悪趣とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 悪趣 > 悪趣の意味・解説 

あく しゅ [1]悪趣

悪道あくどうに同じ。 ⇔ 善趣

悪趣

読み方:アクシュ(akushu)

現世悪事をした結果、行かねばならない苦しみ世界


あくしゅ 【悪趣】

仏教で、悪業報いとして趣かなければならない苦の世界をいう。梵語ドゥルガティ(durgati)の訳。悪道とも。地獄餓鬼畜生三悪趣といい、これに修羅人間天人加えて六趣ともいう(天人界にも衰微の苦があるから加えている)。→ 善趣

三悪趣

(悪趣 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/26 08:42 UTC 版)

三悪趣(さんあくしゅ)とは、仏教において、悪行を重ねた人間が死後に「趣く」といわれる3つの下層世界(地獄餓鬼畜生の3つ)を指す。三悪道(さんあくどう)、あるいは三悪、また三途三塗とも、さんづ / さんず)などともいう。






「三悪趣」の続きの解説一覧



悪趣と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「悪趣」の関連用語

悪趣のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



悪趣のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの三悪趣 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS