荒れとは?

あれ【荒れ】

あれること。荒廃。「壁の荒れが目だつ

風雨激しく天候穏やかでないこと。また、物事激しく変動すること。「荒れ模様

皮膚があらくなること。「手の荒れ」


あれ【荒】

〔名〕 (動詞「あれる(荒)」の連用形名詞化

土地建物などがいたむこと。荒廃また、荒地のこと。

東寺百合文書‐に・永享八年(1436)一一月一〇日・丹波大山荘一井谷百姓申状西田井事、是又皆荒にて、御下地に主もなく候間

勢いはげしく動きまわること。あばれること。

俳諧・ひさご(1690)「のみに行(ゆく)居酒(ゐざけ)の荒(あれ)の一(さわぎ)〈乙州〉 古きばくちののこる鎌倉野径〉」

別れ霜(1892)〈樋口一葉〉一四「鼠の荒(ア)れにも耳そばだてつ」

天候おだやかでないこと。あらし。暴風雨

蔭凉軒日録文明一九年(1487)二月一一日「早旦暴雨迅雷、実今日初午之荒也」

魔風恋風(1903)〈小杉天外〉後「おやおや此の風雨(アレ)にまア、何処へお出ででしたい?」

皮膚脂肪欠乏してきめのあらくなること。

故旧忘れ得べき(1935‐36)〈高見順〉八「皮膚の荒れや弛み

(5) 書画の幅物、巻物などの絹張り紙面汚れ損じていること。

(6) 試合中、勝敗形勢変化がはげしいこと。

(7) 歌舞伎で、荒れ場演技英雄豪傑鬼神などが怒り荒れ狂う所作をいう。

滑稽本古朽木(1780)一「四ノ口の荒(アレ)の場がどうしてかうしてと」

(8) 相場などがはげしく規則変動すること。

家族会議(1935)〈横光利一〉「昨日の荒で痛手を受けた東京方の、追証の払へるのを待って


さびれ【寂・荒】

〔名〕 (動詞さびれる(寂)」の連用形名詞化衰えること。荒れはてること。荒廃衰微

滑稽本古朽木(1780)三「町のさびれに成さうなこと故」


荒れ

読み方:あれ

ラ行下一段活用動詞「荒れる」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの


荒れ

読み方:あれ、あばれ

【文語】ラ行下二段活用動詞荒る」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

荒れ

読み方:あれ

  1. 逆艪』の樋口次郎のやうに大童(おほわらは)に髪を振りさばいた鬘(かつら)。〔歌舞伎
  2. 髪を振りさばいた鬘。逆櫓樋口次郎等に用ひ、剣劇の方では、大乱闘揚句になる髪の形に用ふ

分類 歌舞伎演劇

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「荒れ」に関係したコラム

  • 株式相場のアノマリー

    株式相場のアノマリーとは、日本の経済や景気、企業の業績などとは関係なく起きる、理屈の上では説明のつかない株価の変動のことです。次は株式相場のアノマリーの一例です。▼1月の株高正月休みを終えて再び機関投...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「荒れ」の関連用語

荒れのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



荒れの意味のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS