龍之介とは? わかりやすく解説

龍之介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/04 23:12 UTC 版)

龍之介(りゅうのすけ、男性、1978年1月4日 - )は、日本シンガーソングライター千葉県出身[1]


  1. ^ a b c d e 龍之介 PROFILE”. 龍之介 OFFICIAL HOME PAGE. 2016年1月4日閲覧。
  2. ^ 龍之介の手記「眠れないからとりあえず手記を書いてみた。」”. livedoorBlog. 2016年1月5日閲覧。
  3. ^ 「THE EASY WALKERS × 龍之介「ミック VSキース派」語り尽くせローリング・ストーンズ」『ROCK JET』第57巻、シンコーミュージック・エンタテイメント、2014年7月31日、 122頁。
  4. ^ 『龍之介』SPECIAL INTERVIEW”. HOT EXPRESS. 2016年1月7日閲覧。
  5. ^ a b 龍之介ベスト盤『漂龍記』発売記念特設ページ”. 龍之介 OFFICIAL HOME PAGE. 2016年1月8日閲覧。
  6. ^ クラシカル・ミュージカル『眠らない音』製作発表&記念イベント”. シアターガイド. 2016年1月11日閲覧。
  7. ^ 龍之介の手記「MySpaceはじめました。」”. livedoorBlog. 2016年1月8日閲覧。


「龍之介」の続きの解説一覧

龍之介(りゅうのすけ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/06 10:11 UTC 版)

賢い犬リリエンタール」の記事における「龍之介(りゅうのすけ)」の解説

黒服の組織構成員エリート組所属

※この「龍之介(りゅうのすけ)」の解説は、「賢い犬リリエンタール」の解説の一部です。
「龍之介(りゅうのすけ)」を含む「賢い犬リリエンタール」の記事については、「賢い犬リリエンタール」の概要を参照ください。


龍之介(りゅうのすけ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/01 10:09 UTC 版)

+チック姉さん」の記事における「龍之介(りゅうのすけ)」の解説

しょーちゃん友人岡本家隣に住んでいる愛称は「龍君」。

※この「龍之介(りゅうのすけ)」の解説は、「+チック姉さん」の解説の一部です。
「龍之介(りゅうのすけ)」を含む「+チック姉さん」の記事については、「+チック姉さん」の概要を参照ください。


竜之介(りゅうのすけ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/06 07:50 UTC 版)

DAN DOH!!」の記事における「竜之介(りゅうのすけ)」の解説

ダンドー憧れて新庄からゴルフ教わったダンドーキャディ務める。

※この「竜之介(りゅうのすけ)」の解説は、「DAN DOH!!」の解説の一部です。
「竜之介(りゅうのすけ)」を含む「DAN DOH!!」の記事については、「DAN DOH!!」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「龍之介」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「龍之介」の関連用語

龍之介のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



龍之介のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの龍之介 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの賢い犬リリエンタール (改訂履歴)、+チック姉さん (改訂履歴)、DAN DOH!! (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS