三五とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 程度 > 三五 > 三五の意味・解説 

さん‐ご【三五】

読み方:さんご

《3と5の積が15となるところから》

15歳

「名はお駒とて少し跳ねたる―の少女(おとめ)は」〈蘆花不如帰

㋑「三五夜(さんごや)」に同じ。「―の夕べ

㋒《揚げ代15匁だったところから囲ひ女郎異称

人や物が、あちこちに少しずつかたまっていること。三々五々

瓢箪に酔を飾る―の痴漢(うつけもの)が」〈漱石虞美人草

長さ3尺5寸標準するところから》楽琵琶(がくびわ)の異称

三皇五帝


三五

名字 読み方
三五さんご
名字辞典では、珍しい名字を中心に扱っているため、一般的な名字の読み方とは異なる場合がございます。

三五

読み方
三五さご
三五さんか
三五さんご
三五みご
三五みさご

三五

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/30 05:24 UTC 版)

株式会社三五(さんご、: SANGO Co., Ltd.)は、愛知県名古屋市に本社を置く自動車部品メーカー。




「三五」の続きの解説一覧

三五(さんご)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/23 08:45 UTC 版)

玄椿」の記事における「三五(さんご)」の解説

本名不明。加祖江の三代目女将愛人を妹芸者一八寝取られ過去がある一八の娘・逸未虐待されていることを知り、彼女を自分の下へ引き取り養女として養育することになる。

※この「三五(さんご)」の解説は、「玄椿」の解説の一部です。
「三五(さんご)」を含む「玄椿」の記事については、「玄椿」の概要を参照ください。


三五(さんご)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/13 00:52 UTC 版)

ちくたくぼんぼん」の記事における「三五(さんご)」の解説

イワ道端で拾ったコウモリ十五夜拾ったためこの名が付いた

※この「三五(さんご)」の解説は、「ちくたくぼんぼん」の解説の一部です。
「三五(さんご)」を含む「ちくたくぼんぼん」の記事については、「ちくたくぼんぼん」の概要を参照ください。


三五

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/19 01:33 UTC 版)

南洲翁遺訓」の記事における「三五」の解説

人を籠絡して陰に事を謀る者は、好し其の事成し得るとも、慧眼より之れを見れば醜状著るしきぞ。人に推すに公平至誠を以てせよ。公平ならざれば英雄の心は決して攬られぬもの也。

※この「三五」の解説は、「南洲翁遺訓」の解説の一部です。
「三五」を含む「南洲翁遺訓」の記事については、「南洲翁遺訓」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「三五」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「三五」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



三五と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「三五」の関連用語

三五のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



三五のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
名字見聞録名字見聞録
copyright©1996-2022 SPECTRE all rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの三五 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの玄椿 (改訂履歴)、ちくたくぼんぼん (改訂履歴)、南洲翁遺訓 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS