天災とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 災害 > 天災の意味・解説 

てん‐さい【天災】

読み方:てんさい

地震台風洪水など自然現象によってもたらされる災難。「—に見舞われる」⇔人災


天災

作者リディア・デイヴィス

収載図書ほとんど記憶のない女
出版社白水社
刊行年月2005.11


天災

読み方:てんさい

  1. 骨子使用賭博一種。〔第三類 犯罪行為
  2. てんさいばくちの略。黒白に色どれる四面体の采数個をふり黒白の数の多寡にて勝負決するをいふ。
  3. 賭博一種にして、釆を五つ使用するものを云ふ。
  4. 天災賭博の略。黒白の賽数箇を振つて勝負決するもの。
  5. 賭博一種で、サイコロ五つ用いて賭親と賭客が勝負するサイコロ三面白、三面黒にして、丁半同じよう方法でする。〔一般犯罪
  6. 賭博一種三面が白、他の三面が黒の五コのサイコロ使用して丁半同様に勝負を争う。天賽と書きサイコロの白い面が天で黒い面が地のところから斯くいう。〔博〕
  7. 采賭博一種で、采を五つ使用するものサイコロ三面白、三面黒にして丁半同じよう方法でする。

分類 博/犯罪犯罪

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

自然災害

(天災 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/05 06:35 UTC 版)

自然災害(しぜんさいがい、: natural disaster)とは、危機的な自然現象(natural hazard, 例えば火山噴火地震地すべりなど)によって、人の命や人間の社会的活動に被害が生じる現象を言う。


  1. ^ 社会格差と自然災害による人的被害 -インド洋大津波によるタイにおける被害を中心に- ,中須 正, 防災科学技術研究所研究報告 第69号 2006年8月 (PDF)
  2. ^ B. Wisner, P. Blaikie, T. Cannon, and I. Davis (2004). At Risk - Natural hazards, people's vulnerability and disasters. Wiltshire: Routledge. ISBN 0-415-25216-4 
  3. ^ G. Bankoff, G. Frerks, D. Hilhorst (eds.) (2003). Mapping Vulnerability: Disasters, Development and People. ISBN 1-85383-964-7 
  4. ^ http://www.unesco.org/science/disaster/about_disaster.shtml より引用
  5. ^ D. Alexander (2002). Principles of Emergency planning and Management. Harpended: Terra publishing. ISBN 1-903544-10-6 
  6. ^ アマルティア・セン『貧困の克服』 pp.112-114 集英社、2002年
  7. ^ https://www.afpbb.com/articles/-/2718762 「アイスランドの噴火で欧州の空に混乱、英国では全飛行を禁止」AFPBB 2010年04月15日 2020年3月12日閲覧
  8. ^ https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/031400115/?P=1 「古代の超巨大噴火、人類はこうして生き延びた」ナショナルジオグラフィック 2018.03.14 2020年3月28日閲覧
  9. ^ 「基礎地球科学 第2版」p186 西村祐二郞編著 朝倉書店 2010年11月30日第2版第1刷
  10. ^ 「基礎地球科学 第2版」p185 西村祐二郞編著 朝倉書店 2010年11月30日第2版第1刷
  11. ^ 「基礎地球科学 第2版」p187 西村祐二郞編著 朝倉書店 2010年11月30日第2版第1刷
  12. ^ 「基礎地球科学 第2版」p194-196 西村祐二郞編著 朝倉書店 2010年11月30日第2版第1刷
  13. ^ https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1902Z_Z10C11A4CC1000/ 「東日本大震災の死者、ほぼ津波が原因 60歳以上が65%」日本経済新聞 2011/4/19 2020年3月12日閲覧
  14. ^ a b http://jssspn.jp/info/nuclear/post-23.html 「津波関連情報(1):津波・高潮による塩害(1)」日本土壌肥料学会 2020年3月28日閲覧
  15. ^ 「基礎地球科学 第2版」p199-200 西村祐二郞編著 朝倉書店 2010年11月30日第2版第1刷
  16. ^ https://web.archive.org/web/20150710102742/https://www.nhk.or.jp/sonae/column/20120911.html 「第3回  天然ダムの危険性と対策」(NHKそなえる防災)池谷浩 2012年9月24日 2020年3月23日閲覧
  17. ^ https://www.jst.go.jp/global/case/disaster_prevention_2.html 「湖で静かに成長する災害の種~二酸化炭素が引き起こす災害から人命を守れ!」国立研究開発法人 科学技術振興機構 2020年3月23日閲覧
  18. ^ 「海の気象がよくわかる本」p172-173 森朗 枻出版社 2012年3月30日第一版第一刷
  19. ^ 「海の気象がよくわかる本」p212-213 森朗 枻出版社 2012年3月30日第一版第一刷
  20. ^ 「海の気象がよくわかる本」p210-211 森朗 枻出版社 2012年3月30日第一版第一刷
  21. ^ 「図解 異常気象のしくみと自然災害対策術」p64 ゲリー・マッコール著 内藤典子訳 原書房 2019年7月31日第1刷
  22. ^ 「図解 異常気象のしくみと自然災害対策術」p89 ゲリー・マッコール著 内藤典子訳 原書房 2019年7月31日第1刷
  23. ^ https://www.kodomonokagaku.com/hatena/?989d10945af54bad03babf0b28945a40 「高波、津波、高潮はどう違う?」子供の科学 誠文堂新光社 2020年3月27日閲覧
  24. ^ https://www.mlit.go.jp/river/kaigan/main/kaigandukuri/takashiobousai/02/index.html 「高潮は恐ろしいの?」日本国国土交通省 2020年3月23日閲覧
  25. ^ 「海の気象がよくわかる本」p204-205 森朗 枻出版社 2012年3月30日第一版第一刷
  26. ^ https://www.bousai.go.jp/kohou/kouhoubousai/h27/81/special_01.html 「特集 大雪への備え~雪害では、どのような災害が起こるのか」(平成27年度 広報誌「ぼうさい」冬号(第81号))日本国内閣府 2020年3月23日閲覧
  27. ^ 「図解 異常気象のしくみと自然災害対策術」p61 ゲリー・マッコール著 内藤典子訳 原書房 2019年7月31日第1刷
  28. ^ https://dil.bosai.go.jp/workshop/01kouza_kiso/13kaze.html 「防災基礎講座 基礎知識編:13.強風・たつ巻・降雹」防災科学技術研究所 2020年3月24日閲覧
  29. ^ a b https://dil.bosai.go.jp/workshop/01kouza_kiso/14reigai.html 「防災基礎講座 基礎知識編:14.冷害」防災科学技術研究所 2020年3月24日閲覧
  30. ^ https://www.rinya.maff.go.jp/j/hogo/yamakaji/con_1.htm 「日本では山火事はどの位発生しているの?」日本国林野庁 令和2年2月21日 2020年3月28日閲覧
  31. ^ https://news.yahoo.co.jp/expert/articles/9738c27f65926d103523eb516efb6dd5d21932c3 「30年ぶりの大雨ですべての山火事が収束へ オーストラリア」森さやか ヤフーニュース 2020年2月11日 2020年3月28日閲覧
  32. ^ 『アフリカを知る事典』、平凡社、ISBN 4-582-12623-5 1989年2月6日 初版第1刷 p.333
  33. ^ https://news.yahoo.co.jp/expert/articles/9746554094a093f36dd844b0050861ab4104c5ae 「恐竜絶滅を引き起こした「隕石の冬」と「火山の冬」」巽好幸 ヤフーニュース 2020年1月29日 2020年3月19日閲覧
  34. ^ 「トコトンやさしいエネルギーの本 第2版」(今日からモノ知りシリーズ)p142 山﨑耕造 日刊工業新聞社 2016年4月25日第2版第1刷
  35. ^ 「流系の科学 山・川・海を貫く水の振る舞い」p109 宇野木早苗 築地書館 2010年9月10日初版発行
  36. ^ 「基礎地球科学 第2版」p200 西村祐二郞編著 朝倉書店 2010年11月30日第2版第1刷
  37. ^ 「せまりくる「天災」とどう向き合うか」p152-153 鎌田浩毅監修・著 ミネルヴァ書房 2015年12月15日初版第1刷
  38. ^ 「せまりくる「天災」とどう向き合うか」p96 鎌田浩毅監修・著 ミネルヴァ書房 2015年12月15日初版第1刷
  39. ^ 「せまりくる「天災」とどう向き合うか」p84-85 鎌田浩毅監修・著 ミネルヴァ書房 2015年12月15日初版第1刷
  40. ^ 「世界と日本の激甚災害事典 住民から見た100事例と東日本大震災」p30 北嶋秀明 丸善出版 平成27年月30日発行
  41. ^ 2010年の大災害死者、世界で29万人超(共同通信2011年1月4日)
  42. ^ 「世界と日本の激甚災害事典 住民から見た100事例と東日本大震災」p17 北嶋秀明 丸善出版 平成27年月30日発行
  43. ^ 「世界と日本の激甚災害事典 住民から見た100事例と東日本大震災」p11 北嶋秀明 丸善出版 平成27年月30日発行
  44. ^ 「世界と日本の激甚災害事典 住民から見た100事例と東日本大震災」p18-19 北嶋秀明 丸善出版 平成27年月30日発行
  45. ^ 「世界と日本の激甚災害事典 住民から見た100事例と東日本大震災」p14 北嶋秀明 丸善出版 平成27年月30日発行
  46. ^ 「国際関係学 地球社会を理解するために 第2版」p227 滝田賢治・大芝亮・都留康子編 有信堂高文社 2017年4月20日第2版第1刷発行
  47. ^ https://www.unocha.org/about-ocha/history-ocha 「HISTORY」OCHA 2020年3月28日閲覧
  48. ^ 『シュメル - 人類最古の文明』p13-14 小林登志子 中央公論新社〈中公新書 1818〉、2005年10月。ISBN 978-4-12-101818-2
  49. ^ http://www.bosaijoho.jp/topnews/item_5826.html 「日本の災害・防災年表:「災異改元」編」防災情報新聞 2018.10.5 2020年3月25日閲覧



天災(*)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 20:31 UTC 版)

ちりとてちん (テレビドラマ)」の記事における「天災(*)」の解説

喜代美が2番目に覚えた噺で、第11週取り上げられた噺。喜代美と清海の関係および順子モットーモチーフとなった噺。この噺をモチーフとした台詞第1週から登場し第11週伏線となっている。また第11週ではこれと並行して草原成長描かれた。

※この「天災(*)」の解説は、「ちりとてちん (テレビドラマ)」の解説の一部です。
「天災(*)」を含む「ちりとてちん (テレビドラマ)」の記事については、「ちりとてちん (テレビドラマ)」の概要を参照ください。


天災

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 20:31 UTC 版)

ちりとてちん (テレビドラマ)」の記事における「天災」の解説

野口順子性格はこの噺に登場する紅羅坊奈丸(べにらぼう・なまる)がモデル。よって小学生時に順子喜代美に語った「あんたが和田喜代美なんも、この町に住むことになったんも、おんなじクラス和田清海がおんなるんも、全部隕石おんなじや。天から降った災い、天災や。そう思うて諦めなはれ」という言葉出典もこの噺から。月日経ち1993年の夏、大人になった順子は友春とともに夜中草々清海部屋にいるところにでくわし、さらに清海との会話から清海鈍感なことを知った翌日内弟子修行中の喜代美に対して順子清海のことを「何があっても天災、天から降った災いや思て、乗り越えや」とほぼ同じ言葉忠告する

※この「天災」の解説は、「ちりとてちん (テレビドラマ)」の解説の一部です。
「天災」を含む「ちりとてちん (テレビドラマ)」の記事については、「ちりとてちん (テレビドラマ)」の概要を参照ください。


天災

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/27 15:39 UTC 版)

バート・エントバッハ」の記事における「天災」の解説

2006年9月17日の晩、バート・エントバッハ豪雨降った。わずか数時間100 mm超える降り、ザルツベーデ川とエンデバッハ川の水位が堤防越えた堤防近くの家では数分のうちに地下倉庫充満した。この豪雨町の歴史上おそらく最も甚大な被害もたらした天災であったバート・エントバッハクアパーク周辺被害が最も大きかったはヘルボルナー通り下の排水溝に入るところで堰き止められた。数分でその水位は 1.6 m にまで上昇した大量クアハウス民家1階の窓の安全ガラス破壊し文書館レストラン壊滅状態にした。 2007年1月18日から19日にかけての嵐「キリル」も、数多く針葉樹林、特にボッテンホルン高地私有林および町有根こそぎ打ち倒し壊滅させた。また、ブナも、たとえばデルンバッハの運動場東側の州有なども甚大な被害受けた

※この「天災」の解説は、「バート・エントバッハ」の解説の一部です。
「天災」を含む「バート・エントバッハ」の記事については、「バート・エントバッハ」の概要を参照ください。


天災

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/27 06:19 UTC 版)

大貝獣物語 THE MIRACLE OF THE ZONE」の記事における「天災」の解説

このカード出され時点で、その召喚士戦い強制的に引き分けにされる。

※この「天災」の解説は、「大貝獣物語 THE MIRACLE OF THE ZONE」の解説の一部です。
「天災」を含む「大貝獣物語 THE MIRACLE OF THE ZONE」の記事については、「大貝獣物語 THE MIRACLE OF THE ZONE」の概要を参照ください。


天災

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/26 22:28 UTC 版)

アケイディアナ」の記事における「天災」の解説

2005年8月29日ハリケーン・カトリーナでは、アケイディアナ東部地域影響受けた2005年9月26日には、アケイディアナ西部地域テキサス州東部が、ハリケーン・リタ影響をもっとも受けた2002年10月3日に、アケイディアナ中部地域カテゴリー2ハリケーン・リリー直撃受けたラファイエット大部分損害与えダウンタウンいくつかの高層ビルでは窓が割れ多く家屋屋根損害被った

※この「天災」の解説は、「アケイディアナ」の解説の一部です。
「天災」を含む「アケイディアナ」の記事については、「アケイディアナ」の概要を参照ください。


天災

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/11 19:57 UTC 版)

横須賀町 (愛知県)」の記事における「天災」の解説

記録に残る江戸時代横須賀町方における天災を記す。 火事1732年享保17年4月3日 - 夜4つ半ごろ出火し16軒と物置3件、合計19軒を焼く 火事:同 11月20日 - 大火事。夜9つ時に出火合計83軒を焼く(寛保元年宗門改では横須賀町方の家数275軒であることから、町の約1/3を焼く大火事であることがわかる)。 火事1734年享保19年12月16日 - 家14軒と物置3件、合計17軒を焼く。 火事1735年享保20年8月15日 - 未遂近所気付いたことにより火事にならずに済む。原因は、火元百姓 善八が朝、鍋に火をかけたまま出掛けたことにより、釜の火が炊き付け用の引火したため。 大風:1736(享保21年3月4日 - 雷鳴とともに大雨また、ひょう、あられが積もる。鈴鹿方面より竜巻が起こる。 火事1739年元文4年2月26日 - 昼9つ半時茅葺の家から出火原因は、住人又兵衛が畑に耕作、妻は実家帰省中のところ、又兵衛の母が昼食後、囲炉裏の火を残したままを汲むためその場離れたところ、そばにあった引火したため。 大風1744年延享元年8月10日 - 朝より東風吹く。昼8つ半より大雨その後佐布里村方面からの大風竜巻か)により横須賀御殿敷地内外の250折れる。

※この「天災」の解説は、「横須賀町 (愛知県)」の解説の一部です。
「天災」を含む「横須賀町 (愛知県)」の記事については、「横須賀町 (愛知県)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「天災」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

天災

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 06:56 UTC 版)

名詞

てんさい

  1. 地震洪水など、自然現象引き起こす災害

発音(?)

て↗んさい

翻訳


「天災」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



天災と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「天災」に関係したコラム

  • 株365の取引のリスクは

    株365の取引を行う際のリスクには次のようなものが挙げられます。▼価格変動によるリスク株365の銘柄の価格変動による損失のリスクがあります。また、株365ではレバレッジを使った取引のため、差し入れた証...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「天災」の関連用語

天災のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



天災のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2024 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの自然災害 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのちりとてちん (テレビドラマ) (改訂履歴)、バート・エントバッハ (改訂履歴)、大貝獣物語 THE MIRACLE OF THE ZONE (改訂履歴)、アケイディアナ (改訂履歴)、横須賀町 (愛知県) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの天災 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS