九日とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 時間 > > 九日の意味・解説 

ここぬ‐か【九日】

ここのか」に同じ。

三十日(みそか)あまり—になりぬ」〈土佐


ここの‐か【九日】

日の数の九つ9日間。

月の第9の日。

陰暦9月9日重陽(ちょうよう)の節句

「—の御節供持て来たり」〈宇津保・楼上下〉


く‐にち【九日】

〔名〕

九つの日の数。ここのか

毎月の九番目の日。多く九月九日重陽の節供の日をいう。ここのか

ロドリゲス日本大文典(1604‐08)「クグヮツ cunich(クニチ)」


ここぬ‐か【九日】

〔名〕

① 日の数九つまた、九日間。ここのか

土左(935頃)承平年正月三〇日「けふ、舟に乗りし日より数ふれば、みそかあまりここぬかになりぬ」

ある日第一日として第九日目ここのか

宇津保(970‐999頃)蔵開上「九日にあたりける夜になんあそばれけるはいかにせしぞ」

③ 暦の月の初めから九番目の日。ここのか

中院後撰(951‐953頃)秋下・三九六詞書「なか月ここぬかの日、つるのなくなりたるをみて」

④ 特に、九月九日重陽の節供のことを、月を明示せずにいう。

読本雨月物語(1776)菊花の約重陽(ココヌカ)の佳節をもて帰り来る日とすべし」

[補注]②の「宇津保」の例は、特に生後九日目に行なわれた産養(うぶやしない)のことをいう。


ここの‐か【九日】

〔名〕 (「ここぬか」の変化した語)

① =ここぬか(九日)①

② =ここぬか(九日)②

天草本平家(1592)二「ヲヨソ ヤウカ、coconocagi(ココノカヂ) ニワ ヒッタト ツヅイテ」

③ =ここぬか(九日)③

天草本平家(1592)四「ヲナジ シチグヮツ coconocano(ココノカノ) ウマノコク バカリニ

[補注]ここのつ」との対比からココノカの方がココヌカよりも古いと見られがちだが、平安鎌倉時代仮名書き例はすべてココヌカ。→け(日)ここぬか(九日)


九日

読み方:キュウジツ(kyuujitsu)

分野 謡曲

年代 成立未詳

作者 作者未詳


九日

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 11:53 UTC 版)

和語の漢字表記

(ここのか古語方言:ここぬか)

  1. ここのか」の漢字表記



九日と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「九日」の関連用語

九日のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



九日のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの九日 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS