ポートフォリオとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 経済 > 資産 > ポートフォリオ > ポートフォリオの意味・解説 

ポートフォリオ

別表記:ポートフォーリオ
英語:portfolio

ポートフォリオとは、書類入れ書類カバン、および、そのような書類入れ収納され書類のことである。金融用語としては、有価証券をはじめとする諸々の金融資産全容を指す語として用いられる

ポートフォリオは、基本的には、書類持ち運び適した構造平たカバンのことであり、複数書類まとめて持ち運べ簡単に出し入れできる入れ物を指す語である。プラスチック製簡易なケースを指すこともあれば、比較重厚なカバンを指すこともある。ポートフォーリオ大きさ書類の(用紙の)サイズ応じた種類がある。ビジネス上の書類に多いA4A3サイズ書類適したポートフォーリオもあれば、ポスター等に多いA2サイズポートフォーリオもある。

金融分野では、ポートフォリオは自身保有する有価証券類を総称する語として用いられる株式債券外貨預金不動産なども含み株式銘柄といった詳細な部分念頭に置かれている。

ポートフォリオ

英語:Portfolio

ポートフォリオとは、ポートフォリオの意味

ポートフォリオとは、本来、図面地図など綴じられていないペーパーひとまとめにして入れケースのこと。そこから転じてさまざまな業種使われている用語でもある一般的によく見聞きするものとしては金融投資用語としてのポートフォリオである。その他で割合多く用いられるのはクリエイティブ用語としてである。また、教育用語としてもよく使われるようになってきている。

ポートフォリオの語源

英語の Portfolio は、イタリア語の Portafoglio を語源としている。Portポータブルなどとおなじ接頭語で「可搬性の」と言う意味である。folio二つ折りの、と言う意味だがイタリア語foglio では一枚シート意味する個々のペーパーそれぞれ個別に意味のあるものだが、まとめ方変えるだけで別の意味を持つようになるのがポートフォリオと考えればいだろう

金融投資用語におけるポートフォリオ

金融投資用語におけるポートフォリオは、「金融商品組み合わせ」を意味する言葉である。株式投資信託と言った商品分類だけでなく、具体的にどのような銘柄を示すのかという情報をすべて含んだものだ。ポートフォリオは投資の具体的な内容把握するために必須のものではあるが、投資計画立て際にはポートフォリオから入ることはしない。まずアセットロケーションと呼ばれる運用目的や期間に応じた概要計画するその上で、ポートフォリオを組み立てて投資実行するその後個々の投資評価してポートフォリオの内容組み換え最適な投資役立てる

常にポートフォリオの内容が、アセットロケーションの目指してた方に合致しているかどうかチェックすることが重要となる。ネット上でポートフォリオをリアルタイムで検証できるようなツール証券会社などによって提供されているので、それを活用して投資活動を行うのが一般的と言える

クリエイティブ用語におけるポートフォリオ

クリエイティブ用語におけるポートフォリオとは、実績アピールするために使われるものである例えイラストレーターだったら自分の作品一部営業ツールとして持ち歩けば、それがポートフォリオになる。その際営業先の業種に合わせて組み立て変更できるように、できるだけ多くのジャンルから1枚数枚ずつを準備しておくのが好ましい。写真家でも、営業先の求め可能性が高い方向性に合致させる作品を、データではなくペーパー準備するとよい。もちろん、営業先の業種だけを重視するではなく自分が最も得意とするジャンル代表作表紙代わりに入れると効果的だ

ポートフォリオの組み立て方に決まったルールはない。自分の仕事によっては立体物含めることも可能である。しかし、重要なのは営業先が短時間で全体像把握できるような組み立てを行うことそのものが、構成力をアピールするポートフォリオの一部になる考えておくことが大切である

教育用語におけるポートフォリオ

教育用語におけるポートフォリオとは、「成果物ファイル」と考えるとわかりやすい学生生徒一人ひとり専用ファイルケース準備しておき、提出されレポート試験答案用紙活動記録評価データなどを入れれば、それがポートフォリオになる。それを学生生徒に対する評価用いることで公平で確実な評価が行えるという性質ものである最終的に提出物などは各個人に返却することが原則になるだろうから、評価後はそのデータ別のメディア記録して保存することが求められる客観的な成績数値データだけでは後日情報として弱いと考えるなら、写真動画活用して保存用のデータ作っておくことが好ましい。

こうした評価方法ベースになる保存方法はパーソナルポートフォリオと呼ばれ管理者が「評価方法に対する評価」を行う際に利便性の高いものとされている

ポートフォリオ


ポートフォリオ


ポートフォリオ(ぽーとふぉりお)

英字portfolio
解説投資家有価証券類の内訳または資産内訳のことを指しますまた、商品ファンドの場合は投資家資産運用構成指し、「ファンドのポートフォリオ」という場合商品ファンド先物運用部分構成内容となります。つまり、債券株式預貯金外国為替貴金属穀物など数ある商品どのように資金分散して、いかに優れたポートフォリオにするかが、運用利回り上の決め手となります

portfolio(ポートフォリオ)

参照:ポートフォリオ 一般用語

ポートフォリオ【Portfolio】

投資リスク分散するために、別々の入れ物数種類資産分散させて入れること。投資運用をするポートフォリオ・マネジャーは、適時資産入れ替えをして最高の投資パフォーマンスを目指している。

ポートフォリオ

読み方ぽーとふぉりお
【英】:portfolio

投資対象である資産(特に有価証券などの金融資産)の組合せをポートフォリオという. 投資家はある特定の資産売ったり買ったりすることによって, 自己のポートフォリオを管理する. もともと領主財産目録紙ばさみの型で挟んだことに由来する言葉である. 今日では, 金融資産組合せばかりでなく, 製品(商品)や人材組合せを表すのにポートフォリオの言葉用いことがある.


ポートフォリオ portfolio

全体 ★☆☆☆ 60歳以上 ★☆☆☆

凡例

  1. 資産構成
  2. 作品集
  1. 保有銘柄運用成績現金残高などを示したポートフォリオ資産構成画面上確認でき
  2. 写真家二十四人の作品集めポートフォリオ作品集販売して
意味説明
  1. 投資配分してできた資産の,組合せまた,その投資の配分
  2. 図画文章などの作品集めたもの

1. 投資配分


ポートフォリオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/26 03:40 UTC 版)

ポートフォリオ(Portfolio)とは、英語では、書類を運ぶ平らなケースを意味する。紙入れ、札入れを意味する イタリア語: portafoglio に語源を持つ[1]かばんや書類ケース、ファイルフォルダがそれにあたる。さらに、その集められた資料や情報そのもの全体を意味する場合もある。




「ポートフォリオ」の続きの解説一覧

ポートフォリオ

出典:『Wiktionary』 (2008/08/11 04:07 UTC 版)

名詞

  1. 書類入れ
  2. 金融資産集合

語源

英語:portfolio


「ポートフォリオ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ポートフォリオと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「ポートフォリオ」に関係したコラム

  • 株式分析のベータ値とは

    株式分析のベータ値(β値)とは、株価指数と個別銘柄との連動する割合を数値に表したテクニカル指標のことです。株価指数は、TOPIXや日経平均株価(日経225)などを用いることが多いようです。ベータ値の求...

  • FXのドローダウンとは

    FX(外国為替証拠金取引)のドローダウン(drawdown)とは、口座残高の目減り率のことです。預託証拠金額が10万円から9万円に減少したら10%のドローダウンになります。ドローダウンは、リスク管理の...

  • 株式のディフェンシブ株の売買のエントリーポイントは

    株式のディフェンシブ株とは、株式相場全体が弱含みで推移している時に値上がりする銘柄、あるいは、大きな値下がりをしない銘柄のことです。ディフェンシブ銘柄ともいいます。ディフェンシブ株には、食品株、薬品株...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ポートフォリオのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ポートフォリオのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
マネーパートナーズマネーパートナーズ
Copyright © 2022MONEY PARTNERS CO,LTD All rights reserved.
ダウ・ジョーンズダウ・ジョーンズ
Copyright © 2022 Dow Jones & Company, Inc. All Rights Reserved.
投信資料館投信資料館
Copyright(C) 2022 Tokyo Investor Network Limited. All rights reserved.
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2022 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集
三幸エステート三幸エステート
Copyright 2022 Sanko-estate,All Rights Reserved.
アヴィスアヴィス
Copyright(C)Avice,Inc. All Rights Reserved.
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2022 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.
横浜美術学院横浜美術学院
Copyright © 2022 横浜美術学院 AllRights Reserved.
独立行政法人国立国語研究所独立行政法人国立国語研究所
(c)2022 The National Institute for Japanese Language
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのポートフォリオ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのポートフォリオ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS