食物とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > 食品 > 食べ物 > 食物の意味・解説 

じき もつ 【食物】

食べ物しょくもつ。 「人、-を持て来たり/今昔 11
食事。 「 -の時、大小便利の時を除ては/今昔 15

くい もの くひ- [3] 【食(い)物】

食べるもの。食べ物。 「 -屋」 「 -の恨み恐ろしい」
自分利益のために、利用悪用するものや人。 「他人土地を-にする」
調理すること。 「つとめて、-する所を見れば、まことに青き羊のくび白きあり/宇治拾遺 13

しょく ぶつ 【食物】

しょくもつ(食物)」に同じ。 〔日葡

しょく もつ [2] 【食物】


はみ もの 【食物】

食べるもの。しょくもつ。 〔日葡


食物

★1.異郷の食物を口にすると、現世に戻れなくなる。

古事記上巻 イザナミ火の神を産んだために、身体を焼かれて黄泉の国へ去った。夫イザナキ連れ戻しに行くが、その時すでにイザナミ黄泉の国の竈(かまど)で煮炊きした物を食べており、現世に戻れなくなっていた〔*日本書紀巻1・第5段一書第6に同様の記事〕。

デメテルへの讃歌 女神デメテルの娘ペルセポネは、草原で花を摘んでいたところを冥王ハデスさらわれたハデスペルセポネに、ざくろの実を食べさせる。そのため彼女は巡り行く年を3つに分け一季(=冬)を、冥界ハデスの館で暮らさねばならなくなった〔*ギリシア神話アポロドロス)第1巻第5章に同様の記事変身物語オヴィディウス)巻5では、プロセルピナペルセポネざくろの実を7粒食べたため、1年のうち6ヵ月冥界で暮らすことになった、と記す〕。

イザナミペルセポネも、ともに冥界の食物を口にするのだが、イザナミ冥界の火で煮炊きした物を食べ、ペルセポネは生のざくろを食べた、という違いがある。

*「火食」の起源→〔火〕1cの『封神演義』第1回。

★2.異郷の食物を口にしない。

諏訪本地御伽草子)兼家系 甲賀三郎兼家は地底異郷落ち入り人里求めて歩くうちに、粟畑中にやぐらを作って鹿を追う翁と出会う。翁は、「ここは維縵国であり、もし汝が再び日本に帰ろうと思うならば、この国の物を一口も食うな」と教える。

ドイツ伝説集』グリム533「ヴィルテンベルクの城に仕え騎士ウルリヒ騎士ウルリヒ狩りに出て道に迷い、馬に乗った死者一行(5百人騎士同数婦人)に出会う。彼は一行宿泊地までついて行くが、死者1人である婦人ウルリヒに、「料理をすすめられても、いっさい手をつけないように」と禁ずる→〔十字架2b

山城国風土記逸文 宇治の橋姫が、行方知れずの夫を尋ね海辺へ行く。老女家で問うと「その人龍神の婿になっているが、龍宮の火で煮炊きしたものを忌んで、ここで食事をする」と教えられる。隠れ見ていると、夫が龍王の輿に乗って来て食事をする。橋姫は夫と言葉を交わして泣く泣く別れるが、後には、異郷のものを食べなかったおかげで、夫は戻って来て彼女と一緒になった。

山の音川端康成)「蝉の羽62歳の尾形信吾は、死んだ知人から、ざるそば御馳走になる夢を見る目覚めてから「死人に出されたものを食うと死ぬのだろうか」と思うが、どうも食べないで目が覚めたようであった。

冥府酒食を口にしない→〔冥府往還〕1の『今昔物語集』巻9-31

★3.神の国の食物を口にすれば、神の仲間になる。

アダパ物語古代アッカドエア神の手で造られた人間アダパが、天上アヌ神の所へ行く。前もってエア神が「天上で出された物を飲み食いてはならない」と忠告しておいたので、アダパ何にも手をつけない。そのため彼は神になる機会を逃し、人間のまま地上に戻って来る。

黄金のろば』アプレイウス)第6巻 人間の娘であるプシュケと、愛の神エロスクピード)との結婚を、ゼウス認める。ゼウスメルクリウスに命じ、プシュケ天上に連れて来させる。彼女はアムブロシアを食べ、ネクターを飲んで、永遠の命得て神々仲間入りをする。

★4a.死者人間界の食物を食べる。

太平広記325所引『甄異記』 夏侯文規は、死後1年して家に現れた。彼は「北海大守」と称し、従者数十人いた。家人食事用意すると食べ尽くして去ったが、後に見ると、器の中はもとどおり食物が満ちていた。

冥府使いの鬼などが、人間界の食物を食べる→〔死神〕2。

北斗星南斗星が、人間界酒食を口にする→〔碁〕3bの『捜神記』巻3-6

★4b.死者人間界の食物を食べない。

雨月物語巻之1「菊花の約(ちぎり)」 9月9日の夜、義兄弟の赤穴(あかな)宗右衛門遠方から帰って来たので、丈部(はせべ)左門は酒を暖め、肴を並べて勧める。赤穴は酒肴の臭(にお)いを嫌い、袖で顔をおおう。彼は「自分死霊であり、仮に人間の姿をしているだけだ」と告げ、しばらく語り合った後、「これで永遠別れだ」と言って姿を消した。

★5a.食物を呪う

あいごの若説経)5段目 愛護の若継母奸計によって家を追われ、方々さすらう穴太(あなふ)の里(=滋賀県大津市)まで来て垣根を食べて老婆で打たれ、麻の中に隠れようとしてまた打たれる愛護の若は、「穴太の里になるな。麻はまくとも(を)になるな」と呪うそれ以来穴太の里では、花は咲いてはならず、麻の種をまいても(=麻の古名)にならない

いちじく呪う→〔呪い10aの『マタイによる福音書』第21章。

*食物を祝福する→〔箸〕1の三度栗伝説

★6.食物を多くの人に与える。

黄金伝説3「聖ニコラウス聖ニコラウス(=サンタ・クロース)が司教をしていた地方に、飢饉が起こった。彼は寄港している商船から少量小麦をもらい、2年の間その土地すべての人々分け与え続けたが、小麦はなくならなかった。種まきにする分もたくさん残った

パン大勢与える→〔パン〕5の『マタイによる福音書』第14章・『列王記』下・第4章。

*酒や肉を大勢与える→〔無尽蔵〕1aの『捜神記』巻1-18

★7a.食物を、食べる以外の用途に使う。

凶器松本清張若い未亡人・島子は、好色老人・六右衛門に迫られ、干した海鼠餅なまこもち)で六右衛門の頭を殴って殺した。海鼠餅硬く丸太ン棒で一撃するのと同じ効果があった。島子は凶器海鼠餅をいくつにも切り、黄粉餅ぜんざいを作って、近所主婦子供たちにふるまう。事件捜査する刑事も、それを食べる。凶器が見つからないので、この殺人事件迷宮入りになった。

*→〔氷〕3の『おとなしい兇器』(ダール)と同様の展開である。

松本清張は、フランスパン凶器として用いる小説も書いている→〔パン〕3の『礼遇の資格』。

白米城伝説 毛利大軍鳥取亀尾城を取り囲み、滝のを断ち切って城内が行ないようにする。籠城する侍たちは、白米を注いで軍馬洗いが豊富にあるように見せかける。しかしで洗った時とは異なり軍馬の毛が濡れ髪色に変わらないので、水のないことを見破られ、まもなく落城した(鳥取県日野郡日南町。類話は全国数多くある。*小鳥白米をついばんだので見破られた、という形もある)。

*熱いおかゆを坂に流して、敵が寄れないようにする→〔坂〕5のおかゆ坂の伝説

三浪長者高木敏雄日本伝説集』第6) 三浪長者が「何か面白いことをしたい」と考え、夏に雪見遊びをした。大釜で炊いた飯を、広い庭一面にまき散らし召使いたち深履ふかぐつ)をはかせて、飯の上を歩かせた。三浪長者は、それを眺めて手を叩いた(越後国西頸城郡青海村大字大沢)。

*餅を弓の的にする→〔餅〕1aの大原長者伝説・『豊後国風土記』速見の郡田野。

*餅を踏んで歩く→〔餅〕1bの餅が白鳥に化した伝説

パンを、消しゴム代わりにする→〔パン〕4の『善女のパン』(O・ヘンリー)。

★7b.食物(うどんの感触)を、別のもの(血)と誤認する。

助六由縁江戸桜 吉原三浦屋店先で、くわんぺら門兵衛饂飩(うどん)かつぎの若者にからむ。助六仲裁入り蒸籠饂飩をくわんぺら門兵衛後ろから頭にかける。饂飩が冷たく垂れてくるのを門兵衛は血と思い、「切られた」とうろたえて腰を抜かす

*つぶれたを、血と誤認する→〔落下〕2の『古今著聞集』巻12偸盗」第19通巻439話。

★7c.逆に糞尿など本来食物ではないものを食べる。

聊斎志異巻6-234「山神」 男が山を歩き地面敷物をしいて酒を飲む数人を見る。男は宴席引き入れられ、楽しく飲食するが、酒の味が薄くて渋かった。そこへ山神が来たので、皆は逃げ去った。男がよく見ると、小便を入れた陶器と、蜥蜴を盛った瓦があるだけだった。

*→〔穴〕7の『九郎』(落語)・〔〕3の『東海道中膝栗毛』4編上・〔〕4の『王子の狐』(落語)に関連記事

飢えたために、食物ではないものを食べる→〔飢え2aの『黄金狂時代』(チャップリン)・『古今著聞集』巻12偸盗」第19通巻440話。

★8a.目の前にありながら食べられない食物。

ギリシア神話アポロドロス摘要第2章 地獄に落とされたタンタロス湖中にあり、果実のなった木をそばに見ながら罰せられている。彼のあごに触れているが、飲もうとすると乾いてしまい、果実を取ろうとすると、風で吹き上げられる。

タンタロス物語発想源として創り上げられたのが、→〔飢え〕5の『密室の行者』(ノックスであろうか。

変身物語オヴィディウス)巻11 ミダス王が手でパン触れると、それはたちまち固くなった。料理を噛み砕こうとすると、歯に当るのは金箔だった。葡萄酒を飲めば、口に流れ込むのは溶けた黄金だった→〔願い事〕3。

★8b.豚のハム鳥の肉も食べられない。

この世に死があってよかったチェコ昔話鍛冶屋死神動き封じ(*→〔椅子〕1)、「これで自分は死なずにすむ」と喜んでお祝いに豚を殺しハムを作ろうとする。ところが、斧で豚を打っても豚は死なず、逃げて行ってしまう。鵞鳥の肉を食べようと思ってナイフ切っても、鵞鳥は平気である。鍛冶屋はハッと気づく死神活動できないので、人間動物も死ななくなったのだ。おいしい肉は、もう永遠に食べられないのだ→〔死の起源〕5。

★9.自分に合う食物が見つからない。

断食芸人カフカサーカス一座に、断食芸人がいた。昔、彼の40日間に渡る断食芸は大人気で、観客大勢押し寄せた。しかし時代変わり、今ではもう、誰も関心を示さない。サーカス監督が、彼の所へ来て問う。「まだ断食しているのかね?」。彼は答える。「わたしは、自分に合った食べ物を見つけることができなかった。だから、断食するよりほか仕様がないのだ」。そう言って彼は息絶えた。

★10.ただ一種類の食物だけを食べる人。

『かぶ焼き甚四郎昔話甚四郎毎日、かぶばかり焼いて食べていた。彼は朝日長者の娘を嫁にとったが、嫁が甚四郎の家へ行くと、たいへんな貧乏所帯で、飯を炊こうとしても米は1粒もなかった。甚四郎は「飯はいらないよ」と言っていつものように、かぶを焼いて食べたが、嫁は米の飯欲しいと思った〔*その後甚四郎はりっぱな家と米倉を持つ長者になる→〔同音異義〕1a〕(岩手県上閉伊郡)。

正法眼蔵随聞記6-3 ある僧が死んで、冥土へ行った。閻魔大王は、「この僧は命分(みゃうぶん。寿命)がまだ尽きていないので、現世へ返せ」と命じた。冥官が「命分は残っておりますが、食分尽きおります」と説明すると、閻魔大王は「荷葉(かえふ。蓮の葉)を食べさせよ」と言った。僧は蘇生して後、人間界の食物を食べることができず、ただ荷葉だけを食べて、余命を保った。

徒然草40因幡国の某入道の娘は美貌だというので、多くの男が求婚した。ところが、この娘は、ただだけを食べて、米などの穀類をまったく食べなかった。そのため、父入道は「このような異様な者は、人に嫁ぐべきではない」と言って娘の結婚を許さなかった。

★11.身体から食物を出す。

穀物の神・矮姫(サヒメ)伝説 穀物神様大食之姫(オオゲツヒメ)は、常に口・目・鼻・尻などをこすっていろいろの食べ物出し人々御馳走していた。ある時、口から米を出し神様御馳走しようとしたところを、その神様見て、「汚いことをする」と怒り大食之姫を斬り殺してしまった(島根県那珂郡三隅町)〔*神様が、「大食之姫の身体にはどんな仕掛けがあるのか」と思って斬った、「身体の中に宝物が隠されている」と思って斬った、などの伝えもある〕→〔死体2a

金の卵生む鵞鳥中身は金だろう、と思って殺す→〔卵〕2の『イソップ寓話集』87金の卵生む鵞鳥」。

スサノヲオホゲツヒメ殺し→〔口〕5aの『古事記上巻

異郷の食物を食べて長寿を得る→〔長寿〕に記事

*人が一生の間に食べる量。余命指標としての食物→〔寿命〕4bの『太平広記』巻98所引『宣室志』・『聊斎志異』巻7-280「禄数」。

*食べてはいけない動物→〔禁忌〕9の『金枝篇』(初版)第3章第10節。


食品

(食物 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/01 16:29 UTC 版)

食品(しょくひん、: food[1])とは、人が食べるために直接使用できる、食用可能な状態のもの[2]人間が日常的に食物として摂取するものの総称[3]食物しょくもつ食料品しょくりょうひんとも。




注釈

  1. ^ 法改正前の食品衛生法第4条では、「この法律で食品とは、すべての飲食物をいう。ただし、医薬品医療機器等法(昭和35年法律第145号)に規定する医薬品及び医薬部外品は、これを含まない。」と規定していた[6]

出典

  1. ^ 他言語では、: alimentum : Lebensmittelなど。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 小学館『日本大百科全書』「食品」河野友美 執筆。
  3. ^ 広辞苑第6版
  4. ^ a b タマネギの医学
  5. ^ 用語解説(食品ロス参照)”. 京都府. 2020年6月1日閲覧。
  6. ^ 食品衛生法(昭和二十二年十二月二十四日法律第二百三十三号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2009年11月30日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i 健康食品調査(米国)”. 日本貿易振興機構ロサンゼルス事務所農林水産・食品調査課. 2020年6月1日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 資料 1-1. コーデックス食品分類システム(Food Category System: FCS)”. 農林水産省. 2020年6月1日閲覧。
  9. ^ 「食べ物と健康 食品の安全」(健康・栄養科学シリーズ)p13 有薗幸司編 独立行政法人国立健康・栄養研究所監修 南江堂 2013年4月1日第1刷
  10. ^ 「食べ物と健康 食品の安全」(健康・栄養科学シリーズ)p13 有薗幸司編 独立行政法人国立健康・栄養研究所監修 南江堂 2013年4月1日第1刷
  11. ^ 「食べ物と健康 食品の安全」(健康・栄養科学シリーズ)p8-9 有薗幸司編 独立行政法人国立健康・栄養研究所監修 南江堂 2013年4月1日第1刷
  12. ^ 食品保健研究会(編) 1989, pp. 29-31.
  13. ^ 食品保健研究会(編) 1989, p. 29.
  14. ^ 食品保健研究会(編) 1989, pp. 29-30.
  15. ^ 食品保健研究会(編) 1989, p. 30.
  16. ^ a b 食品保健研究会(編) 1989, p. 31.
  17. ^ 「食文化としての昆虫食」p43 野中健一 (「文化昆虫学事始め」所収 三橋淳・小西正泰編 創森社 2014年8月20日第1刷)
  18. ^ 「イスラエルのユダヤ料理」p110 鴨志田聡子(「イスラエルを知るための62章 第2版」所収 立山良司編著 明石書店 2018年6月30日第2版第1刷)
  19. ^ 『イスラームと食』p370 山根聡(「インド文化事典」所収)インド文化事典製作委員会編 丸善出版 平成30年1月30日発行
  20. ^ 「食と健康 インドの浄・不浄観と社会」p107-109 松尾瑞穂(「世界の食に学ぶ 国際化の比較食文化論」所収 河合利光編 時潮社 2011年11月25日第1版第1刷
  21. ^ 『イスラームと食』p370 山根聡(「インド文化事典」所収)インド文化事典製作委員会編 丸善出版 平成30年1月30日発行
  22. ^ 『アルコール』p384 池亀彩(「インド文化事典」所収)インド文化事典製作委員会編 丸善出版 平成30年1月30日発行
  23. ^ 「食文化の多様性と標準化」p79 岩間信之(「グローバリゼーション 縮小する世界」所収 矢ヶ﨑典隆・山下清海・加賀美雅弘編 朝倉書店 2018年3月5日初版第1刷)
  24. ^ 「火と人間」p4 磯田浩 法政大学出版局 2004年4月20日初版第1刷
  25. ^ 「図説 人類の歴史 別巻 古代の科学と技術 世界を創った70の大発明」p119 ブライアン・M・フェイガン編 西秋良宏監訳 朝倉書店 2012年5月30日初版第1刷
  26. ^ 「新訂 食用作物」p3 国分牧衛 養賢堂 2010年8月10日第1版
  27. ^ 「図説 人類の歴史 別巻 古代の科学と技術 世界を創った70の大発明」p110-111 ブライアン・M・フェイガン編 西秋良宏監訳 朝倉書店 2012年5月30日初版第1刷
  28. ^ 南直人『ヨーロッパの舌はどう変わったか 十九世紀食卓革命』講談社〈講談社選書メチエ〉、1998年、56-58頁。ISBN 4-0625-8123-X
  29. ^ 南直人『ヨーロッパの舌はどう変わったか 十九世紀食卓革命』講談社〈講談社選書メチエ〉、1998年、98頁。ISBN 4-0625-8123-X
  30. ^ 南直人『ヨーロッパの舌はどう変わったか 十九世紀食卓革命』講談社〈講談社選書メチエ〉、1998年、195-200頁。ISBN 4-0625-8123-X
  31. ^ 南直人『ヨーロッパの舌はどう変わったか 十九世紀食卓革命』講談社〈講談社選書メチエ〉、1998年、209-212頁。ISBN 4-0625-8123-X
  32. ^ 食品保健研究会(編) 1989, pp. 91-92.
  33. ^ a b c d e f 食品保健研究会(編) 1989, p. 92.
  34. ^ 食品保健研究会(編) 1989, pp. 92-93.
  35. ^ a b c d e f g h i 食品保健研究会(編) 1989, p. 93.
  36. ^ 食品保健研究会(編) 1989, pp. 93-94.
  37. ^ a b c d e f 食品保健研究会(編) 1989, p. 94.
  38. ^ 食品保健研究会(編) 1989, pp. 94-95.
  39. ^ a b c d e f g h i j 食品保健研究会(編) 1989, p. 95.
  40. ^ 食品保健研究会(編) 1989, pp. 95-96.



食物

出典:『Wiktionary』 (2020/03/21 09:47 UTC 版)

名詞

しょくもつ / じきもつ / くいもの

  1. 食べる物。食べ物

発音

しょ↗く↘もつじ↗きもつく↗いも↘の

類義語

派生語

翻訳




食物と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「食物」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
96% |||||

4
96% |||||


6
96% |||||

7
96% |||||

8
96% |||||

9
96% |||||

10
96% |||||

食物のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



食物のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
物語要素事典物語要素事典
Copyright (C) 2020 物語要素事典 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの食品 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの食物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS