ポートフォリオとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 経済 > 資産 > ポートフォリオ > ポートフォリオの意味・解説 

ポートフォリオ

別表記:ポートフォーリオ
英語:portfolio

ポートフォリオとは、書類入れ、書類カバン、および、そのような書類入れに収納された書類のことである。金融用語としては、有価証券はじめとする諸々金融資産全容を指す語として用いられる。

ポートフォリオは、基本的には、書類持ち運び適した構造の平たいカバンのことであり、複数書類まとめて持ち運べて簡単に出し入れできる入れ物を指す語である。プラスチック製の簡易ケースを指すこともあれば、比較重厚カバンを指すこともある。ポートフォーリオ大きさ書類の(用紙の)サイズに応じた種類がある。ビジネス上の書類に多いA4A3サイズ書類適したポートフォーリオもあれば、ポスター等に多いA2サイズポートフォーリオもある。

金融分野では、ポートフォリオは自身保有する有価証券類を総称する語として用いられる。株式債券外貨預金不動産なども含み株式銘柄といった詳細部分念頭にかれている

ポートフォリオ

英語:Portfolio

ポートフォリオとは、ポートフォリオの意味

ポートフォリオとは、本来、図面地図など綴じられていないペーパーひとまとめにして入れるケースのこと。そこから転じてさまざまな業種で使われている用語でもある。一般的によく見聞きするものとしては金融投資用語としてのポートフォリオである。その他で割合多く用いられるのはクリエイティブ用語としてである。また、教育用語としてもよく使われるようになってきている。

ポートフォリオの語源

英語の Portfolio は、イタリア語の Portafoglio を語源としている。Portポータブルなどとおなじ接頭語で「可搬性の」と言う意味である。folio二つ折りの、と言う意味だがイタリア語foglio では一枚シートを意味する。個々ペーパーそれぞれ個別に意味のあるものだが、まとめ方を変えるだけで別の意味を持つようになるのがポートフォリオと考えればいいだろう。

金融投資用語におけるポートフォリオ

金融投資用語におけるポートフォリオは、「金融商品組み合わせ」を意味する言葉である。株式投資信託と言った商品分類だけでなく、具体的にどのような銘柄を示すのかという情報をすべて含んだものだ。ポートフォリオは投資具体的な内容把握するために必須のものではあるが、投資計画立てる際にはポートフォリオから入ることはしない。まずアセットロケーションと呼ばれる運用目的や期間に応じた概要計画する。その上で、ポートフォリオを組み立て投資実行する。その後個々投資評価してポートフォリオの内容組み換え最適投資役立てる

常にポートフォリオの内容が、アセットロケーションの目指していた方向合致しているかどうかチェックすることが重要となる。ネット上でポートフォリオをリアルタイム検証できるようなツール証券会社などによって提供されているので、それを活用して投資活動を行うのが一般的と言える

クリエイティブ用語におけるポートフォリオ

クリエイティブ用語におけるポートフォリオとは、実績アピールするために使われるものである例えイラストレーターだったら自分作品一部営業ツールとして持ち歩けば、それがポートフォリオになる。その際営業先の業種合わせて組み立て変更できるように、できるだけ多くジャンルから1~数ずつを準備しておくのが好ましい。写真家でも、営業先の求め可能性が高い方向性合致させる作品を、データではなくペーパー準備するとよい。もちろん、営業先の業種だけを重視するのではなく自分が最も得意とするジャンル代表作表紙代わりに入れると効果的だ。

ポートフォリオの組み立て方に決まったルールはない。自分仕事によっては立体物を含めることも可能である。しかし、重要なのは営業先が短時間全体像把握できるような組み立てを行うことそのものが、構成力をアピールするポートフォリオの一部になると考えておくことが大切である。

教育用語におけるポートフォリオ

教育用語におけるポートフォリオとは、「成果物ファイル」と考えるとわかりやすい学生生徒一人ひとりに専用ファイルケース準備しておき、提出されたレポート試験答案用紙活動記録評価データなどを入れれば、それがポートフォリオになる。それを学生生徒対す評価に用いることで公平で確実な評価が行えるという性質のものである最終的提出物などは各個人に返却することが原則になるだろうから、評価後はそのデータ別のメディア記録して保存することが求められる客観的成績数値データだけでは後日情報として弱いと考えるなら、写真動画活用して保存用のデータを作っておくことが好ましい。

こうした評価方法ベースになる保存方法はパーソナルポートフォリオと呼ばれ、管理者が「評価方法対す評価」を行う際にも利便性の高いものとされている。

ポートフォリオ

 保有資産構成内容。ポートフォリオは分散投資前提にしており、株式債券外貨建て金融商品など異な投資対象組み合わせによって、リスク最小化リターン最大化両立をめざす。ポートフォリオの決定には、さまざまな理論があり、これらポートフォリオ選択理論に基づいた資産配分比率決定なされる

ポートフォリオ〈ポートフォリオ選択理論〉

保有資産構成内容
本来は紙ばさみの意味ですが、海外ではこれらの紙ばさみ自分資産内容示しペーパーをはさんで持ち歩いたことから、保有資産構成内容を「ポートフォリオ」と称します。ポートフォリオは分散投資前提にしており、株式債券外貨建て金融商品など異な投資対象組み合わせによって、リスク最小化リターン最大化両立をめざします。また、投資家自身年齢年収ライフプランなどを考慮に入れたうえで、ハイリスク・ハイリターン型の金融商品の組入比率高めたり逆にローリスク・ローリターン型の金融商品の組入比率高めるなどの調整行い個々人最適なポートフォリオ比率決定します。ポートフォリオの決定には、さまざまな理論があり、これらポートフォリオ選択理論に基づいた資産配分比率決定なされます

ポートフォリオ

元々は「紙ばさみ」のことですが、資産運用にあっては資産全体どのような運用対象商品組み合わせによって構成されているかを示す。 

ポートフォリオ(ぽーとふぉりお)

英字portfolio
解説投資家有価証券類の内訳または資産内訳のことを指します。また、商品ファンド場合投資家資産運用構成指し、「ファンドのポートフォリオ」という場合商品ファンド先物運用部分構成内容となります。つまり、債券株式預貯金外国為替貴金属穀物など数ある商品どのように資金分散して、いかに優れたポートフォリオにするかが、運用利回り上の決め手となります。

portfolio(ポートフォリオ)

参照:ポートフォリオ 一般用語

ポートフォリオ【Portfolio】

投資リスク分散するために、別々の入れ物に数種類資産分散させて入れること。投資運用をするポートフォリオ・マネジャーは、適時資産入れ替えをして最高の投資パフォーマンス目指している。

ポートフォリオ

【英】:Portfolio

一般には、評価対象活動及びその活動業績対す自己省察などの記述一定の期間にわたり収集蓄積した記録業績裏付けるもの。記録をとり、評価をすることにより改善情報共有などに活用される。高等教育における活用具体的な例として、学生自身学修過程各種学修成果収集記録するための学修ポートフォリオ、教員が自らの授業指導といった教育面についての業績努力記録するティーチング・ポートフォリオ、教育面に加えて研究サービス活動という教員個人業績自己省察しながら記録するアカデミック・ポートフォリオなどがあげられる。

Generally, a record, gathered and accumulated over a certain period, describing evaluated activities, and self-reflections on those activities and related achievements. A portfolio of records and evaluations can be used to back up claims of achievements, as well as to make improvements at the next stage and for sharing information. Specific examples of use in higher education include: learning portfolios that gather and record students’ learning processes and various learning outcomes; teaching portfolios that record faculties’ achievements and efforts in teaching, including the classes they taught and the supervision they provided; and academic portfolios that record a faculty’s individual achievements such as research and service activities in addition to teaching, filtered through self-reflection.

ポートフォリオ

「ポートフォリオ」とは元々は投資家保有する有価証券一括り捉えたものを指しリスクとリターン判断する目的利用していた。現在では金融商品限らずリスクの伴う様々なものに関してリスク分散目的に使われる概念となっており、技術人材プロジェクト製品などあらゆるものに対して「ポートフォリオ」が用いられている。有名なものとして、PPMProduct Portfolio Management)が挙げられる。

ポートフォリオ

読み方ぽーとふぉりお
【英】:portfolio

投資対象である資産(特に有価証券などの金融資産)の組合せをポートフォリオという. 投資家はある特定の資産を売ったり買ったりすることによって, 自己のポートフォリオを管理する. もともと領主財産目録紙ばさみの型で挟んだことに由来する言葉である. 今日では, 金融資産組合せばかりでなく, 製品(商品)や人材組合せを表すのにポートフォリオの言葉を用いることがある.


ポートフォリオ

紙挟み折りカバンの意味で、本来は投資信託金融機関など機関投資家所有有価証券の一覧のこと。転じて資料まとめて一覧できるように整理したものを指すようになった美術大学入学試験も、最近自己推薦形式試験が増えてきたこともあって、提出する作品資料やその他の資料をまとめたものを、こう呼ぶこともあるようだ。

ポートフォリオ portfolio

全体 ★☆☆☆ 60歳以上 ★☆☆☆

凡例

  1. 資産構成
  2. 作品集
  1. 保有銘柄運用成績現金残高などを示しポートフォリオ資産構成画面上で確認でき
  2. 写真家二十四人作品集めポートフォリオ作品集販売して
意味説明
  1. 投資配分してできた資産の,組合せ。また,その投資配分
  2. 図画文章などの作品集めたもの
その他の言い換え語例

1. 投資配分


ポートフォリオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/26 03:40 UTC 版)

ポートフォリオ(Portfolio)とは、英語では、書類を運ぶ平らなケースを意味する。紙入れ、札入れを意味する イタリア語: portafoglio に語源を持つ[1]かばんや書類ケース、ファイルフォルダがそれにあたる。さらに、その集められた資料や情報そのもの全体を意味する場合もある。




「ポートフォリオ」の続きの解説一覧

ポートフォリオ

出典:『Wiktionary』 (2008/08/11 04:07 UTC 版)

名詞

  1. 書類入れ。
  2. 金融資産集合

語源

英語:portfolio




ポートフォリオと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「ポートフォリオ」に関係したコラム

  • 株式分析のベータ値とは

    株式分析のベータ値(β値)とは、株価指数と個別銘柄との連動する割合を数値に表したテクニカル指標のことです。株価指数は、TOPIXや日経平均株価(日経225)などを用いることが多いようです。ベータ値の求...

  • FXのドローダウンとは

    FX(外国為替証拠金取引)のドローダウン(drawdown)とは、口座残高の目減り率のことです。預託証拠金額が10万円から9万円に減少したら10%のドローダウンになります。ドローダウンは、リスク管理の...

  • 株式のディフェンシブ株の売買のエントリーポイントは

    株式のディフェンシブ株とは、株式相場全体が弱含みで推移している時に値上がりする銘柄、あるいは、大きな値下がりをしない銘柄のことです。ディフェンシブ銘柄ともいいます。ディフェンシブ株には、食品株、薬品株...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ポートフォリオ」の関連用語

ポートフォリオのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ポートフォリオのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
マネーパートナーズマネーパートナーズ
Copyright © 2020MONEY PARTNERS CO,LTD All rights reserved.
ダウ・ジョーンズダウ・ジョーンズ
Copyright © 2020 Dow Jones & Company, Inc. All Rights Reserved.
投信資料館投信資料館
Copyright(C) 2020 Tokyo Investor Network Limited. All rights reserved.
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2020 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集
三幸エステート三幸エステート
Copyright 2020 Sanko-estate,All Rights Reserved.
大学改革支援・学位授与機構大学改革支援・学位授与機構
Copyright National Institution for Academic Degrees and Quality Enhancement of Higher Education. All Rights Reserved.
アヴィスアヴィス
Copyright(C)Avice,Inc. All Rights Reserved.
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2020 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.
横浜美術学院横浜美術学院
Copyright © 2020 横浜美術学院 AllRights Reserved.
独立行政法人国立国語研究所独立行政法人国立国語研究所
(c)2020 The National Institute for Japanese Language
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのポートフォリオ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのポートフォリオ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS