最大化とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 最大化の意味・解説 

最大化

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

最大化

読み方さいだいか
【英】maximize

最大化とは、パソコン操作においては表示させているウィンドウ縦横幅を画面全体に広げる操作のことである。

ウィンドウを最大化することで、一つアプリケーション画面全体で見渡し操作することができる。余分なスクロールなどの必要を減らし作業効率化を図ることができる。

ウインドウを最大化すると、タスクバー隠れないが、デスクトップ完全に隠れる。また、最大化されたウィンドウがカレントウィンドウの状態であれば、他のウィンドウ背後隠れる。複数ウィンドウ同時に見ながら作業する場合には、タイル表示カスケード表示などが用いられる

Windowsでは、ウィンドウ右上手に最大化ボタン用意されており、クリックによってウィンドウの最大化ができる。すでに最大化されている場合最大化ボタンは「元に戻す縮小)」ボタン切り替わる。その他、タイトルバーの上ダブルクリックする、Altキー押しながスペースキー押し、[X]キーを押す、タスクバー上の当該アプリケーションマウスカーソル載せて右クリックする、などの操作によっても、最大化の操作を行うことが可能である

最大化に似た操作フルスクリーン表示がある。最大化はタイトルバーメニューバーといった操作部分を画面含めて表示するに対してフルスクリーン表示の場合はメニューバーなどの操作部分を省いて純粋にコンテンツ部分のみを画面いっぱいに表示する点が異なる。また、最大化に対して画面からウィンドウを隠す機能は、最小化呼ばれる

UIのほかの用語一覧
ウィンドウシステム:  リピート  SDI  最小化  最大化  全画面表示  ステータスバー  タイトルバー

「最大化」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

最大化のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



最大化のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ最大化の記事を利用しております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS