理趣経とは?

りしゅ きょう -きやう [0]理趣経

正式には大楽金剛不空真実三摩耶
一巻真言宗読誦経典不空訳。大般若経理趣分に相当する。万物本体清浄であることを明らかにし、即身成仏教義説く男女愛欲などの欲望肯定的傾向が強い。般若理趣経

理趣経〈足利尊氏筆/〉


理趣経

主名称: 理趣経
指定番号 1390
枝番 02
指定年月日 1911.04.17(明治44.04.17)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書
員数 1巻
時代区分 平安鎌倉
年代 1185 1192
検索年代
解説文: 平安鎌倉時代作品

理趣経

読み方:リシュキョウ(rishukyou)

分野 仏典

年代 中国・唐

作者 不空金剛〔訳〕


理趣経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/09 21:27 UTC 版)

理趣経』(りしゅきょう)、正式名称『般若波羅蜜多理趣百五十頌』(はんにゃはらみったりしゅひゃくごじゅうじゅ、: Prajñāpāramitā-naya-śatapañcaśatikā, プラジュニャーパーラミター・ナヤ・シャタパンチャシャティカー)は、『金剛頂経』十八会の内の第六会にあたる『理趣広経』の略本に相当する密教経典である。主に真言宗各派で読誦される常用経典である。




注釈

  1. ^ 大意は「大いなる楽は金剛のごとく不変で空しからずして真実なりとの仏の覚りの境地を説く経」
  2. ^ 松長が一般向けの『理趣経』講義を行った所、「ポルノ教典か?」と興味本位で聴講に来た者もいたという。勿論誤解である。
  3. ^ 前述の大栗も述べるように、最澄と空海の話は俗に曲解されていることが多いが、空海と最澄の手紙のやり取りからするとこのようにしか解釈できない。なお、司馬遼太郎が『空海の風景』で面白おかしく脚色しているものが流布しているが、真言宗では司馬の小説を厳しく批判しており、司馬の親友の早坂暁に映画『空海』(1984年公開)の脚本を頼んだ時も、「司馬の解釈は映画に使わないでほしい」と申し渡した上、前述の宮坂の父、宮坂宥勝が司馬の小説に抗議している。(朝日新聞出版『週刊司馬遼太郎9・空海の風景・坂の上の雲 完結編・新選組血風録』所収の早坂の回想及び、司馬の小説のあとがきより)
  4. ^ 「依経」(えきょう)とは、文字通り宗派のよりどころとなる教えを持つ経典を指す。
  5. ^ 2000年代以前は立川流の側を性的思想を奉じた集団とする誤解があったが、21世紀現在は史料批判によって否定されている(「彼の法」集団を参照)
  6. ^ なお、この項目は太平洋戦争中に四国で出家した村岡の実体験である。ある檀家が『理趣経』の経文を覚えており、村岡の師僧の読経に唱和した所、僧は檀家を「ついてくるな!」と大喝し、「『理趣経』はお大師さんが在家のものには教えちゃならんといわれたんじゃ」と述べたという。理由は、前述の最澄の経文借用の件と同じである。

出典

  1. ^ 宮坂、2002年。
  2. ^ a b c d 松長、1984年。
  3. ^ 『空海の風景』上巻68頁
  4. ^ 松長有慶著『秘密の庫を開く』(集英社)125頁 
  5. ^ 松長、1984年。
  6. ^ 大栗、2000年。
  7. ^ 村岡、2002年。
  8. ^ 彌永 2018a, pp. 40–41.
  9. ^ 彌永 2018b, pp. 68–71.
  10. ^ 彌永 2018a, p. 31.
  11. ^ 村岡、2002年。
  12. ^ 『印と真言の本』[要ページ番号]


「理趣経」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「理趣経」の関連用語

理趣経のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



理趣経のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2020 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの理趣経 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS