霜とは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > 天気予報用語 > の意味・解説 

しも【霜】

氷点下冷却した地面地上物体に、空気中の水蒸気触れ昇華してできる氷の結晶。風の弱い、晴れ夜にきやすい。《 冬》「—のふる夜を菅笠のゆくへ哉/竜之介

使用中電気冷蔵庫内側付着する細かい氷。

白髪をたとえていう語。「頭髪に霜を交える


そう【霜】

常用漢字] [音]ソウサウ)(漢) [訓]しも

[一]ソウ

しも。「霜害降霜晩霜

としつき。「星霜

白いもの、冷たいもの、厳しいものなどのたとえ。「霜鬢(そうびん)/秋霜風霜

[二]〈しも(じも)〉「霜柱露霜初霜


しも【霜】

〔名〕

秋の末から冬にかけて寒い朝地上地上物体一面におおって白くみせる氷のこまかい結晶大気中の水蒸気が、主として昇華によって地面草木白色の氷の結晶を生じたもの。晴天無風に近い冬の夜など、気温氷点以下に下がるとき生ずる。《季・冬

播磨風土記715頃)賀毛・歌謡「愛(うつく)しき 小目(をめ)の小竹(あられ)降り 志毛(シモ)降るとも な枯れそね 小目小竹

白髪をたとえていう語。

万葉(8C後)二・八九「居明かして君をば待たむぬばたまの吾が黒髪に霜(しも)はふるとも」

③ (「星霜(せいそう)」からか) 年月のこと。

浄瑠璃・公平誕生記(1661頃)初「忝も八まんは、御ははしんぐううぐうの、御はらにやどりて、三かんをほろぼし、三年三月のしもをへて、生れ給ふも仏也」

薬種黒焼きにして、粉にしたもの

和名集并異名製剤記(1623)「土龍 とりう〈略〉五月にとって燔り乾す。又土用の内に取て、霜にしても用ゆ

[語誌](1)この語に下接す動詞に「ふる(降)」と「おく(置)」があり、「万葉集」にはともに見られる一方中国では、一年間二十四節気分けるが、その一つに、「霜降」がある。この「霜降」を訓読したものが「霜降る」と考えられるが、これは上代から現在まで歌に用いられている。これに対し、「霜置く」は日本古来言い方
(2)近世後期には「おる(下)」の下接する例が現われ、現在も「霜がおりる」が使われる。


分野
に関する用語
用例
霜がおりる。

読み方:しも

  1. 酒類一切。〔第六類 器具食物
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:シモ(shimo)

晴れ夜間地面氷晶して地物白く付着したもの

季節

分類 天文


読み方:シモ(shimo)

作者 斎藤茂吉

初出 昭和26年

ジャンル 歌集


読み方
しも
しもざき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/21 15:47 UTC 版)

(しも、: frost[1])は、0以下に冷えた物体の表面に、空気中の水蒸気昇華固体化)し、結晶として堆積したものである。




  1. ^ frost」、アメリカ気象学会 『Glossary of Meteorology』、2012年12月20日閲覧。
  2. ^ a b c d e 日本大百科全書『霜』
  3. ^ "霜". コトバンク小学館 デジタル大辞泉)、2020年9月2日閲覧。
  4. ^ a b c d 日本国勢地図帳(1977)
  5. ^ a b c d 気象庁(1998)『気象観測の手引き』
  6. ^ 北海道の雪・霜・結氷・冠雪・積雪・長期積雪(根雪)の初終日の初日、終日の観測状況 札幌管区気象台、2019年11月11日閲覧。
  7. ^ 東北地方の季節現象(さくら、梅雨、初霜、初氷、初雪、初冠雪) 仙台管区気象台、2019年11月11日閲覧。
  8. ^ 東京における気象の記録 気象庁調べ、2019年11月11日閲覧。
  9. ^ 2000年からの季節現象観測の記録 名古屋地方気象台、2019年11月11日閲覧。
  10. ^ 警報・注意報の種類』、気象庁、2012年12月20日閲覧。


「霜」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2016/07/27 15:38 UTC 版)

発音

名詞

(しも)

  1. 物体表面冷やされ、空気中の水蒸気凝結し、結晶として堆積したもの。なお、地面凍えたもので、踏むとさくさく鳴るものを霜柱 (wp)というが、現象としては別ののである
  2. 霜のように冷た厳しい。
  3. 年月

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「霜」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

霜のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



霜のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
気象庁気象庁
©2021 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
なお、「気象庁 予報用語」には、気象庁の「気象庁が天気予報等で用いる予報用語」に掲載されている2009年11月現在の情報から引用しております。
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの霜 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS