三五とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 程度 > 三五 > 三五の意味・解説 

さん‐ご【三五】

《3と5の積が15となるところから》

15歳

「名はお駒とて少し跳ねたる—の少女(おとめ)は」〈蘆花不如帰

㋑「三五夜(さんごや)」に同じ。「三五の夕べ

㋒《揚げ代15匁だったところから》囲ひ女郎異称

人や物が、あちこち少しずつかたまっていること。三々五々

瓢箪に酔を飾る—の痴漢(うつけもの)が」〈漱石虞美人草

長さ3尺5寸を標準するところから》楽琵琶(がくびわ)の異称

三皇五帝


さん‐ご【三五】

1⃣ 〔名〕

[一] (三と五の積から) 一五をいう。

(イ) 一五日間のこと。〔礼記‐礼運〕

(ロ) 十五夜。特に八月十五夜のこと。三五夜(さんごや)。

文華秀麗集818)下・和内史貞主秋月歌〈嵯峨天皇〉「群陰共盈三五時、四海同朋一月輝」〔古詩十九首‐其十七

(ハ) 一五歳のこと。

蓮如上人遺徳記(1524)「源空上人も三五の御歳より無常の理を覚知して」〔鮑照中興歌十首・其五〕

(ニ) (揚げ代が一五匁であったところからいう) 囲女郎(かこいじょろう)の異称

浄瑠璃傾城酒呑童子(1718)四「奥州が名を忍ぶ客、三五に義理播磨潟、鹿様よりとほのめかす

(ホ) 一五をいい出すための語。

浮世草子好色盛衰記(1688)三「さんご十五歳の春、客ととき初(ぞめ)のひぢりめん内衣(ゆぐ)」

[二] 三および五の意。

① まばらなこと。ちらばってあること。三三五五

*おもひ(1903)〈佐佐木信綱〉「江に臨む楼台三五朽ち歌声さむし刀根川の秋」〔詩経‐召南・小星

仏語唯識説く諸法自性分別する三性(さんしょう)と、五法(ごほう)のこと。

続日本紀養老五年(721)六月戊戌「備甞難行、解三五術、方帰本郷

二種塵点劫(じんでんごう)である、三千塵点劫五百塵点劫とのこと。ともに法華経説く

日蓮遺文佐渡御書(1272)「無数劫をや経んずらん。三五の塵点(じんでん)をやおくらんずらん」

④ (長さ三尺五寸あるところから) 琵琶異称

*歌儛品目(1818‐22頃)三「三五、又妙音院殿下の撰み玉ひし琵琶の譜をば、三五要略と題せられしは、風俗通に見へたる琵琶三尺五寸といふ、本文取り玉ひしなるべし

2⃣ 「さんこうごてい三皇五帝)」の略。

本朝文粋(1060頃)六・申越尾張等守状〈大江匡衡〉「三五之化漸彰。二八之臣如旧」〔楚辞九章・抽思〕


三五

名字 読み方
三五さんご
名字辞典では、珍しい名字を中心に扱っているため、一般的な名字の読み方とは異なる場合がございます。

三五

読み方
三五さご
三五さんか
三五さんご
三五みご
三五みさご

三五

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/06 16:21 UTC 版)

株式会社三五(さんご、: SANGO Co., Ltd. )は、愛知県みよし市に本社を置く自動車部品メーカー。




「三五」の続きの解説一覧



三五と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「三五」の関連用語

三五のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



三五のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
名字見聞録名字見聞録
copyright©1996-2021 SPECTRE all rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの三五 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS