紀元前1世紀とは? わかりやすく解説

紀元前1世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/22 18:11 UTC 版)

紀元前1世紀(きげんぜんいっせいき、きげんぜんいちせいき)は、西暦による紀元前100年から紀元前1年までの100年間を指す世紀紀元前を区分する最後の世紀でもあり、紀元1世紀の直前の世紀である。「紀元0世紀」というものは存在しない。




「紀元前1世紀」の続きの解説一覧

紀元前1世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/21 16:50 UTC 版)

共和政ローマ監察官一覧」の記事における「紀元前1世紀」の解説

紀元前97年 LXV - 祝日普段使えるアス (青銅貨)制限などを定めたリキニウス法撤廃しようとした護民官マルクス・ドゥロニウスを元老院から除外ロストラキリキアでの戦利品で飾る。アエミリウス・スカウルスを第一人者に再指名ルキウス・ウァレリウス・フラックス (紀元前100年の執政官) マルクス・アントニウス・オラトル 紀元前92年 - 行きすぎラテン語修辞技法制限ドミティウス同僚クラッススの贅沢を攻撃したスカウルス第一人者に留グナエウス・ドミティウス・アヘノバルブス (紀元前96年の執政官) ルキウス・リキニウス・クラッスス 途中辞任 紀元前89年 - この年同盟市戦争結果市民権を得たイタリア人登録するめ新し10農村トリブス追加される事が決定していたが、護民官プブリウス・スルピキウス・ルフスの提出した新市民を旧農村トリブス登録する法案可決されたため中断プブリウス・リキニウス・クラッスス (紀元前97年の執政官) ルキウス・ユリウス・カエサル (紀元前90年の執政官) 紀元前86年 LXVI - 解放奴隷35トリブス登録される成年人口463,000人。この回ルキウス・コルネリウス・スッラ意向強く反映されていると考えられており、ルーストルムすらスッラが行たとする説もある。この時ローマ支配していたのはキンナで、新市民の登録が間に合わなかったともみられているルキウス・マルキウス・ピリップス (紀元前91年の執政官) マルクス・ペルペルナ (紀元前92年の執政官) 紀元前70年 LXVII - 64名を元老院から除名成年人口90万人この年執政官グナエウス・ポンペイウス影響でスッラ派に対抗するため主にケントゥリア第一クラシスを大量に登録した考えられているグナエウス・コルネリウス・レントゥルス・クロディアヌス ルキウス・ゲッリウス・プブリコラ 紀元前65年 - ポー川以北人々(トランスパダニ)にローマ市民権与えかどうか意見対立クラッススは恐らくカエサル支援得てトランスパダニに市民権与え法案提出図ったカトゥルス阻止されクィントゥス・ルタティウス・カトゥルス・カピトリヌス マルクス・リキニウス・クラッスス 途中辞任 紀元前64年 - 前年と同じ理由で対立元老院リスト更新護民官妨害され途中辞任ルキウス・アウレリウス・コッタ (紀元前65年の執政官) 不明 紀元前61年 - 元老院全員留任定員オーバーアシア属州でのスキャンダラス不当契約絡んでいた可能性ガイウス・スクリボニウス・クリオ (紀元前76年の執政官)不明 途中辞任 紀元前55年 - この年ティベリス川が大氾濫して多くの死傷者出た。彼らは治水工事行った任期満了まで務めたがルストルムは行えなかったプブリウス・セルウィリウス・ウァティア・イサウリクス (紀元前79年の執政官) マルクス・ウァレリウス・メッサッラ・ニゲル 紀元前50年 - ポンペイウス派のプルケルは贅沢や不品行徹底的に調査する多くのエクイテス元老院議員除名し結果的にカエサル派で固め解放奴隷元老院から除名ガイウス・サッルスティウス・クリスプスもこのとき除名されている。カエサル派のピソガイウス・スクリボニウス・クリオ除名撤回嘆願したピソカエサルと調停図ったアッピウス・クラウディウス・プルケル (紀元前54年の執政官) ルキウス・カルプルニウス・ピソ・カエソニヌス 紀元前42年ガイウス・アントニウス・ヒュブリダ プブリウス・スルピキウス・ルフス 紀元前28年 LXVIII - 元老院千人を超えたため190名に自主的に返上させ、内乱の一世紀激減していたパトリキ元老院許可の下増やし元老院議員許可なくイタリア半島ら出ることを禁じたインペラトル・カエサル・オクタウィアヌス マルクス・ウィプサニウス・アグリッパ

※この「紀元前1世紀」の解説は、「共和政ローマ監察官一覧」の解説の一部です。
「紀元前1世紀」を含む「共和政ローマ監察官一覧」の記事については、「共和政ローマ監察官一覧」の概要を参照ください。


紀元前1世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/13 23:28 UTC 版)

ユダヤ史関連人物の一覧」の記事における「紀元前1世紀」の解説

ヘロデエドム人) (前74頃-前4年) (「新約聖書」に登場ヒレル (大ヒレル) Hillel (the Elder) (紀元前60年?-9年?):ヒレル派Beth Hillel);ナーシーサンヘドリン長)の家の祖先タナイーム5代目ズーグシャンマイ(シャマイ) Shammai (紀元前50年?-30年?):ファリサイ派シャンマイ派(Beth Shammai):(タナイーム5代目ズーグ) ヨナタン・ベン・ウジエル Jonathan ben Uzziel (紀元前1年-1世紀頃):タルグーム・ヨナタン(預言書アラム語訳)

※この「紀元前1世紀」の解説は、「ユダヤ史関連人物の一覧」の解説の一部です。
「紀元前1世紀」を含む「ユダヤ史関連人物の一覧」の記事については、「ユダヤ史関連人物の一覧」の概要を参照ください。


紀元前1世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/19 07:13 UTC 版)

古代ローマの内戦と反乱の一覧」の記事における「紀元前1世紀」の解説

紀元前91年紀元前88年: 同盟市戦争 - 共和政ローマイタリア半島の諸同盟市が衝突ローマの勝利 紀元前88年紀元前87年: 第一次スッラ内戦英語版) - ルキウス・コルネリウス・スッラ支持者たちとガイウス・マリウスの軍が衝突スッラ勝利 紀元前82年-81年: 第二次スッラ内戦英語版) - スッラマリウス支持者同士衝突スッラ勝利 紀元前82年-72年: セルトリウス反乱英語版) - スッラ率い共和政ローマと、マリウス支持するクィントゥス・セルトリウス率いヒスパニア属州衝突スッラ勝利 紀元前77年: レピドゥス反乱 - ローマ共和政スッラ体制に対しマルクス・アエミリウス・レピドゥス反乱スッラ派の勝利 紀元前73年-71年: 第三次奴隷戦争 - スパルタクス率い剣闘士奴隷蜂起きっかけとするイタリアで奴隷反乱鎮圧 紀元前63年-62年: カティリナの陰謀 - 元老院ルキウス・セルギウス・カティリナ率い反乱分子衝突元老院勝利 紀元前49年-45年: ローマ内戦 (紀元前49年-紀元前45年) - ガイウス・ユリウス・カエサルと、グナエウス・ポンペイウス率い閥族派衝突カエサル勝利 紀元前46年: ベロウァキ族の反乱 - 北東ガリア反乱鎮圧 紀元前44年: アロブロゲス族の反乱 - ガリア反乱鎮圧 紀元前44年-43年: カエサル没後内戦 - マルクス・トゥッリウス・キケロカエサル・オクタウィアヌス率い元老院派と、マルクス・アントニウスマルクス・アエミリウス・レピドゥスの軍が衝突引き分け両派統合 紀元前44年-42年: 解放者内戦英語版) - 第二回三頭政治体制派アントニウスレピドゥスオクタウィアヌス)と、カエサル暗殺者である (マルクス・ユニウス・ブルトゥスガイウス・カッシウス・ロンギヌスらが衝突三頭政治派の勝利 紀元前44年-36年: シキリア反乱英語版) - 第二次三頭政治派(特にオクタウィアヌスマルクス・ウィプサニウス・アグリッパ)と、セクストゥス・ポンペイウスの軍が衝突三頭政治派の勝利 紀元前41年-40年: ペルシア戦争 (古代ローマ)(英語版) - オクタウィアヌスと、ルキウス・アントニウスマルクス・アントニウスの弟)およびフルウィア(マルクス・アントニウスの妻)衝突オクタウィアヌス勝利 紀元前38年: アクィタニア反乱 - ガリア人部族反乱アグリッパにより鎮圧 紀元前32年-30年: アントニウス・オクタウィアヌス内戦英語版) - アントニウスプトレマイオス朝女王クレオパトラ7世連合軍と、オクタウィアヌスアグリッパの軍が衝突共和政ローマ最後の内戦オクタウィアヌス勝利 紀元前30年-29年: モリニ族・トレウェリ族の反乱 - ガリア北部部族ゲルマン人支援を受けて蜂起鎮圧 紀元前30年: ナイル川デルタテバイス反乱 - ガイウス・コルネリウス・ガッルスにより鎮圧 紀元前28年-27年: アクィタニア反乱 - マルクス・ウァレリウス・メッサッラ・コルウィヌスにより鎮圧 紀元前13年: ウォロガセスの反乱 - トラキアディオニューソス神官による反乱鎮圧 紀元前11年-9年: トラキア南部山岳部族の反乱 - ルキウス・カルプルニウス・ピソ・カエソニヌスにより鎮圧 紀元前4年: ユダヤ反乱 - ユダヤ人反乱プブリウス・クィンクティリウス・ウァルスにより鎮圧

※この「紀元前1世紀」の解説は、「古代ローマの内戦と反乱の一覧」の解説の一部です。
「紀元前1世紀」を含む「古代ローマの内戦と反乱の一覧」の記事については、「古代ローマの内戦と反乱の一覧」の概要を参照ください。


紀元前1世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/28 18:06 UTC 版)

共和政ローマ執政官一覧」の記事における「紀元前1世紀」の解説

紀元前100年 ガイウス・マリウス VI, ルキウス・ウァレリウス・フラックス 紀元前99年 マルクス・アントニウス・オラトル, アウルス・ポストゥミウス・アルビヌス 紀元前98年 クィントゥス・カエキリウス・メテッルス・ネポス, ティトゥス・ディディウス 紀元前97年 グナエウス・コルネリウス・レントゥルス, プブリウス・リキニウス・クラッスス 紀元前96年 ガイウス・カッシウス・ロンギヌス, グナエウス・ドミティウス・アヘノバルブス 紀元前95年 ルキウス・リキニウス・クラッスス, クィントゥス・ムキウス・スカエウォラ 紀元前94年 ガイウス・コエリウス・カルドゥス, ルキウス・ドミティウス・アヘノバルブス 紀元前93年 ガイウス・ウァレリウス・フラックス, マルクス・ヘレンニウス 紀元前92年 ガイウス・クラウディウス・プルケル, マルクス・ペルペルナ 紀元前91年 ルキウス・マルキウス・ピリップス, セクストゥス・ユリウス・カエサル 紀元前90年 ルキウス・ユリウス・カエサル, プブリウス・ルティリウス・ルプス 紀元前89年 グナエウス・ポンペイウス・ストラボ, ルキウス・ポルキウス・カト 紀元前88年 ルキウス・コルネリウス・スッラ I, クィントゥス・ポンペイウス・ルフス 紀元前87年 グナエウス・オクタウィウス, ルキウス・コルネリウス・キンナ I(解任)Suf. ルキウス・コルネリウス・メルラ 紀元前86年 ルキウス・コルネリウス・キンナ II, ガイウス・マリウス VII死亡)Suf. ルキウス・ウァレリウス・フラックス 紀元前85年 ルキウス・コルネリウス・キンナ , グナエウス・パピリウス・カルボ I 紀元前84年 グナエウス・パピリウス・カルボ II, ルキウス・コルネリウス・キンナ IV 紀元前83年 ルキウス・コルネリウス・スキピオ・アシアティクス, ガイウス・ノルバヌス 紀元前82年 小マリウス, グナエウス・パピリウス・カルボ スッラ終身独裁官に就任) 紀元前81年 マルクス・トゥッリウス・デクラ, グナエウス・コルネリウス・ドラベッラ 紀元前80年 ルキウス・コルネリウス・スッラ II, クィントゥス・カエキリウス・メテッルス・ピウス 紀元前79年 プブリウス・セルウィリウス・ウァティア, アッピウス・クラウディウス・プルケルスッラ終身独裁官退任紀元前78年 マルクス・アエミリウス・レピドゥス, クィントゥス・ルタティウス・カトゥルス 紀元前77年 デキムス・ユニウス・ブルトゥス, マメルクス・アエミリウス・レピドゥス・リウィアヌス 紀元前76年 グナエウス・オクタウィウス, ガイウス・スクリボニウス・クリオ 紀元前75年 ルキウス・オクタウィウス, ガイウス・アウレリウス・コッタ 紀元前74年 ルキウス・リキニウス・ルクッルス, マルクス・アウレリウス・コッタ 紀元前73年 マルクス・テレンティウス・ウァッロ・ルクッルス, ガイウス・カッシウス・ロンギヌス第三次奴隷戦争勃発紀元前72年 ルキウス・ゲッリウス・プブリコラ, グナエウス・コルネリウス・レントゥルス・クロディアヌス 紀元前71年 プブリウス・コルネリウス・レントゥルス・スラ, グナエウス・アウフィディウス・オレステス第三次奴隷戦争鎮圧紀元前70年 グナエウス・ポンペイウス I, マルクス・リキニウス・クラッスス I 紀元前69年 クィントゥス・ホルテンシウス・ホルタルス, クィントゥス・カエキリウス・メテッルス・クレティクス 紀元前68年 ルキウス・カエキリウス・メテッルス, クィントゥス・マルキウス・レクスSuf. セルウィリウス・ウァティア 紀元前67年 ガイウス・カルプルニウス・ピソ, マニウス・アキリウス・グラブリオ 紀元前66年 マニウス・アエミリウス・レピドゥス, ルキウス・ウォルカキウス・トゥッルス 紀元前65年 ルキウス・アウレリウス・コッタ, ルキウス・マンリウス・トルクァトゥス 紀元前64年 ルキウス・ユリウス・カエサル, ガイウス・マルキウス・フィグルス 紀元前63年 マルクス・トゥッリウス・キケロ, ガイウス・アントニウス・ヒュブリダカティリナ事件紀元前62年 デキムス・ユニウス・シラヌス, ルキウス・リキニウス・ムレナ 紀元前61年 マルクス・プピウス・ピソ・フルギ・カルプルニアヌス, マルクス・ウァレリウス・メッサッラ・ニゲル 紀元前60年 クィントゥス・カエキリウス・メテッルス・ケレル, ルキウス・アフラニウス 紀元前59年 ガイウス・ユリウス・カエサル I, マルクス・カルプルニウス・ビブルス 紀元前58年 ルキウス・カルプルニウス・ピソ・カエソニヌス, アウルス・ガビニウス 紀元前57年 プブリウス・コルネリウス・レントゥルス・スピンテル, クィントゥス・カエキリウス・メテッルス・ネポス 紀元前56年 グナエウス・コルネリウス・レントゥルス・マルケッリヌス, ルキウス・マルキウス・ピリップス 紀元前55年 グナエウス・ポンペイウス II, マルクス・リキニウス・クラッスス II 紀元前54年 ルキウス・ドミティウス・アヘノバルブス, アッピウス・クラウディウス・プルケル 紀元前53年 グナエウス・ドミティウス・カルウィヌス I, マルクス・ウァレリウス・メッサッラ・ルフス 紀元前52年 グナエウス・ポンペイウス , クィントゥス・カエキリウス・メテッルス・ピウス・スキピオ・ナシカ 紀元前51年 セルウィウス・スルピキウス・ルフス, マルクス・クラウディウス・マルケッルス 紀元前50年 ルキウス・アエミリウス・パウッルス, ガイウス・クラウディウス・マルケッルス・ミノル 紀元前49年 ガイウス・クラウディウス・マルケッルス・マヨル, ルキウス・コルネリウス・レントゥルス・クルス 紀元前48年 ガイウス・ユリウス・カエサル II, プブリウス・セルウィリウス・ウァティア・イサウリクス I 紀元前47年 クィントゥス・フフィウス・カレヌス, プブリウス・ウァティニウス 紀元前46年 ガイウス・ユリウス・カエサル , マルクス・アエミリウス・レピドゥス I 紀元前45年 ガイウス・ユリウス・カエサル IV 単独suff. ガイウス・トレボニウス, クィントゥス・ファビウス・マクシムス. ガイウス・カニニウス・レビルス 紀元前44年 ガイウス・ユリウス・カエサル V, マルクス・アントニウス I(カエサル暗殺)suff. プブリウス・コルネリウス・ドラベッラ 紀元前43年 アウルス・ヒルティウス, ガイウス・ウィビウス・パンサ・カエトロニアヌスsuff. アウグストゥス I, クィントゥス・ペディウス, プブリウス・ウェンティディウス・バッスス, ガイウス・カッリナス 紀元前42年 マルクス・アエミリウス・レピドゥス II, ルキウス・ムナティウス・プランクス 紀元前41年 プブリウス・セルウィリウス・ウァティア・イサウリクス II, ルキウス・アントニウス 紀元前40年 グナエウス・ドミティウス・カルウィヌス II, ガイウス・アシニウス・ポッリオsuff. ルキウス・コルネリウス・バルブス, プブリウス・カニディウス・クラッスス 紀元前39年 ルキウス・マルキウス・ケンソリヌス, ガイウス・カルウィシウス・サビヌスsuff. ガイウス・コッケイウス・バルブス, プブリウス・アルフェヌス・ウァルス 紀元前38年 アッピウス・クラウディウス・プルケル, ガイウス・ノルバヌス・フラックスsuff. ルキウス・コルネリウス・レントゥルス, ルキウス・マルキウス・ピリップス 紀元前37年 マルクス・ウィプサニウス・アグリッパ I, ルキウス・カニニウス・ガッルスsuff. ティトゥス・スタティリウス・タウルス I 紀元前36年 ルキウス・ゲッリウス・プブリコラ, マルクス・コッケイウス・ネルウァsuff. ルキウス・ノニウス・アスプレナス, クィントゥス・マルキウス・クリスプス 紀元前35年 セクストゥス・ポンペイウス, ルキウス・コルニフィキウスsuff. プブリウス・コルネリウス・ドラベッラ, ティトゥス・ペドゥカエウス 紀元前34年 マルクス・アントニウス II, ルキウス・スクリボニウス・リボsuff. ルキウス・センプロニウス・アトゥラティヌス, ルキウス・アエミリウス・レピドゥス・パウッルス, ガイウス・メンミウス, マルクス・ヘレンニウス・ピケンス 紀元前33年 アウグストゥス II, ルキウス・ウォルカキウス・トゥッルスsuff. ルキウス・アウトロニウス・パエトゥス, ルキウス・フラウィウス, ガイウス・フォンテイウス・カピト, マルクス・アキリウス・グラブリオ, ルキウス・ウィニキウス, クィントゥス・ラロニウス 紀元前32年 グナエウス・ドミティウス・アヘノバルブス, ガイウス・ソシウスsuff. ルキウス・コルネリウス・キンナ, マルクス・ウァレリウス・メッサッラ 紀元前31年 マルクス・アントニウス III, アウグストゥス IIIsuff. マルクス・ウァレリウス・メッサッラ・コルウィヌス, マルクス・ティティウス, グナエウス・ポンペイウス 紀元前30年 アウグストゥス IV, マルクス・リキニウス・クラッススsuff. ガイウス・アンティスティウス・ウェトゥス, 小キケロ, ルキウス・サエニウス(・バルビヌス?) 紀元前29年 アウグストゥス V, セクストゥス・アップレイウスsuff. マルクス・ウァレリウス・メッサッラ・ポティトゥス 紀元前28年 アウグストゥス VI, マルクス・ウィプサニウス・アグリッパ II 紀元前27年 アウグストゥス VII, マルクス・ウィプサニウス・アグリッパ 帝政開始帝政初期のローマ執政官については帝政ローマ初期執政官一覧参照帝政後期ローマ執政官については帝政ローマ後期執政官一覧参照

※この「紀元前1世紀」の解説は、「共和政ローマ執政官一覧」の解説の一部です。
「紀元前1世紀」を含む「共和政ローマ執政官一覧」の記事については、「共和政ローマ執政官一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「紀元前1世紀」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「紀元前1世紀」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「紀元前1世紀」の関連用語

紀元前1世紀のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



紀元前1世紀のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの紀元前1世紀 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの共和政ローマ監察官一覧 (改訂履歴)、ユダヤ史関連人物の一覧 (改訂履歴)、古代ローマの内戦と反乱の一覧 (改訂履歴)、共和政ローマ執政官一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS