読誦とは? わかりやすく解説

どく‐じゅ【読×誦】

読み方:どくじゅ

[名](スル)《「読」は見てよむこと、「誦」はそらで唱えること》声を出して経文(きょうもん)を読むこと読経(どきょう)。「法華経を—する」


どく‐しょう【読×誦】

読み方:どくしょう

[名](スル)

声に出してよむこと。「漢詩を—する」

どくじゅ(読誦)


読誦

読み方:ドクズ(dokuzu)

仏教語で経文声を出して読むこと


読誦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/09/22 17:38 UTC 版)

読誦どくじゅ)とはお経経典)・偈文などを称える事。宗旨・宗派により、目で読みながら読誦する場合と、暗誦しても良い場合がある。




「読誦」の続きの解説一覧

読誦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/07 15:57 UTC 版)

グル・グラント・サーヒブ」の記事における「読誦」の解説

グル・グラント・サーヒブ』は、どのグルドワーラーでも常に焦点である。会衆坐るフロア中央にタクト玉座)と呼ばれる高座置かれる。『グル・グラント・サーヒブ』は最大限尊敬と名誉をもって遇せられ、その面前には、シク教徒は頭を覆い靴を脱ぐグル・グラント・サーヒブ通常尊敬の印として頭の上乗せて運ばれ洗っていない手で決し触らず、足を洗わずにフロア上がることもしない。 それは王の権標伴い天蓋掲げられるチャオリー聖典の上に振られるかつては孔雀の羽扇が、王あるいは聖者の印として扇がれたが、後にチャオリー置き替えられた。 『グル・グラント・サーヒブ』は、聖典を読誦し、祈祷先導するグランティによって取り扱われる。またルマラと呼ばれる清潔な布で聖典覆い、熱、汚れ破損等から保護する取扱責任者でもある聖典はルマラに覆われ、再び出座するまでマンジ・サーヒブに安置される

※この「読誦」の解説は、「グル・グラント・サーヒブ」の解説の一部です。
「読誦」を含む「グル・グラント・サーヒブ」の記事については、「グル・グラント・サーヒブ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「読誦」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「読誦」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



読誦と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

読誦のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



読誦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの読誦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのグル・グラント・サーヒブ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS