法_(仏教)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 法_(仏教)の意味・解説 

法 (仏教)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/19 16:12 UTC 版)

仏教における(ほう、: dharma、ダルマ、: dhamma、ダンマ)とは、法則真理、教法・説法、存在、具体的な存在を構成する要素的存在などのこと。本来は「保持するもの」「支持するもの」の意で、それらの働いてゆくすがたを意味して「秩序」「掟」「法則」「慣習」など様々な事柄を示す。三宝のひとつに数えられる。仏教における法を内法と呼び、それ以外の法を外法と呼ぶ。






「法 (仏教)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「法_(仏教)」の関連用語

法_(仏教)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



法_(仏教)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの法 (仏教) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS