百姓とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 身分 > 百姓 > 百姓の意味・解説 

ひゃく‐しょう〔‐シャウ〕【百姓】

読み方:ひゃくしょう

農業に従事する人。農民

農業をすること。農作業をすること。「代々―をする家」

あかぬけない人や情趣解さない人をののしっていう語。

江戸時代、特に本百姓(ほんびゃくしょう)のこと。

ひゃくせい(百姓)」に同じ。


ひゃく‐せい【百姓】

読み方:ひゃくせい

いろいろの姓(かばね)を持つ公民の意》一般の人民。庶民ひゃくしょう

暴虎を恣(ほしいまま)にして、―をしへたげり」〈太平記三五


百姓

読み方:ヒャクショウ(hyakushou), ヒャクセイ(hyakusei)

有姓者の総称、のち、農民身分概念


百姓


百姓

読み方:ひゃくしょう

  1. 農業者、又は田舎者のこと。元は多くの姓という意から天下一般の人民の称で大部分農民であつたので、農業者代名詞になつた。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

百姓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/16 14:52 UTC 版)

百姓(ひゃくしょう)とは、農業従事者(農家、農民)の事を指す語[1][2]。そのほか、江戸時代における本百姓のことや、あかぬけない人や情趣を解さない人に対する侮蔑語でもある[3]


  1. ^ a b 小林信明 『新選漢和辞典』(「常用」新)小学館、1982年1月20日。ISBN 4-09-501453-9 
  2. ^ a b 阿部吉雄 『旺文社漢和辞典』(重)旺文社、1969年3月1日。 
  3. ^ 百姓(ひゃくしょう) goo国語辞典
  4. ^ a b 百姓(ひゃくせい) goo国語辞典
  5. ^ 網野善彦著『歴史を考えるヒント』84-86頁
  6. ^ a b 湯澤規子『胃袋の近代:食と人びとの日常史』 名古屋大学出版会 2018年、ISBN 9784815809164 pp.211-215.
  7. ^ 大橋隆憲編著『日本の階級構成』(岩波新書1971年)114-115頁


「百姓」の続きの解説一覧

百姓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 14:25 UTC 版)

カムイ伝」の記事における「百姓」の解説

(ごん) 花巻農民息子で、大柄で力の強い男。正助と共に活動し正助試み支えてきた人物正助と同じように人々の生活向上を考えるようになるが、段々と正助頼り過ぎる人々見て、もし正助死んだらどうするのかという危機感から、自分自身強くなろうと成長して行く。 小六(ころく) 花巻農民。娘のオミネ日置藩領主の側女にするための策略にはまり潰れ百姓となった挙句凌辱されたオミネ自殺侮辱されたと激昂する領主は、オミネ死体を切り刻み野ざらしにしてしまう。それを見た小六発狂してしまい、以後正助が養うようになるオミネ 小六娘。竜之進の恋人であり、正助密かに恋焦がれる女性であったが、日置藩領主に凌辱されたことを苦に入水自殺してしまう。その後非人の手により火葬され骨だになった姿を見た竜之進は絶望のあまり号泣した正助頭蓋骨ほら穴安置した花巻村 庄屋はなまきむら しょうや花巻庄屋当初は正助忌み嫌っていたが、利用する価値がある分かる途端に支えようになった農民武士という関係の中では、武士寄り発言をする。役人言いなり農民からの支持それほど無い。 竹間沢村 庄屋(ちくまざわむら しょうや竹間沢庄屋正助読み書きを教える正助良き理解者であり支持者だが、武士からの圧力抵抗するほどの力は持たないダンズリ 正助の父で、花巻下人で一番足の速い男。当初は非人差別していたが、正助影響で改心してゆく。息子信頼し弾圧屈しない強い意志を持っている。正助が百姓に禁じられている読み書きをしている所を花巻村庄屋見つかった時に自分で指を数本切り落としている。 シブタレ 花巻農民密告された事により父を失った過去を持っている。農民行動監視し何かあると直ち代官等に密告する嫌われ者だったが、正助影響で次第農民立場目覚めていく。 苔丸(こけまる) 玉手村下人飼って生計立てていたが、一揆起こし失敗したことから人相変えるため顔に傷を付けて非人身をやつしスダレ」とあだ名されるようになる正助最大の理解者1人であり支持者五郎(ごろう) 竹間沢農民末っ子ガキ大将達とは少年時代からケンカ友達違い末っ子なので一人娘アケミの婿に強引になった。 アケミ 花巻村の百姓代、武助の一人娘。百姓の中で多少読み書き出来正助色仕掛けで落とそうとする気の強い女。とは相思相愛だったがそれぞれ長男一人娘のため家の存続のために結ばれず、五郎を婿に迎えることになった最初五郎とは仲が悪かったが、のちに仲の良い夫婦になる

※この「百姓」の解説は、「カムイ伝」の解説の一部です。
「百姓」を含む「カムイ伝」の記事については、「カムイ伝」の概要を参照ください。


百姓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/25 03:48 UTC 版)

煉獄 (1960年のテレビドラマ)」の記事における「百姓」の解説

中年の百姓。自分の土地雑木山から炭が採れる可能性がある騙されて、AとB握り飯を運ぶ。

※この「百姓」の解説は、「煉獄 (1960年のテレビドラマ)」の解説の一部です。
「百姓」を含む「煉獄 (1960年のテレビドラマ)」の記事については、「煉獄 (1960年のテレビドラマ)」の概要を参照ください。


百姓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/01 06:07 UTC 版)

愛の渇き」の記事における「百姓」の解説

50代懇意の百姓。杉本一家の花見茣蓙に、盃を持って濁酒をすすめに来る。謙輔夫婦花見しながら陰で百姓たち悪口囁きあう。

※この「百姓」の解説は、「愛の渇き」の解説の一部です。
「百姓」を含む「愛の渇き」の記事については、「愛の渇き」の概要を参照ください。


百姓(ヒャクショウ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/06 02:31 UTC 版)

琉球の位階」の記事における「百姓(ヒャクショウ)」の解説

琉球では、平民一般を百姓と呼んだ首里那覇久米村泊村居住する者を町百姓、それ以外田舎百姓というふうに呼ばれた地方百姓のうち、地方役人に取立てられた者は筆算人と呼ばれた系図持たないことから無系とも呼ばれた真鍮の簪を差した

※この「百姓(ヒャクショウ)」の解説は、「琉球の位階」の解説の一部です。
「百姓(ヒャクショウ)」を含む「琉球の位階」の記事については、「琉球の位階」の概要を参照ください。


百姓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 02:24 UTC 版)

オツベルと象」の記事における「百姓」の解説

オツベル家で働く百姓たち。象の群れ押し寄せてきた時にはオツベル見捨てて逃亡した

※この「百姓」の解説は、「オツベルと象」の解説の一部です。
「百姓」を含む「オツベルと象」の記事については、「オツベルと象」の概要を参照ください。


百姓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 08:57 UTC 版)

高野聖 (小説)」の記事における「百姓」の解説

二股道のところで、宗朝が松本への道聞いた百姓。近道旧道行ってはいけないと親切に教える。

※この「百姓」の解説は、「高野聖 (小説)」の解説の一部です。
「百姓」を含む「高野聖 (小説)」の記事については、「高野聖 (小説)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「百姓」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

百姓

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 09:54 UTC 版)

名詞

  1. ひゃくしょう農民農業従事者
  2. ひゃくしょう農作業
  3. ひゃくしょう田舎者
  4. ひゃくせいひゃくしょう)(古用庶民一般人民

成句


「百姓」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



百姓と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「百姓」の関連用語

百姓のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



百姓のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2023 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの百姓 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのカムイ伝 (改訂履歴)、煉獄 (1960年のテレビドラマ) (改訂履歴)、愛の渇き (改訂履歴)、琉球の位階 (改訂履歴)、オツベルと象 (改訂履歴)、高野聖 (小説) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの百姓 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS