hakusyo1.moj.go.jp/jp/68/nfm/n68_1_2_0_0_0.html 2022年4月30日閲覧。. 
  11. ^ 厚生労働省 (2022-02-25). 令和2年(2020)人口動態統計(確定数)の概況 第7表 死因簡単分類別にみた性別死亡数・死亡率(人口10万対) (Report). https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/kakutei20/dl/11_h7.pdf#page=3 2022年4月30日閲覧。. 
  12. ^ 厚生労働省 (2022-09-16) (PDF). 令和3年(2021)人口動態統計(確定数)の概況 統計表 第7表 死因簡単分類別にみた性別死亡数・死亡率(人口10万対) (Report). https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/kakutei21/dl/11_h7.pdf#page=3 2022年9月25日閲覧。. 
  13. ^ a b 統計>令和3年の刑法犯に関する統計資料”. 警察庁. pp. 11,19,20 (2022年8月). 2022年9月15日閲覧。
  14. ^ 法務省 (2021年12月). “犯罪白書>令和3年の犯罪白書>第1編 犯罪の動向>第1章 刑法犯>第1節 主な統計データ>1 認知件数と発生率>1-1-1-2表 刑法犯 認知件数・発生率・検挙件数・検挙人員・検挙率(罪名別)”. 2022年4月30日閲覧。
  15. ^ 総務省統計局統計調査部国勢統計課 (2022年4月15日). “人口推計(2021年(令和3年)10月1日現在)‐全国:年齢(各歳)、男女別人口 ・ 都道府県:年齢(5歳階級)、男女別人口‐”. 2022年4月30日閲覧。
  16. ^ 法務省 (2021年12月). “犯罪白書>令和3年の犯罪白書>第1編 犯罪の動向>第1章 刑法犯>第1節 主な統計データ>2 検挙人員>1-1-1-6表 刑法犯 検挙人員(罪名別,男女別)”. 2022年4月30日閲覧。
  17. ^ 法務総合研究所 (2013) (PDF). 法務総合研究所研究部報告50 無差別殺傷事犯に関する研究 第2章 殺人事件の動向 (Report). https://www.moj.go.jp/content/000112398.pdf 2017年8月3日閲覧。. 
  18. ^ Wallace, Bruce (2007年11月9日). “COLUMN ONE - Japan's police see no evil - A drive to keep crime statistics low often fosters an official aversion to autopsies, critics say.”. Los Angeles Times. 2009年6月29日閲覧。
  19. ^ 死因究明制度に関するワーキングチーム (2012-07-04). [死因究明制度に関するワーキングチーム “資料 4-1 死因究明制度に関するワーキングチームの検討結果について(概要)”] (PDF). 犯罪対策閣僚会議(第19回). 首相官邸. pp. 1. 死因究明制度に関するワーキングチーム 2020年8月16日閲覧。 
  20. ^ “犯罪死の「見逃し」11件に減少 11年以降、調査法効果か” (日本語). 共同通信. (2020年2月5日). https://this.kiji.is/597691557866996833 2020年8月16日閲覧。 
  21. ^ 阿部彰芳 (2019年9月7日). “死因究明の解剖率に地域格差 神奈川41%、広島は1%” (日本語). 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASM8Z76KMM8ZULBJ00P.html 2020年8月16日閲覧。 
  22. ^ “NEWS 死因究明等推進基本法が成立、20年4月施行へ” (日本語). 日本医事新報社. (2019年6月7日). https://www.jmedj.co.jp/journal/paper/detail.php?id=12482 2020年8月16日閲覧。 
  23. ^ a b c 正木晃『宗教はなぜ人を殺すのか:平和・救済・慈悲・戦争の原理』 さくら舎 2018 ISBN 978-4-86581-175-9 pp.232-243.
  24. ^ 創世記第4章8
  25. ^ ヨハネの第一の手紙(口語訳)#3:12
  26. ^ 正木 2018, p. 63.
  27. ^ 創世記34章25-6
  28. ^ 正木 2018, p. 65-6.
  29. ^ 創世記38章7-10
  30. ^ 創世記18章20-19章28
  31. ^ 正木 2018, p. 67.
  32. ^ 出エジプト記(口語訳)#20:13
  33. ^ 出エジプト記第32章27-28
  34. ^ 正木 2018, p. 69-70.
  35. ^ 正木 2018, p. 70-71.
  36. ^ 民数記21章
  37. ^ a b 正木 2018, p. 72-73.
  38. ^ 民数記31章
  39. ^ 正木 2018, p. 76-77.
  40. ^ マタイ5章38-46
  41. ^ ルカ6-27-29
  42. ^ 正木 2018, p. 86.
  43. ^ ヨハネによる福音書(口語訳)#8:44
  44. ^ 山内進「北の十字軍」講談社、p62-3.
  45. ^ 正木 2018, p. 94.
  46. ^ 山内進「北の十字軍」講談社、p75-6.
  47. ^ 正木 2018, p. 107-9.
  48. ^ 正木 2018, p. 111.
  49. ^ 高瀬弘一郎「キリシタン時代の研究」岩波書店1997
  50. ^ 正木 2018, p. 112-5.
  51. ^ 正木 2018, p. 117.
  52. ^ 「完訳フロイス日本史10」中公文庫、p11-12
  53. ^ 「完訳フロイス日本史10」中公文庫、p14
  54. ^ 正木 2018, p. 118.
  55. ^ 「完訳フロイス日本史10」中公文庫、p22-24
  56. ^ 正木 2018, p. 119-120.
  57. ^ 正木 2018, p. 119.
  58. ^ a b c 山下洋輔「高山右近の寺社破壊に関する一考察」早稲田大学大学院教育学研究科紀要別冊15-2号、p1-13.2007年
  59. ^ 「完訳フロイス日本史11」p350
  60. ^ 正木 2018, p. 120-121.
  61. ^ a b 正木 2018, p. 122.
  62. ^ 「十六・七世紀イエズス会日本報告集」III5,146号、p8-10、同朋社、1991年
  63. ^ a b 神田千里『島原の乱』中央公論新社、2005年、p.41,46-48
  64. ^ 正木 2018, p. 124-5.
  65. ^ 瀬原義生「ドイツ農民戦争(農民一揆)」小学館 日本大百科全書(ニッポニカ);コトバンク
  66. ^ 世界の名著23、中央公論社
  67. ^ 上山安敏「魔女とキリスト教」講談社学術文庫、p293.
  68. ^ 現代キリスト教倫理 / 森野善右衛門訳、新教出版社、p24-6,271-2.
  69. ^ 正木 2018, p. 135-146.
  70. ^ 第2章第186-190節(第190-194節)、井筒俊彦訳「コーラン」上、岩波文庫、p46-7.
  71. ^ 正木 2018, p. 25-30.
  72. ^ コーラン第9章5節、井筒俊彦訳
  73. ^ 正木 2018, p. 33.
  74. ^ アル=ブハーリーの『真正集』、牧野信也訳『ハディース イスラーム伝承集成』中巻、中公文庫、p25-6.
  75. ^ 正木 2018, p. 37-38.
  76. ^ 井筒俊彦「イスラーム文化」岩波文庫、p131
  77. ^ 正木 2018, p. 31.
  78. ^ 「イスラーム文化」岩波文庫、p66-67
  79. ^ 正木 2018, p. 35-36.
  80. ^ 杉本卓州「仏典に殺生是認論ー安楽死問題に寄せて」東北大学印度学宗教学会「論集」6号、1979年、p91-92.
  81. ^ a b c 淺田 正博他、「大正新脩大蔵経の学術用語に関する研究」龍谷大学仏教文化研究所紀要52、2013年
  82. ^ 「大正新脩大蔵経」第35巻 経疏部3,699以下
  83. ^ 「大正蔵」第45巻諸宗部2,564以下
  84. ^ 19段3、『禅の語録 10 臨済録』秋月龍珉訳著、筑摩書房、1972年、新版2016年
  85. ^ 西村恵信「禅仏教における「仏」否定の二類型 -臨済と趙州-」印度學佛教學研究 34 巻 2 号、1986 年、 p. 469-480、(p.470-2)
  86. ^ 末木文美士『親鸞』ミネルヴァ書房2016
  87. ^ 正木 2018, p. 55-6.
  88. ^ 正木 2018, p. 55.
  89. ^ 正木 2018, p. 239.
  90. ^ *東京地方裁判所判決 2004(平成16年)年2月27日 、平成7合(わ)141(平成7年合(わ)第141号,同第187号,同第254号,同第282号,同第329号,同第38 0号,同第417号,同第443号,平成8年合(わ)第31号,同第75号 殺人,殺人未遂, 死体損壊,逮捕監禁致死,武器等製造法違反,殺人予備被告事件)、『オウム真理教事件』。
  91. ^ a b 金本拓士『ポアとは何か!―インド・チベット密教ヨーガの一考察―』現代密教9号、1997年3月30日、智積院、p85-100.



「殺人事件」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

殺人事件のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



殺人事件のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの殺人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS