もととは?

Weblio 辞書 > 食品 > 日本酒用語 > もとの意味・解説 

【下】

接尾
名詞に付いて,そういう状態の中にいる,そういう環境のもとであるなどの意を表す。 「インフレ-の日本経済」 「支配-」 「占領-」

【か】[漢字]

【 下 】 [音] カ ・ゲ
した。しも。
位置が低い。 「 《 カ 》 下弦下方下流 ・以下 ・眼下地下天下 」 「 《 ゲ 》 下界下水下段上下
地位価値などが低い。 「 《 カ 》 下位下士下層下等下婢(かひ) 」 「 《 ゲ 》 下策下人下劣下郎下剋上
もと。
そば。まわり。 「 机下貴下灯下
他からの影響を受けるところ。 「 《 カ 》 都下配下部下門下戦時下
のち。すぐあと。 「 《 カ 》 言下
くだす。
さげる。おろす。 「 《 カ 》 下賜下付 」 「 《 ゲ 》 下熱
命令などを出す。 「 《 カ 》 下命下問
手をくだす。実際におこなう。 「 《 ゲ 》 下手人
くだる。
おりる。さがる。低い位置に移る。 「 《 ゲ 》 下向下山下車下野下落 」 「 《 カ 》 下降降下沈下
落ちる。急激にさがる。 「 《 カ 》 滴下落下
服する。 「 《 ゲ 》 下獄
へりくだる。 「 《 ゲ 》 卑下
下痢をする。くだす。 「 《 ゲ 》 下剤
【 化 】 くわ [音] カ ・ケ
形状性質などがかわる。 「 《 カ 》 化合化石羽化進化退化 」 「 《 ケ 》 化生(けしよう)化粧化身
影響与える。他からの力でかわる。 「 化育開化感化教化徳化文化
化学」「化合」の略。 「 化成酸化
【 戈くわ [音] カ
ほこ。 「 干戈兵戈
いくさ。 「 戈船
【 火 】 くわ [音] カ
ひ。ほのお。 「 火炎火力発火
あかり。ともしび。 「 炬火(きよか)灯火
やく。もやす。 「 火刑火災火事火食火葬失火兵火
はげしい情。 「 情火心火欲火
さしせまったさま。 「 火急
爆発物。 「 火器火薬
【 加 】 [音] カ
たす。ふやす。くわえる。 「 加減 ・加工加筆追加添加倍加
仲間にはいる。 「 加入加盟参加
加賀(かが)国」の略。 「 加州
外国語音訳字。
加奈陀カナダ」の略。 「 日加
「加利福尼亜(カリフオルニア)」の略。 「 加州
【 可 】 [音] カ
よしとする。ゆるす。 「 可決可否許可認可
できる。 「 可逆 ・可能 ・可燃性可溶性
【 瓜くわ [音] カ
うり。 「 瓜田西瓜(すいか)甜瓜(てんか)冬瓜(とうが)破瓜 」 〔「爪(そう)」は別字
【 禾くわ [音] カ
いね。穀類総称。また,のぎ。 「 禾稼禾穂禾本科
【 仮 ( 假 ) 】 [音] カ ・ケ
かりの。暫定的な。 「 仮寓(かぐう)仮構仮称仮設仮説仮泊仮眠
本物でない。にせの。 「 仮死仮面仮病(けびよう)
かりる。ゆるす。 「 仮借(かしや)かしやく) 」
かりに。もしも。 「 仮定 」 〔本来「反」の異体字俗に「假」の略字として使われ,そのまま常用漢字となったもの〕
【 何 】 [音] カ
問いただす言葉。なに。どれ。不定物事をさす。 「 幾何誰何(すいか)
【 伽[音] カ ・ガ ・キャ
梵語音訳字。 「 伽陀(かだ)伽藍(がらん)伽羅(きやら)閼伽(あか)
【 花 】 くわ [音] カ ・ケ
はな。草木のはな。 「 花壇花弁供花(くげ)(きようか)) ・生花造花
(はなのように)はなやかで美しい。 「 花筵(かえん)花燭(かしよく)名花
いろざと。 「 花街花郭
【 佳 】 [音] カ
すぐれてよい。 「 佳境佳景佳作絶佳
めでたい。 「 佳日佳節
美しい。 「 佳人佳麗
【 卦くわ
⇒ け〔卦〕 [漢]
【 価 ( 價 ) 】 [音] カ
ねだん。 「 価格市価時価代価定価物価
ねうち。 「 価値声価評価
【 呵[音] カ
しかる。せめる。 「 呵責かしやく弾呵
大声で笑う。 「 呵呵
【 果 】 くわ [音] カ
むくい。原因因縁によって生じたもの。 「 果報因果(いんが)結果効果仏果
思いきってする。 「 果敢果断
予想したとおり。はたして。 「 果然
【 河 】 [音] カ ・ガ
かわ。 「 《 カ 》 河口河床河伯 」 「 《 ガ 》 運河山河大河氷河
もと,中国黄河のこと。 「 河南河北
天の川銀河。 「 河漢
河内(かわち)国」の略。 「 河州
【 苛 】 [音] カ
きびしい。きつい。ひどい。むごい。 「 苛酷苛性苛政苛税苛法苛烈
[音] カ
物を載せたり掛けたりする台や棹(さお)。 「 画架書架担架十字架
かける。かけわたす。 「 架橋架空架設架線高架
【 科 】 くわ [音] カ
分類された区分。 「 科学科目学科教科外科文科
とが。罪。 「 科料罪科
昔,中国官吏登用試験。 「 科挙登科
きまり。おきて。 「 科条金科玉条
舞台上のしぐさ。所作(しよさ)。 「 科白(かはく)
【 迦[音] カ
梵語音訳字。 「 迦葉(かしよう)釈迦(しやか)
【 夏 】 [音] カ ・ゲ
四季の一。なつ。 「 夏季夏期夏日夏至(げし)盛夏立夏夏炉冬扇
中国古代王朝の名。
【 家 】 [音] カ ・ケ
いえ。人のすまい。 「 家屋家居家具人家農家民家
一族一門。 「 《 カ 》 家運家族家督家風家門 」 「 《 ケ 》 分家本家
家がら。 「 《 ケ 》 王家良家天皇家
自分のうち。 「 家兄家書家信家人家族家庭
一つ領域専門とする人。また,それに優れた人。 「 画家作家儒家大家諸子百家
ある特性備えた人。 「 勉強家辣腕らつわん家 ・浪費家
【 荷 】 [音] カ
にもつ。 「 集荷出荷入荷
になう。かつぐ。 「 荷担負荷
ハス。 「 荷葉
くわ [音] カ ・ケ ・ゲ
花。 「 《 カ 》 華道国華 」 「 《 ケ ・ゲ 》 華鬘(けまん)香華(こうげ)散華(さんげ)蓮華(れんげ)優曇華うどんげ
はなやか。はでやか。 「 華飾華燭(かしよく)華美華麗栄華(えいが)豪華精華
白い粉。 「 亜鉛華
中国
中国自称。 「 華夏中華
中華民国」の略。 「 日華事変
くわ [音] カ
おかし。 「 菓子茶菓(さか)(ちやか)) ・製菓乳菓
くだもの木の実。「果」に同じ。 「 五菓
【 訛くわ [音] カ
まちがえる。あやまる。あやまり。 「 訛言訛伝
言葉がなまる。なまり。 「 訛音訛言訛語訛称転訛
【 貨 】 くわ [音] カ
ねうちのあるもの。たから。 「 貨財
品物商品。 「 貨車貨物雑貨百貨
金銭。 「 貨幣金貨硬貨通貨
【 渦 】 くわ [音] カ
うず。うずまき。 「 渦中渦紋渦流
【 訶[音] カ
しかる。せめる。「呵」に同じ。 「 弾訶
梵語音訳字。 「 摩訶訶梨帝母かりていも
【 過 】 くわ [音] カ
通りすぎる。 「 過客過程過渡一過経過通過
時がたつ。 「 過去過日過般
度をすごす。 「 過多過大過度過労超過過保護
あやまち。また,つみ。とが。 「 過誤過失過料罪過大過
【 嫁 】 [音] カ
とつぐ。よめにいく。 「 降嫁再嫁
他に負わせる。 「 転嫁
【 暇 】 [音] カ
ひま。てすき。休み。 「 閑暇休暇小暇寸暇余暇
【 瑕[音] カ
きず。玉のきず。 「 瑕瑾(かきん)瑕疵(かし)
【 禍 ( 禍 ) 】 くわ [音] カ
わざわい災難。 「 禍根禍福奇禍災禍舌禍筆禍
【 靴 】 くわ [音] カ
くつ。かわぐつ。 「 靴傷軍靴製靴長靴
【 嘉[音] カ
ほめる。よみする。 「 嘉尚嘉賞
よろこぶ。 「 嘉納
めでたい。よい。 「 嘉祥嘉兆
うまい。味がよい。 「 嘉肴(かこう)
【 寡 】 くわ [音] カ
すくない。 「 寡言寡少寡聞寡黙寡欲衆寡多寡
徳がすくない意。昔,中国における諸侯自称。 「 寡君寡人
配偶者を失った男,または女。やもめ。 「 寡夫寡婦鰥寡(かんか)
【 歌 】 [音] カ
うた。うたう。 「 歌曲歌詞歌手歌集歌舞歌謡謳歌(おうか)唱歌牧歌名歌
和歌。 「 歌人歌碑歌風歌論短歌長歌
【 窩くわ [音] カ
あなぐら。あな。 「 眼窩山窩蜂窩(ほうか)
【 箇 】 [音] カ ・コ
物を数えるとき,数詞に付けて用いる。 「 《 カ 》 一箇所一二箇月 」 「 《 コ 》 箇箇 ・箇数 」
物事一つ一つさし示すのに用いる。 「 箇所箇条 」 〔「个」は同字。「ケ」は「个」の略字
【 稼 】 [音] カ
うえつける。また,穀物。 「 稼穡(かしよく)禾稼(かか)
仕事をする。かせぐ。 「 稼業稼働
【 課 】 くわ [音] カ
租税などをわりあてる。 「 課役課税
仕事学業などをわりあてる。 「 課外課業課題課程日課
こころみる。ためす。 「 考課
分担区分。 「 課員課長会計課 」
[音] カ
かすみ。 「 雲霞煙霞晩霞
朝焼け夕焼け。 「 紅霞
【 顆くわ [音] カ
まるい物。つぶ。 「 顆粒

くんだり 【下り】

接尾
〔「くだり(下)」の転〕
地名に付いて,中央から遠く離れていることをやや強調して言い表すのに用いる。 「山奥-」

[1] [0] 【下】

価値順位等級程度などが低いこと。特に,二つまたは三つ等級分けたときの最低の等級。 ↔ (じよう)中流の-の生活」
二巻または三巻から成る本などの最後の巻。下巻
[句]

【げ】[漢字]

【 下 】
⇒ か〔下〕 [漢]
【 外 】
⇒ がい〔外〕 [漢]
【 夏 】
⇒ か〔夏〕 [漢]
【 偈[音] ゲ
梵語の gāthā の音訳「偈陀(げだ)」の略。仏徳をたたえ,教理説く詩。 「 偈頌(げじゆ)讃仏偈さんぶつげ
【 解 】
⇒ かい〔解〕 [漢]

した [0] 【下】

基準とする点より相対的に低い方向,または位置。 「ベランダから-に落ちる」 「 -から見上げる」 「 -の部屋」 「東京の空の-」
ある人の支配の及ぶところ。支配下。 「あの人の-で働くのはつらい
表面から見えない部分内側。 「 -にとのこを塗り,上に漆を塗る」 「 -にシャツを着る」
紙などを人の前に置いたとき,その人に近い方向,またはその位置。 「 -から五字の文字」 「本文の-に脚注をつける」
連続しているものの,順序後ろ部分。 「 -に記すように」 「 -に『ん』のつく言葉
地位能力品質などが劣っている方。 「身分が-の者」 「成績は彼より-だが,指導力はまさっている」 「これより-の品物では使いものにならない
年齢少ない方。年少。 「三歳くらい-の同僚」 「 -の兄」
形式名詞。(「…下から」「…下より」の形で)…の直後に。…したすぐあとに。 「わびる言葉の-からもう失礼なことを言っている」
名詞の上に付いて,「準備のための」「あらかじめの」の意を表す。 「 -相談」 「 -検分」 「 -ごしらえ」 「 -書き
内心心中。 「隠り沼(ぬ)の-ゆ恋ふればすべをなみ/万葉集 2441
多く「下に」の形で)内々ひそかに。 「狭き所に侍れば,なめげなる事や侍らむと-に嘆くを聞き給ひて/源氏 帚木
代金一部として差し出品物下取りの品。 「 -に出す」 「あれを-に遣つて挿込みのあるかんざしと取つ替へたがの/滑稽本浮世風呂 3
▽↔ (うえ)

しも [2] 【下】

空間的・時間的連続したものの下の方。末の方。低いところ。 ↔ (かみ)
連続したものの末の方。
川の下流。また,下流地域地名にもしばしば見られる。 「 -つ瀬」 「 -賀茂
現在の方に近い時代。 「上正暦のころほひより,-文治の今に至るまで/千載
いくつか分けたものの最後のもの
月や年の終わりの部分。 「 -半期」 「 -の十日
書物終わり部分和歌後半の二句。 「 -の句」
位置の低い所。
下の方。した。 「ただこのつづらをりの-に/源氏 若紫
人の体の腰よりも下の方。また,転じて大小便にかかわるもの。 「 -半身」 「 -肥」 「 -の話」 「 -の世話をする
中心となる所から離れ地方
京から離れた地。京から,より遠い所。 「 -つけの(下毛野)」 「 -つふさ(下総)」
京都に対し,大坂をさしていう。
京都御所遠くなる方。南の方。
地位身分の低い人。
臣下人民。 「上の奢り費す所をやめ,民を撫で農を勧めば,-に利あらん事,疑ひあるべからず徒然 142
官位身分の低いもの。 「それよりの上達部は/源氏 若菜下
召し使い。 「 -などとりつぎまゐる程/枕草子 104
宮中などで女官詰めている所。 「一昨日より腹を病みて,いとわりなければ,-に侍りつるを/源氏 空蟬
末座下座。 「 -に控える」
舞台の下手(しもて)

もと [2] 【下・許

〔「もと(本)」と同源
物のした。物のしたのあたり。また,物のしたの部分。 《下》 「花の-に遊ぶ」 「自由の旗の-に集まれ」 「白日の-にさらす」
ある人のいる所。また,その人影響の及ぶ所。 「博士指導の-に新製品開発する」 「恩師の-を尋ねる」 「親の-を離れる」 〔「そば」の意では「元」とも書く〕
(「…のもとに」の形で)…という状態において。また,…ということ条件または根拠として。 《下》 「一刀の-に斬り倒す」 「一か月という約束の-に依頼した」 「国益の名の-に実力行使した」

もと [1] 【元・旧

〔「もと(本)」と同源
以前。昔。副詞的,または連体詞的にも用いる。 「 -からの付き合い」 「 -へ戻る」 「二人は-同じ職場にいた」 「 -検事

もと 【本・元】

[2][0] ( 名 )
多く「元」と書く)物事生ずるはじめの物や所。ことのおこり。はじめ。 「 -へさかのぼって考え直す」 「火の-」 「出版-」
物事根本をなすところ。根幹基礎土台。⇔末。 《本》 「 -が枯れる」 「農は国の-」 「資料を-にして議論する」 〔基礎の意では「基」とも書く〕
(「因」とも書く)原因理由。 「失敗成功の-」 「けんかの-はささいなことだった」 「間違いの-」
(「素」とも書く)原料材料。 《元》 「大豆を-にして作る」 「 -を仕込む
[0] もとで。もとね。元金原価。 《元》 「 -を取る」 「 -を割る」 「 -がかかる」
草木または幹。
和歌の上の句。 ↔ 「歌どもの-をおほせられて,『これが末いかに』と問はせ給ふに/枕草子 23
接尾
助数詞
草木の数を数えるのに用いる。ほん。 《本》 「一-を植える」
鷹狩りに使うの数を数えるのに用いる。羽(わ)。 「一-」


もと(もと)

酒母のこと。

もと

  1. 袂。〔第二類 人物風俗
  2. 袂。袂の略。
  3. たもと。〔掏摸
  4. 袂。「たもと」の略。

分類 掏摸


もと


読み方:もと

  1. 呉服店太物店及び足袋屋通り符牒にして一といふ数量を表す。通り符牒参照せよ(※巻末通り符牒参照)。〔符牒

分類 符牒

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

毛戸

読み方
毛戸もと

泉本

読み方
泉本もと

読み方
もと

読み方
もと

もと

出典:『Wiktionary』 (2011/05/07 10:30 UTC 版)

名詞

一般的用字

  1. 原因始まりはじまり本来
    遺産争いのもとになる。」
  2. (元)(時間的に)(まえ)以前過去
  3. (素)あるものの原料となるもの。加工したり、える(くわえる)ことで、何らかの効果もたらすもの。
  4. (基)ものごと成り立つために必要なもの。(抽象的な意味での)土台基礎大前提
  5. 付け根
    喉元」「本(もと)をおさえて回す。」
  6. (下)付け根位置にある。(した)位置にある。あるものの下の部分
    青空の下を元気に駆け回るこども」「暗い場所なので、足元に気をつけて転ばないようにする。」
  7. (許・下)すぐ近くにある。
    「てもと (手許手元)の資料をご覧ください。」
  8. (下・許)庇護支援けたうけた状態誰か師事している状態。
  9. (下・許)すでにある枠組みわくぐみシステムったしたがった状態特定のスコープの中であること。
    法の下の平等

発音

  • も↗と








※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「もと」に関係したコラム

  • 株式やFX、CFDのアストロロジー分析とは

    株式やFX、CFDの分析手段には、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析、クオンツ分析、定量分析などがあります。そして、アストロロジー分析も株式やFX、CFDの分析手段の1つとして用いられています。ア...

  • FXの出来高の見方

    FX(外国為替証拠金取引)では、4本値をもとにテクニカル分析をすることが多いですが、出来高をもとに分析をする方法もあります。上のチャートは、赤色と白色の平均足と、黄色の出来高を描画したものです。ちなみ...

  • FXや株式のローソクボリュームとは

    株式のローソクボリュームとは、ローソク足と出来高を合わせたエクイボリュームをもとにしたチャートのことです。ローソクボリュームは、ローソク足と同じように始値、高値、安値、終値の4本値を用いてローソク足を...

  • FXやCFDのドンチャンチャネルとは

    FXやCFDのドンチャンチャネル(Donchian Channel)とは、ある期間の高値と安値の推移を線で描画したものです。高値の線をハイバンド、安値の線をローバンドということがあります。例えば、下の...

  • CFDのカマリリャピボットとは

    カマリリャピボット(Camarilla Pivot)とは、オシレーター系のテクニカル指標のピボットを元に作られた指標のことです。カマリリャピボットは、当日の値動きは前日の高値と安値の中間値が基準になる...

  • 株式の株価位置とは

    株式の株価位置とは、現在の株価が、ある期間の高値、安値のどの位の位置にあるかをパーセンテージで表したものです。株価位置は、年初来の高値と安値をもとに計算するのが一般的です。株価位置は次の計算式で求める...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「もと」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
98% |||||

8
96% |||||

9
96% |||||

10
94% |||||

もとのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



もとのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日本酒日本酒
(c)Copyright 1999-2019 Japan Sake Brewers Association
皓星社皓星社
Copyright (C) 2019 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのもと (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2019 Weblio RSS