法華経とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 経典 > 法華経 > 法華経の意味・解説 

ほけ‐きょう〔‐キヤウ〕【法華経】

《(梵)Saddharmapuṇḍarīka-sūtraの訳「妙法蓮華経」の略》大乗仏教の最も重要な経典の一。漢訳は、竺法護(じくほうご)訳10巻(正法華経)、鳩摩羅什(くまらじゅう)訳8巻、闍那崛多(じゃなくった)ら訳8巻(添品妙法蓮華経)の3種現存するが、ふつう羅什訳をさす。28からなり譬喩交え文学的表現法華一乗立場永遠の生命としての仏陀説く天台宗日蓮宗所依(しょえ)の経典ほっけきょう


ほっけ‐きょう〔‐キヤウ〕【法華経】

ほけきょう(法華経)


法華経

読み方:ホケキョウ(hokekyou)

大乗仏教経典の一。


法華経〈巻第六(色紙)/〉

主名称: 法華経〈巻第六色紙)/〉
指定番号 151
枝番 00
指定年月日 1952.11.02(昭和27.11.02)
国宝重文区分 国宝
部門種別 書跡典籍
ト書
員数 1巻
時代区分 平安
年代
検索年代
解説文 平安時代作品

法華経〈常子内親王筆/天和三年九月十四日御奉納奥書〉


法華経〈(開結共)/〉

主名称: 法華経〈(開結共)/〉
指定番号 578
枝番 00
指定年月日 1923.03.28(大正12.03.28)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書 各巻ニ正中年三月奉施入奥書アリ
員数 10
時代区分 平安
年代
検索年代
解説文 平安時代作品

法華経〈常子内親王筆/〉


法華経〈(開結共)/〉

主名称: 法華経〈(開結共)/〉
指定番号 638
枝番 00
指定年月日 1949.02.18(昭和24.02.18)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書 金銀箔散料紙
員数 10
時代区分 平安
年代
検索年代
解説文 平安時代作品

法華経〈法師品/〉

主名称: 法華経〈法師品/〉
指定番号 674
枝番 00
指定年月日 1936.05.06(昭和11.05.06)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書
員数 1巻
時代区分 奈良
年代
検索年代
解説文 奈良時代作品

法華経


法華経〈化城喩品/〉

主名称: 法華経〈化城喩品/〉
指定番号 838
枝番 00
指定年月日 1935.04.30(昭和10.04.30)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書
員数 1巻
時代区分 奈良
年代
検索年代
解説文 奈良時代作品

法華経〈巻第六残巻/〉


法華経〈巻第二、第四/〉

主名称: 法華経〈巻第二第四/〉
指定番号 948
枝番 00
指定年月日 1937.05.25(昭和12.05.25)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書 延長三年四年宗覚点了ノ奥書アリ
員数 2巻
時代区分 平安
年代
検索年代
解説文 平安時代作品

法華経〈(色紙経)/〉

主名称: 法華経〈(色紙経)/〉
指定番号 1115
枝番 00
指定年月日 1944.09.05(昭和19.09.05)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書
員数 8巻
時代区分 平安
年代
検索年代
解説文 平安時代作品

法華経〈(開結共)/〉

主名称: 法華経〈(開結共)/〉
指定番号 7
枝番 00
指定年月日 1951.06.09(昭和26.06.09)
国宝重文区分 国宝
部門種別 書跡典籍
ト書
員数 10
時代区分 平安
年代
検索年代
解説文 平安時代作品

法華経(久能寺経)

主名称: 法華経(久能寺経)
指定番号 1191
枝番 00
指定年月日 1934.01.30(昭和9.01.30)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書 薬草喩品ニ右衛門尉資経、湧出品ニ女御殿女房伯耆殿、随喜功徳品ニ故入道右府尼姫君、勧発品ニ大皇大后宮等トアリ
員数 4巻
時代区分 平安
年代
検索年代
解説文 平安時代作品

法華経〈(開結共)/覚盛筆〉

主名称: 法華経〈(開結共)/覚盛筆〉
指定番号 1266
枝番 00
指定年月日 1930.05.23(昭和5.05.23)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書 寛元元年、二年書写
員数 10
時代区分 鎌倉
年代 1243・44
検索年代
解説文 鎌倉時代作品

法華経〈(開結共)/〉

主名称: 法華経〈(開結共)/〉
指定番号 1390
枝番 01
指定年月日 1911.04.17(明治44.04.17)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書 元暦建久奥書アリ
員数 10
時代区分 平安鎌倉
年代 1185 1192
検索年代
解説文 平安鎌倉時代作品

法華経

主名称: 法華経
指定番号 1390
枝番 03
指定年月日 1911.04.17(明治44.04.17)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書
員数 1巻
時代区分 平安鎌倉
年代 1185 1192
検索年代
解説文 平安鎌倉時代作品

法華経〈法師品、安楽行品/無量義経(久能寺経)〉

主名称: 法華経〈法師品、安楽行品/無量義経久能寺経)〉
指定番号 1503
枝番 00
指定年月日 1952.03.29(昭和27.03.29)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書
員数 3巻
時代区分 平安
年代
検索年代
解説文 平安時代作品

法華経〈序品/法師功徳品〉(久能寺経)

主名称: 法華経〈序品法師功徳品〉(久能寺経)
指定番号 1511
枝番 00
指定年月日 1952.03.29(昭和27.03.29)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書
員数 2巻
時代区分 平安
年代
検索年代
解説文 平安時代作品

法華経〈高山寺恵琳筆/〉


法華経〈巻第一(白点本)/〉

主名称: 法華経〈巻第一白点本)/〉
指定番号 1707
枝番 00
指定年月日 1955.02.02(昭和30.02.02)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書
員数 1巻
時代区分 奈良
年代
検索年代
解説文 奈良時代作品

法華経〈(開結共)/〉

主名称: 法華経〈(開結共)/〉
指定番号 1739
枝番 00
指定年月日 1955.06.22(昭和30.06.22)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書 第八後奈良天皇宸翰御跋
員数 10
時代区分 鎌倉
年代
検索年代
解説文 鎌倉時代作品

法華経〈巻第八(色紙)/〉

主名称: 法華経〈巻第八色紙)/〉
指定番号 1745
枝番 00
指定年月日 1955.06.22(昭和30.06.22)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書
員数 1巻
時代区分 平安
年代
検索年代
解説文 平安時代作品

法華経〈(久能寺経)/〉

主名称: 法華経〈(久能寺経)/〉
指定番号 129
枝番 00
指定年月日 1952.11.22(昭和27.11.22)
国宝重文区分 国宝
部門種別 書跡典籍
ト書
員数 19
時代区分 平安
年代
検索年代
解説文 平安時代作品

法華経

主名称: 法華経
指定番号 1841
枝番 00
指定年月日 1957.06.18(昭和32.06.18)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書
員数 8巻
時代区分 奈良
年代
検索年代
解説文 奈良時代作品

法華経〈懐良親王筆/〉


法華経〈巻第六万里小路宣房筆/〉


法華経(装飾経)

主名称: 法華経(装飾経
指定番号 2064
枝番 00
指定年月日 1962.02.02(昭和37.02.02)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書
員数 8巻
時代区分 平安
年代
検索年代
解説文 平安時代作品

法華経(装飾経)


法華経

主名称: 法華経
指定番号 2137
枝番 00
指定年月日 1964.05.26(昭和39.05.26)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書
員数 8巻
時代区分 平安
年代
検索年代
解説文 平安時代作品

法華経〈(色紙金銀箔散)/〉

主名称: 法華経〈(色紙金銀箔散)/〉
指定番号 2332
枝番 00
指定年月日 1977.06.11(昭和52.06.11)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書
員数 8帖
時代区分 平安
年代
検索年代
解説文  旧巻子装【かんすそう】を折本おりほん】に改装した法華経八巻で、料紙金銀箔を散らし薄紫・濃萠黄朽葉【くちば】・白茶・白の各色変り斐紙(裏濃色)を順に継ぎ合わせ淡墨中に一紙二十七行、一行十七字に書写している。筆者は詳かにしないが別巻寄合書書写されたその書風平安時代末期のものと考えられ、この種の装飾経としては全巻完存した遺品として稀有のものである

法華経(藍紙)

主名称: 法華経(藍紙
指定番号 2496
枝番 00
指定年月日 1996.06.27(平成8.06.27)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書 保安二年移点奥書
員数 7巻
時代区分 平安
年代
検索年代
解説文  平安時代後期、漉返し藍紙書写された法華経である。藍紙銀泥淡墨界(界巾一・八)を施し料紙に用い、一紙二八行、一行一七字に、和様端正な文字書写される。巻第四を欠き、巻第一の巻首と巻第二第六の巻末を欠失する点は惜しまれるが、本文は、各巻とも一筆で、全文わたって白点朱点墨点稠密に施され、紙背にも、墨注記多く加えられている奥書によれば、本経保安二年(一一二二)覚澄の所持本として、僧秀覚らの助力により、同じく藍紙本の法華経(重要文化財 立本寺をもって移点が行われたことが判明する。
 本経は、体裁および書風等からみて、保安二年をさかのぼるに程遠くない院政期初期に八巻本として書写されたものと考えられる。移点の底本となった立本寺本は、十一世紀中ころの書写本で、その訓点は、寛治元年(一〇八七)より承徳三年(一〇九九にかけて興福寺僧経朝が加点したもので、『法華経』の古訓資料として知られているが、開結共十巻のうち、巻第二第六開経の三巻および巻第八前半を欠している。これに対し、千手寺本は、立本寺本の巻第二、六、八などの欠を補うもので、とくに立本寺本の喜多院点等をそのままに写し取った点は国語学上に注目される奥書中の覚澄・秀覚についてはつまびらかではないが、永治元年一一四一)十月二十九日付の東大寺案に名を連ねる人物該当する考えられ、本書南都において移点された事実伝えている。
 ところで、本文料紙藍紙には明瞭に墨の痕跡認められ、これが故人書状等に藍染め繊維加えて漉返し料紙を用いた供養経であることを明らかにしている。このように千手寺本は、『法華経』の貴重な訓点資料であり、漉返し藍紙を用いた現存希な供養遺品としても珍しい。

法華経〈自巻第二/至巻第七〉

主名称: 法華経〈自巻第二/至巻第七
指定番号 138
枝番 00
指定年月日 1952.11.22(昭和27.11.22)
国宝重文区分 国宝
部門種別 書跡典籍
ト書 寿永二年運慶願経
員数 6巻
時代区分 平安
年代 1183
検索年代
解説文 平安時代作品

法華経


法華経〈五百弟子受記品/〉


法華経〈巻第三/〉

主名称: 法華経〈巻第三/〉
指定番号 173
枝番 00
指定年月日 1935.04.30(昭和10.04.30)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書 奥ニ南家トアリ
員数 1巻
時代区分 奈良
年代
検索年代
解説文 奈良時代作品

法華経


法華経〈巻第八残巻/万里小路宣房筆〉

重要文化財のほかの用語一覧
書跡・典籍:  法華経  法華経  法華経  法華経  法華経分別功徳品  法華経勧発品  法華経化城喩品

法華経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 08:11 UTC 版)

法華経』(ほけきょう、ほっけきょう、: Saddharma-puṇḍarīka-sūtra[1])は、大乗仏教の代表的な経典。大乗仏教の初期に成立した経典であり、誰もが平等に成仏できるという仏教思想が説かれている[2]聖徳太子の時代に仏教とともに日本に伝来した[注 2]。複数ある漢訳の中では鳩摩羅什によるもの特に普及しており[3]、その訳名は妙法蓮華経である。


注釈

  1. ^ 法華経の 現代の解説書にはしばしば、このような写真とこのような主旨の解説が添えられている。
  2. ^ 聖徳太子によって著されたとされる法華経の注釈書「法華経義疏」は、三経義疏の1つである。
  3. ^ 経の字をはずすと「法華」になるが、これは一般に「ほっけ」と発音する。
  4. ^ 優れたといっても、サンスクリット語原本に忠実な訳というわけではなく、漢文として読みやすいという方がより正確であろう。方便品末尾の十如是など、鳩摩羅什の創意により原本にない文章が付け加えられた所もある。岩本・坂本1976
  5. ^ この28品が法華経成立当初から全て揃っていたかどうかは後述の成立年代についての議論の通り、疑問だが、少なくとも智顗の説は28品全てがはじめから揃っていたことを前提として展開されている。岩本・坂本1976。これに対して吉蔵の『法華義疏』「論品有無」は提婆達多品が欠けていたのを最終的に真諦の訳で補われたと記しており、これは竺道生法雲の注釈書、更に聖徳太子の『法華義疏』も提婆達多品が欠けているからも、鳩摩羅什訳『妙法蓮華経』は何らかの事情で提婆達多品が訳されなかったか欠落して27品になっていたと考えられる。井上亘は智顗の説でも南岳禅師こと慧思が諸本を対校してこれを正したとしていることから、慧思が真諦訳の提婆達多品を補って本来あるべき28品に正し、それが隋による天下平定後に中国全土に広まり、遣隋使に随行した僧侶が28品揃った経典を日本に持ち帰ったとしている[12]。また、闍那崛多訳によって提婆達多品が付け加えられ、現在の全28品構成となったとする説もある。闍那崛多訳が『添品妙法蓮華経』と呼ばれるのはこのためであるという。ただし、闍那崛多訳では「提婆達多品」という独立の章を立てずに「見宝塔品」の後半に編入される形をとっている。同様に「観世音菩薩普門品」の偈頌も当初は鳩摩羅什訳にはなかったが、闍那崛多によって訳出されたものが鳩摩羅什訳に移入されているとされる[13][14]
  6. ^ 観世音菩薩の救済を説いた章だが、法華経との関連性は薄い。元々は別の経典だったとする説が根強い。詳細は観音菩薩の項目参照。
  7. ^ また、文献学といっても、たとえば、サンスクリット重視の立場で研究しても、そのサンスクリット原典そのものが、原典ではなく、写本であり、その成立年代も漢訳の仏典より、さらに新しいという例も多々あり、文献学もいまだ発展途上である。

出典

  1. ^ 精選版 日本国語大辞典「法華経」}、小学館。
  2. ^ NHK 100分de名著 法華経[新]第1回「全てのいのちは平等である」2018年4月2日放送
  3. ^ 三枝充悳日本大百科全書(ニッポニカ)「法華経」、小学館。
  4. ^ 植木雅俊、「Saddharmapundarika の意味」 『印度學佛教學研究』 2000 年 49 巻 1 号 p. 431-429, doi:10.4259/ibk.49.431, 日本印度学仏教学会
  5. ^ 植木雅俊 『仏教、本当の教え』 中央公論新社〈中公新書〉、2011年、82-97頁。
  6. ^ 中文维基文库『妙法蓮華経』
  7. ^ 植木雅俊『法華経とは何か-その思想と背景』(中公新書、2020)
  8. ^ 平岡聡「法華経の成立に関する新たな視点:――その筋書・配役・情報源は? ――」『印度學佛教學研究』第59巻第1号、日本印度学仏教学会、2010年、 390-382頁、 doi:10.4259/ibk.59.1_390ISSN 0019-4344NAID 110008574399
  9. ^ 松原正剛の千夜千冊・梵漢和対照・現代語訳「法華経」岩波書店 2008[訳植木雅俊]」閲覧日2022年4月3日
  10. ^ 植木雅俊訳『サンスクリット版縮訳 法華経 現代語訳』(角川ソフィア文庫) pp.341-342
  11. ^ 植木雅俊訳『サンスクリット版縮訳 法華経 現代語訳』(角川ソフィア文庫) p.358
  12. ^ 井上亘「御物本『法華義疏』の成立」古瀬奈津子 編『古代日本の政治と制度-律令制・史料・儀式-』同成社、2021年 ISBN 978-4-88621-862-9 P212-223.
  13. ^ 坂本 幸男、岩本 裕 『法華経〈上〉』 岩波文庫、1976年 P421-428.
  14. ^ 金岡 秀友 『仏典の読み方』 大法輪閣、2009年 P129-135.
  15. ^ a b サンスクリット版縮訳, p. 421-422.
  16. ^ サンスクリット版縮訳, p. 341-422.
  17. ^ 中村元『古代インド』講談社学術文庫
  18. ^ 日蓮は「月水御書」(月経中でも仏典を読誦してもよいのか、という女性信者からの質問に対する回答の手紙)の中で「法華経は何れの品も先に申しつる様に愚かならねども、殊に二十八品の中に勝れてめでたきは方便品と寿量品にて侍り。余品は皆枝葉にて候なり」「寿量品・方便品をよみ候へば、自然に余品はよみ候はねども備はり候なり。薬王品・提婆品は女人の成仏往生を説かれて候品にては候へども、提婆品は方便品の枝葉、薬王品は方便品と寿量品の枝葉にて候。されば常には此の方便品・寿量品の二品をあそばし候て、余の品をば時時御いとまのひまにあそばすべく候」と述べている。日蓮系の仏教が日々の勤行で方便品と寿量品を読誦する根拠となっている。
  19. ^ 妙法蓮華經廣量天地品第二十九 (No. 2872 ) in Vol. 85
  20. ^ 妙法蓮華經馬明菩薩品第三十 (No. 2899 ) in Vol. 85
  21. ^ 『更級日記』原文「夢にいと清げなる僧の、黄なる地の袈裟着たるが来て『法華経五の巻をとく習へ』といふと見れど、人にも語らず。習はむとも思ひかけず。」
  22. ^ 『(改正略解)法華経要品訓読』明治20年9月20日御届/同21年6月再版/同37年9月譲受、元版人・須原屋茂兵衛、譲受発行人・鈴木荘次郎、印刷人・三功舎 鈴木耕太郎
  23. ^ a b c d 『哲学 思想事典』岩波書店、1998年、pp.1485-1486 【法華経】
  24. ^ 苅谷定彦『法華経一仏乗の研究』1983
  25. ^ 『法華経の成立と思想』1993
  26. ^ 宮本正尊 編『大乗仏教の成立史的研究』(昭和29年) 附録第一「大乗経典の成立年代」
  27. ^ 渡辺照宏『日本の仏教』岩波書店、2002年6月12日、188頁。ISBN 978-4004121510
  28. ^ 植木雅俊訳『梵漢和対照・現代語訳 法華経 (上)』岩波書店、pp.593-595
  29. ^ チベット仏教書籍のご紹介
  30. ^ 藤谷厚生, 「金光明経の教学史的展開について (PDF) 」『四天王寺国際仏教大学紀要』 平成16年度 大学院 第4号 人文社会学部 第39号 短期大学部 第47号, p.1-28(p14), NAID 110006337539
  31. ^ 法華経は佛教の生命「仏種」である。第2章 第2話 法華宗真門流
  32. ^ a b 大南龍昇, 「大乗経典のゴーストライター」『印度學佛教學研究』 1991年 39巻 2号 p.524-529, 日本印度学仏教学会, doi:10.4259/ibk.39.524, NAID 110002661557
  33. ^ 『法華経』成立の背景 | NHKテキストビュー
  34. ^ 柴田章延 2013, p. 32.
  35. ^ 「『法華経』─仏教研究の要」 M・I・ヴォロビヨヴァ = デシャトフスカヤ/江口満 訳 東洋哲学研究所創価学会
  36. ^ 柴田章延 2013, p. 34.
  37. ^ 大乗非仏説論 - 日蓮正宗 妙通寺 <ホームページ>
  38. ^ 植木雅俊『今を生きるための仏教100話』(平凡社新書、2019年)p.249
  39. ^ 植木雅俊『今を生きるための仏教100話』(平凡社新書、2019年)pp.237-238



「法華経」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



法華経と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「法華経」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



法華経のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2022 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの法華経 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS