龍とは? わかりやすく解説

たつ【竜】

読み方:たつ

「りゅう(竜)」に同じ。


りゅう【竜〔龍〕】

読み方:りゅう

常用漢字] [音]リュウ(呉) リョウ(漢) [訓]たつ

[一]リュウ

想像上の動物。たつ。「竜王竜宮竜頭蛇尾天竜登竜門

すぐれた人物英雄。「竜象竜攘虎搏(りゅうじょうこはく)/独眼竜

天子に関する物事冠する語。「竜顔

恐竜のこと。「剣竜翼竜雷竜

[二]リョウ

[一]12に同じ。「竜頭鷁首(りょうとうげきしゅ)/臥竜(がりょう)・亢竜(こうりょう)・潜竜屠竜(とりょう)・白竜飛竜画竜点睛(がりょうてんせい)」

[一]3に同じ。「竜駕(りょうが)」

[補説] 「リュウ」と「リョウ」の音は特定の語を除いて多く互用する。

[三]〈たつ〉「竜巻

名のり]かみ・きみ・しげみ・とおる・めぐむ

難読石竜子(とかげ)・土竜(もぐら)・竜胆(りんどう)


りゅう【竜】

読み方:りゅう

想像上の動物。体は大きなに似て、4本の足、2本の角、耳、ひげをもち、全身(うろこ)に覆われている多く水中にすみ、天に昇り起こして降らすという。中国では、(ほう)・亀(き)・麟(りん)とともに四瑞(しずい)として尊ばれる竜神竜王はこれを神格化したもの。たつ。

ドラゴン」に同じ。

将棋で、飛車成ったもの。成り飛車竜王

紋所の名。1図案化したもの

名詞の上に付いて複合語をつくる。

天子、または天子に関する物事の上に付けていう。「—顔」「—車」

㋑特に、すぐれているりっぱであるなどの意を表す。「—馬(め)」「—姿」

竜の画像
竜の紋所一つ天竜の丸」
竜の画像
竜の紋所一つ「竜の丸」

りょう【竜】

読み方:りょう

⇒りゅう


りょう【竜】

読み方:りょう

⇒りゅう(竜)


龍(りょう)

作者綱淵謙錠

収載図書
出版社中央公論社
刊行年月1988.3

収載図書
出版社中央公論社
刊行年月1995.1
シリーズ名中公文庫


作者芥川龍之介

収載図書芥川龍之介全集 3
出版社筑摩書房
刊行年月1986.12
シリーズ名ちくま文庫

収載図書芥川龍之介小説集 1 王朝小説
出版社岩波書店
刊行年月1987.6

収載図書芥川龍之介全集 第4巻 あの頃の自分の事 蜜柑
出版社岩波書店
刊行年月1996.2

収載図書ザ・龍之介芥川龍之介全一増補新版
出版社第三書館
刊行年月2000.7

収載図書芥川龍之介妖術伝奇集伝奇ノ匣 3
出版社学習研究社
刊行年月2002.7
シリーズ名学研M文庫

収載図書地獄変邪宗門好色藪の中 他七篇
出版社岩波書店
刊行年月2003.4
シリーズ名岩波文庫

収載図書大活字版 ザ・龍之介全小全一
出版社第三書館
刊行年月2006.7

収載図書芥川龍之介短篇集
出版社新潮社
刊行年月2007.6

収載図書王朝小説集
出版社ランダムハウス講談社
刊行年月2007.8
シリーズ名ランダムハウス講談社文庫

収載図書くもの糸杜子春芥川龍之介短編集 新装版
出版社講談社
刊行年月2007.11
シリーズ名講談社青い鳥文庫


作者菊池寛

収載図書今昔物語
出版社文芸春秋
刊行年月1988.10
シリーズ名文春文庫


作者綱淵謙錠

収載図書
出版社中央公論新社
刊行年月2001.9
シリーズ名Chuko on demand books


作者呉天

収載図書台湾純文学集 1
出版社緑蔭書房
刊行年月2002.11
シリーズ名日本統治台湾文学集成


作者井上雅彦

収載図書奇妙な幻獣辞典
出版社実業之日本社
刊行年月2002.12

収載図書夢魔幻獣辞典
出版社角川書店
刊行年月2007.3
シリーズ名角川ホラー文庫


作者ジャンバティスタ・バジーレ

収載図書ペンタメローネ五日物語
出版社筑摩書房
刊行年月2005.9
シリーズ名ちくま文庫


作者レイ・ブラッドベリ

収載図書ウは宇宙船のウ
出版社東京創元社
刊行年月2006.2
シリーズ名創元SF文庫


収載図書リレーメルヘン―敦賀水戸 5
出版社敦賀市図書館
刊行年月2008.3


読み方:リュウ(ryuu)

想像上の動物


読み方:そよん

  1. 馬-名馬ヲ龍馬ト称スル略。〔朝鮮人隠語

読み方:うよん

  1. 馬を云ふ。名馬竜馬称するより。

分類 朝鮮人


読み方:たつ

  1. 天窓ヨリ忍入ル盗賊。〔第二類 人物風俗
  2. 天窓破壊し忍入る窃盗のことを云ふ。
  3. 天窓破壊し忍入る窃盗のことをいう。

読み方:たつ

  1. いかのぼり(凧)をいふ九州他の方言。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方
たつ
たつざき
りゅう
りゅうざ
りょう
たき
たつ
よん
りゅう
りょう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/23 07:48 UTC 版)

(りゅう、りょう、たつ、)は、神話・伝説の生きもの。西洋のドラゴンとの違いについては当該項目参照。


  1. ^ 『大漢語林』 大修館書店
  2. ^ 『新明解漢和辞典 第四版』966頁、三省堂
  3. ^ Joseph Stromberg, 2012年, Where Did Dragons Come From?, スミソニアンマガジン英語版, スミソニアン博物館
  4. ^ 青木良輔 (2001), ワニと龍 - 恐竜になれなかった動物の話, 平凡社, ISBN 978-4582850918 


「竜」の続きの解説一覧

龍(ロン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/05 21:15 UTC 版)

人間倶楽部」の記事における「龍(ロン)」の解説

1952年生まれ四方忍秘書アメリカ特殊部隊所属していたが、脱走し忍の養祖父拾われたという過去を持つ。有能な秘書として、あるいは冷静なボディーガードとして、忍に付き従う守護神ともいうべき存在。その超人的な身体能力鋼鉄のごとき意志を持つ。忍の影となり、忍の母を捜す。

※この「龍(ロン)」の解説は、「人間倶楽部」の解説の一部です。
「龍(ロン)」を含む「人間倶楽部」の記事については、「人間倶楽部」の概要を参照ください。


龍(ロン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 11:42 UTC 版)

ミラキュラス レディバグ&シャノワール」の記事における「龍(ロン)」の解説

龍のレンリン。「気高く正し決意」を司る。風(気流)・水流)・雷撃)を操ることができ、8つ精霊の中で最も強大な力を持つが、復讐心などマイナスの心がある変身できない

※この「龍(ロン)」の解説は、「ミラキュラス レディバグ&シャノワール」の解説の一部です。
「龍(ロン)」を含む「ミラキュラス レディバグ&シャノワール」の記事については、「ミラキュラス レディバグ&シャノワール」の概要を参照ください。


龍(ロン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 15:41 UTC 版)

嘘喰い」の記事における「龍(ロン)」の解説

賭郎のA級掃除人能輪美年部下

※この「龍(ロン)」の解説は、「嘘喰い」の解説の一部です。
「龍(ロン)」を含む「嘘喰い」の記事については、「嘘喰い」の概要を参照ください。


龍(ロン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/27 01:35 UTC 版)

鋼-HAGANE-」の記事における「龍(ロン)」の解説

次男散切頭小男両端知恵の輪付いたワイヤー暗器として使う。また頭髪ニセモノで、防弾性のい鉄製のになっている

※この「龍(ロン)」の解説は、「鋼-HAGANE-」の解説の一部です。
「龍(ロン)」を含む「鋼-HAGANE-」の記事については、「鋼-HAGANE-」の概要を参照ください。


龍(Naga、りゅう)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/29 19:54 UTC 版)

八部衆」の記事における「龍(Naga、りゅう)」の解説

「竜」、「竜王」などと称される種族総称神格化したもので、水中棲み雨をもたらすとされるまた、釈尊誕生の際、灌水したのも竜王であった人面人形で冠上に龍形を表す。

※この「龍(Naga、りゅう)」の解説は、「八部衆」の解説の一部です。
「龍(Naga、りゅう)」を含む「八部衆」の記事については、「八部衆」の概要を参照ください。


龍(ロン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/01 19:20 UTC 版)

デスパイ」の記事における「龍(ロン)」の解説

中国人麻雀打ちドッグフェイサーとは付き合いがあるが、彼の座を狙ってもいる。特技拳法しながら麻雀打ち最後の勝負では、ドッグフェイサー催眠術かかったまま麻雀打ち続けた生死不明

※この「龍(ロン)」の解説は、「デスパイ」の解説の一部です。
「龍(ロン)」を含む「デスパイ」の記事については、「デスパイ」の概要を参照ください。


竜(テーミス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/06 07:59 UTC 版)

サンサーラ・ナーガ」の記事における「竜(テーミス)」の解説

竜のウンコ引き換えた卵から孵った竜。

※この「竜(テーミス)」の解説は、「サンサーラ・ナーガ」の解説の一部です。
「竜(テーミス)」を含む「サンサーラ・ナーガ」の記事については、「サンサーラ・ナーガ」の概要を参照ください。


竜(竜族、うつろわざるもの、ドラゴン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/17 15:17 UTC 版)

ブレス オブ ファイア」の記事における「竜(竜族、うつろわざるもの、ドラゴン)」の解説

シリーズを通して人知越えたもしくは神のような存在として描かれている。作品によって竜の解釈異なっており、シリーズを通して統一されたイメージ存在しない。各作品主人公となるリュウは竜への変身能力持ち変身することでキャラクター性能強化通常時とは異な強力な攻撃可能となる変身システム作品ごとに異なっている。

※この「竜(竜族、うつろわざるもの、ドラゴン)」の解説は、「ブレス オブ ファイア」の解説の一部です。
「竜(竜族、うつろわざるもの、ドラゴン)」を含む「ブレス オブ ファイア」の記事については、「ブレス オブ ファイア」の概要を参照ください。


竜(Dragon)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/27 21:11 UTC 版)

ベーオウルフの登場人物の一覧」の記事における「竜(Dragon)」の解説

ベーオウルフ王国荒らベーオウルフによって討伐されるが彼もまたこの戦い原因で死亡する

※この「竜(Dragon)」の解説は、「ベーオウルフの登場人物の一覧」の解説の一部です。
「竜(Dragon)」を含む「ベーオウルフの登場人物の一覧」の記事については、「ベーオウルフの登場人物の一覧」の概要を参照ください。


竜(ロン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 14:25 UTC 版)

中華料理」の記事における「竜(ロン)」の解説

じゃばら切り付け合わせに使うキュウリ大根ニンジン等に切り落とさないよう斜めに庖丁入れ、更に裏面から同じく包丁入れた後、塩水につけて拡がり良くする

※この「竜(ロン)」の解説は、「中華料理」の解説の一部です。
「竜(ロン)」を含む「中華料理」の記事については、「中華料理」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「龍」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 09:22 UTC 版)

発音(?)

名詞

  1. リュウ、たつ)中国伝来想像上の
  2. リュウ将棋で、飛車成ったもの。龍王の略。

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 00:31 UTC 版)

発音(?)

名詞

  1. たつリュウ中国伝来想像上の
  2. リュウ将棋で、飛車成ったもの。竜王の略。
  3. リュウ中日ドラゴンズ(wp)の略。

熟語




※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「龍」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「龍」に関係したコラム

  • CFDで取り扱う株式の一覧

    CFDで取り扱う株式には、日経平均株価(日経225)採用銘柄をはじめ、アメリカ合衆国、欧州圏、中国などの証券市場に上場している銘柄があります。CFDで取り扱われている株式はCFD業者によりさまざまで、...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



龍のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの竜 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの人間倶楽部 (改訂履歴)、ミラキュラス レディバグ&シャノワール (改訂履歴)、嘘喰い (改訂履歴)、鋼-HAGANE- (改訂履歴)、八部衆 (改訂履歴)、デスパイ (改訂履歴)、サンサーラ・ナーガ (改訂履歴)、ブレス オブ ファイア (改訂履歴)、ベーオウルフの登場人物の一覧 (改訂履歴)、中華料理 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)、 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS