龍樹とは?

りゅうじゅ 竜樹 ○

Nāgārjuna 150250年頃のインド大乗仏教中観派の祖。南インドバラモン出身。諸学に通じ、空(くう)の思想基礎づけた。八宗祖師呼ばれる著書に「中論頌(ちゆうろんじゆ)」「十二門論」「大智度論」「十住毘婆沙論」など。ナーガルジュナ。 → 竜猛りゆうみよう

龍樹

以下の映画龍樹関連しています。


龍樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/03 08:01 UTC 版)

龍樹(りゅうじゅ、: नागार्जुनNāgārjunaテルグ語: నాగార్జునుడుチベット語: ཀླུ་སྒྲུབklu sgrubタイ語: นาคารชุนะ)は、2世紀に生まれたインド仏教である。龍樹とは、サンスクリットナーガールジュナ[注釈 1]の漢訳名で、日本では漢訳名を用いることが多い。中観派の祖であり、蓮如以後の浄土真宗では八宗祖師と称される。龍猛(りゅうみょう)とも呼ばれる。




注釈

  1. ^ ナーガールジュナ…ナーガは、蛇(蛇神転じて龍)、アルジュナインド神話の『マハーバーラタ』に登場する武将から(英雄の意味もある)。
  2. ^ なお、不空訳の『三十七尊出生義』では龍樹は数百年生きたとされる[3]
  3. ^ ただし一説にこれは龍猛の出身地であり龍樹の出身地は不明[13]

出典

  1. ^ 「ふほうのはっそ【付法の八祖】」 - 大辞林 第三版
  2. ^ 「龍樹」 - ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
  3. ^ a b 「龍猛」(小野塚幾澄) - 日本大百科全書(ニッポニカ)
  4. ^ 岩波仏教辞典 第二版, p. 438.
  5. ^ 真宗新辞典, p. 213.
  6. ^ 真宗新辞典, pp. 508-509.
  7. ^ 広説佛教語大辞典 縮刷版 2010, p. 685.
  8. ^ 大正新脩大藏經テキストデータベース『淨土高僧和讃』龍樹菩薩十首 (續諸宗部 Vol.83)
  9. ^ 直勧; 吉迦夜; 曇曜; 鳩摩羅什; 真諦; 道宣; 志磐; 師錬「淨土 2巻」『八祖列全傳記纂』、秋田屋平左衞門、1680年。NCID BB20345210
  10. ^ 鳩摩羅什; 真諦『龍樹菩薩傳.婆藪槃豆法師傳』、植村藤右衛門 : 井上忠兵衛、1763年、NCID BB20589361
  11. ^ 鳩摩羅什; 真諦『馬鳴菩薩傳 ; 龍樹菩薩傳 ; 龍樹菩薩傳別本 ; 提婆菩薩傳 . 婆藪槃豆傳』、支那内學院、1932年、NCID BA87507515
  12. ^ 中村 2002, p. 19.
  13. ^ 寺本 1926, pp. 117-124.
  14. ^ 中村 2002, pp. 33-34.
  15. ^ 梅原 2006, pp. 196-197.
  16. ^ 広説佛教語大辞典 2001, p. 701.
  17. ^ 広説佛教語大辞典 2001, p. 927.
  18. ^ 「諸法實相印」 [17]
  19. ^ ツォンカパ「勝集密教王五次第教授善顕炬論」『宗喀巴大師集』(ツォンカパ大師集)第四巻、法尊法師 (訳), 中囯佛教文化硏究所 (編)、北京:民族出版社、2001年、ISBN 710504134XOCLC 46982925(中国語)
  20. ^ a b 寺本 1926, pp. 1–5.
  21. ^ a b 中村元 2005, pp. 52-53.


「龍樹」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「龍樹」の関連用語

龍樹のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



龍樹のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの龍樹 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS