なされるとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > なされるの意味・解説 

なさ・れる【為される】

[動ラ下一][文]なさ・る[ラ下二

「なさる1」に同じ。「そんなにあわててどう—・れたのですか」

「なさる2」に同じ。「どうぞお召しあがり—・れませ」


なさ‐・れる【為】

〔他ラ下一〕 [文]なさ・る 〔他ラ下二〕 (動詞「なす(為)」に尊敬助動詞「れる(る)」の付いてできたもの)

[一] 「する」の尊敬語

後撰(951‐953頃)雑二・一一八三「ならの葉はもりの神のましけるをしらでぞをりしたたりなさるな〈藤原仲平〉」

浄瑠璃生玉心中(1715か)中「お前の心が不定で外を家になさるるゆへ親仁様の御苦労

[二] 補助動詞として用いる。動詞連用形、または「ご・お」を冠した動作性の語に付く。

御伽草子猿源氏草紙室町末)「こうぢぶっそうに候あひだ、まづまづ御かへりなされ」

*虎明本狂言鶏聟室町末‐近世初)「色々のじぎを御ぞんじなされう程に、ならひまらせうとぞんじて」

[語誌](1)ロドリゲス日本大文典」によれば、「お…なさるる」は話しことばで最高の敬意を示すものであったという。
(2)文書では「被成と書かれ、中世末には、補助動詞の類に入れてよいものがみられる。「去元久二年六月、可善信沙汰之由、被御下知畢」〔高野山文書嘉禎元年一〇月二五日関東御教書〕など。
(3)近世初期の上方語には、下二段活用のほかに四段活用例も現われる近世後期江戸語では、四段活用の方が普通である。→なさる


なされる

サ行五段活用動詞「なす」の未然形である「なさ」に、受身尊敬自発可能の助動詞「れる」が付いた形。


生される、為される、成される

読み方:なされる

サ行五段活用動詞生す」「為す」「成す」の未然形である「生さ」「為さ」「成さ」に、受身尊敬自発可能の助動詞「れる」が付いた形。

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「なされる」の関連用語

なされるのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



なされるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS