神風とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 気象 > 気象 > > 神風の意味・解説 

かみ かぜ [2]神風

危難を救おうとして神が吹かせるという激しい風。特に元寇げんこう)の際、元の軍船を襲った大風
特攻隊の名としたことから 無謀命知らずなこと。 タクシー

かむ かぜ

かみかぜ(神風)に同じ。 -にい吹き惑はし/万葉集 199

しん ぷう [0]神風

神が吹かせるという風。かみかぜ

神風

原題:Kamikaze
製作国:フランス
製作年:1986
配給:ウエスト・ケープ・コーポレーション
スタッフ
監督:ディディエ・グルッセ 
製作:Luc Besson リュック・ベッソン
脚本:ミシェル・アルベルスタット 
台詞:Luc Besson リュック・ベッソン

ディディエ・グルッセ 
撮影:Jean Francois Robin ジャン・フランソワ・ロバン
音楽:Eric Serra エリック・セラ
美術:ダン・ウェイル 
キャスト(役名
Michel Galabru ミシェル・ガラブリュ (アルベール
Richard Bohringer リシャール・ボーランジェ (ロマン刑事
解説
リュック・ベッソンの「最後の戦い」「サブウェイ」で助監督をつとめたディディエ・グルッセ監督作。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
殺人光線でテレビアナウンサーを殺害するマッド・サイエンティスト刑事闘いを描くSFスリラー天才科学者アルベールミシェル・ガラブリュ)は、テレビアナウンサーの愚劣さに怒り画面に向かって光線発車すると人を殺せるマシンを作って三人アナウンサー殺害捜査を命じられたロマン刑事リシャール・ボーランジェ)は、ヨーロッパ中の一流学者集め研究させ、システム解明犯人テレビ逆に光線送り込むことにするが。翌日ロマンアルベール割り出すが、内務省役人超法規処置といってアルベール射殺してしまう。

神風

読み方:カミカゼkamikaze

作者 土井晩翠

初出 昭和12年

ジャンル 詩集


神風

名字 読み方
神風じんぷう
名字辞典では、珍しい名字を中心に扱っているため、一般的な名字の読み方とは異なる場合がございます。

神風

読み方
神風かみかぜ
神風じんぷう

神風

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/28 13:48 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
神風、モンゴル艦隊が破壊された。菊池容斎(1847年)

神風(かみかぜ、しんぷう、かむかぜ)は神道用語。の威力によって吹く強い風を意味する。

古くは日本書紀の垂仁紀において、「神風(かむかぜ)の伊勢の国は常世の波の敷浪の帰する国なり。この国に居らむと思ふ」という倭姫命(ヤマトヒメノミコト)が天照大神から受けた神託などに登場する。「神風の」は伊勢にかかる枕詞である(「神風や」は伊勢神宮に関係の深い五十鈴川などにもかかる)[1]

元寇の神風

『蒙古襲来絵詞』 前巻【絵六】。一時期、日本軍を撃退できた要因は「神風」と呼ばれる暴風雨であったとされた。

文永・弘安の役での2度にわたる元寇で元軍に大損害を与えた暴風雨のこと。 中国大陸・朝鮮半島をほぼ制圧したは、日本に対して元の属国となって朝貢することを迫った。 この要求を時の鎌倉幕府執権北条時宗が拒絶したところ、1274年(文永10年)と1281年(弘安4年)の二度にわたり武力併合を行なうべく、征服併合した高麗らの軍勢を従えて大船団で日本本土に攻め寄せた(元寇)。

元寇の第一回目の文永の役(ぶんえいのえき)では、元側の史料『高麗史』によると、博多湾から上陸した元軍は日本軍の激しい抵抗を受け、副司令官である左副元帥・劉復亨が負傷するなど苦戦したため、元軍総司令官である都元帥・忽敦(クドゥン)は「孫子の兵法に『小敵の堅は、大敵の擒なり』とあって、少数の兵(元軍)が力量を顧みずに頑強に戦っても、多数の兵力(日本軍)の前には結局捕虜にしかならないものである。疲弊した兵士を用い、日増しに増える敵軍と相対させるのは、完璧な策とは言えない。撤退すべきである」と述べ、元軍は撤退することに決したとされる[2]。危険な夜間の撤退を強行した元軍はその撤退道中に暴風雨に遭い、朝鮮半島の合浦に帰還した時には、13,500余人の不帰還者を出していた[3]

二回目の元寇・弘安の役(こうあんのえき)では、元軍は日本軍の猛攻(志賀島の戦い壱岐島の戦い鷹島沖海戦)で苦戦を強いられ、二ヶ月近く海上に停滞していたまま台風に遭い、大損害を出して混乱したところを日本軍の総攻撃を受けて、壊滅した(御厨海上合戦鷹島掃討戦)。元軍の捕虜は2、3万にも達した[4]

神風連(しんぷうれん)の乱

神風連の乱を描いた「熊本暴動賊魁討死之図」

1876年(明治9年)に熊本鎮台で起きた、明治政府への士族反乱。神風連の変と呼ぶこともある。「連」というのは熊本で言う郷党組織の事。詳しくは神風連の乱参照。

神風連は政府の開明政策に反対する復古主義排外主義を主張しており、国粋主義的な思想背景を持っていた。神風連(敬神党)の名は神道の信仰に由来する。

これを題材とする作品に三島由紀夫の四部作『豊饒の海第二巻「奔馬」』がある。

乗り物

1937年(昭和12年)に東京からロンドンまでの100時間を切る記録飛行に成功した朝日新聞社の航空機は神風号と称し、その乗務員が帰国して前述した伊勢神宮に参拝する事になったため、同年5月24日に現在の近畿日本鉄道(近鉄)の母系会社である大阪電気軌道(大軌)とその子会社の参宮急行電鉄(参急)は、大阪の上本町駅(現・大阪上本町駅)から伊勢神宮外宮の最寄駅である宇治山田駅まで臨時の記念特急電車を運行し、その特急電車も「神風」と名づけられた。

「神風」はその翌日から同社の定期特急列車の名前に採用され、1938年(昭和13年)ごろまで大軌の看板列車として走り続けた。なお、航空機の方の「神風」に基づいたクラシック音楽で、神戸出身の作曲家大澤壽人による「ピアノ協奏曲第3番《神風》」というものがある。

船の名前としても用いられた。日本海軍の駆逐艦には、初代「神風型」と、二代目「神風型」がいる。また、戦後も海上保安庁ちよかぜ型巡視艇の一隻に「かみかぜ」の名が与えられている。

また、国内で設計された航空機用エンジンとしては、初めて量産化に成功したエンジンは「神風」と名付けられ、小型軽患者輸送機などに搭載された。

第二次世界大戦の神風

1944年11月25日、USS エセックスに体当りするYamaguchi Yoshinori中尉の特攻機(彗星)。着色された写真。

「神風」は、日本のその後の思想に大きな影響を与えた。特別攻撃隊神風(Kamikaze)は、元寇を追い払った神風と同様に、連合国を討つということに由来する。この神風特別攻撃隊の事例は、世界的に有名となった。

終戦後に民間航空便が再開されるとパイロット不足から生き残った元日本軍のパイロットらが多く雇用されたが、「神風パイロットが操縦するのか」と罵倒されるなど戦後日本の航空業界にも悪いイメージを与えた[5]

ヘロドトスの「神風」

古代ギリシア歴史家ヘロドトスの『歴史』によれば、紀元前492年アケメネス朝ペルシア帝国海軍が、ギリシア本土に侵攻しようとした際、アトス半島で「神風」にあって艦船が大破、ペルシャ軍は戦わずして潰走したとされている。

ギリシア神話に基づけば、この風はにギリシアの北方から冷たい風をもたらすボレアス(Boreas)という神が呼び起こしたもので、時には恐ろしい破壊をもたらしたという。

ボレアスがアテナイの王女オレイテュイアを略奪する神話は、芸術作品の素材としてもよく知られており、アテナイの人々はボレアスを親類としていた。

なお、イソップ物語に登場する『北風と太陽』は本来ボレアスと太陽神アポロンのやりとりであったと言われている。

比喩としての「神風」

元寇の時の故事に由来して、思いがけない幸運に恵まれることについて「神風が吹く」という表現が使われる。

また、神風特攻隊に由来して、身の危険を省みない攻撃に対する比喩としても用いられる。アメリカ同時多発テロ事件の頃から、アルカーイダによる自爆テロに対しKamikazeという形容語が各種マスコミ(欧米、及びアラブ寄りのマスコミ)によって用いられた。外来語が原義と異なる意味になる例として、英語のkamikazeと日本語の神風の意味にずれが生じるのは外来語取り入れの過程で他にも起きることである。また日本でも戦後、乱暴な運転を行うタクシーを「神風タクシー」と呼んだ例がある。カクテルカミカゼは味の切れの鋭さを例えた命名である。

徘徊型兵器はその特性からカミカゼUAVなどと表現される。

ドラゴンクエストシリーズで自爆する呪文『メガンテ』は海外版で『Kamikazee』と訳されている[6]

和歌

古くは『万葉集』に神風について記述したものが見られ、例として、巻第二163番には大来皇女の歌として、「神風の 伊勢の国にも あらましを 何しか来けむ 君もあらなくに」や同巻199番には柿本人麻呂の歌として、敵軍に神風が吹いて混乱させる旨の内容が記述されていることから、奈良時代の時点で軍事で神風が吹くといった考え方があったことがわかる。

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 松村明他「古語辞典」(第十版)旺文社 2008年
  2. ^ 『高麗史』巻一百四 列伝十七 金方慶「諸軍與戰、及暮乃解、方慶謂忽敦茶丘曰、『兵法千里縣軍、其鋒不可當、我師雖少、已入敵境、人自爲戰、即孟明焚船淮陰背水也、請復戰』、忽敦曰、『兵法小敵之堅、大敵之擒、策疲乏之兵、敵日滋之衆、非完計也、不若回軍』復亨中流矢、先登舟、遂引兵還、會夜大風雨、戰艦觸岩多敗、侁堕水死、到合浦、」
  3. ^ 『高麗史』巻二十八 世家二十八 忠烈王一 元宗十五年(十一月)己亥(二十七日)の条「己亥、東征師還合浦、遣同知樞密院事張鎰勞之、軍不還者無慮萬三千五百餘人。」
  4. ^ 『元史』 巻二百八 列傳第九十五 外夷一 日本國「七日日本人来戦、盡死。余二三萬為其虜去」
  5. ^ 立花譲『帝国海軍士官になった日系二世』(築地書館、1994)232頁
  6. ^ ドラクエやモンハンの世界をどう訳す? 「教会の十字架の形まで変える」ゲーム翻訳の奥深き世界 (2/4) - ねとらぼ

関連項目

外部リンク

ウィクショナリーには、神風の項目があります。


神・風

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/03/05 00:11 UTC 版)

神・風
ジャンル 青年向け少年漫画
アクションバトル
漫画
作者 士貴智志
出版社 講談社
掲載誌 月刊アフタヌーン
レーベル 講談社アフタヌーンKCデラックス
発表期間 1997年-2003年
巻数 全7巻
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト 漫画
ポータル 漫画文学アニメ

神・風』(かみかぜ)は、士貴智志による日本漫画作品。 2003年12月26日にはキングレコードよりドラマCDもリリースされた。

ストーリー

現代より遡ること千年以上前、「まつろわぬ化外の民」と呼ばれる5つの種族が、力を合わせて邪悪な「八十八のケモノ」を鎮めた。ところがその時に五つの種族のうち、空、火、風の3つの民はケモノの邪悪な力により呪われてしまった。 時は流れ20世紀末、化外の民とケモノとの間にある永きに渡る因縁を知らない世間の人々(化外の民の言葉で「赤土(あかはに)」と呼ばれる)の暮らしの中に、突如として「八十八のケモノ」が現れ、都市部を蹂躙する。この異常事態を打開する力を持つのは、ケモノの呪いから免れた土と水の民の一族であったが、水の民の最後の末裔である御子神みさをは、自らの宿命を知らぬまま赤土の一員として暮らしていた。 御子神みさをを付け狙う一族と、それを護ろうと動き出す地の民の長・石神カムロとの間の激しい攻防が、御子神みさをを台風の目として繰り広げられるのだった。

登場人物

声優はドラマCD版のもの

石神カムロ
声:石田彰
本作の主人公であり、「化外の民」地の民の長。御子神みさをを護ることで「八十八のケモノ」復活阻止を目指す。神剣「神風」を所持し、多くの敵と渡り合う。
御子神みさを
声:雪野五月
本作のヒロイン。「化外の民」水の民の長に連なる血統であると同時に、そのために「八十八のケモノ」復活の鍵として命を狙われる存在でもある。当初は自らの血統について詳細を知らず、赤土の一員として暮らしていたが、徐々に状況を理解し、勇敢さを獲得してゆく。
比嘉悠
声:関俊彦
「化外の民」火の民の長。ストーリー序盤の敵として立ちはだかる。風の民の長であるかえでとは恋仲であり、一児を設けている。
かえで
声:折笠愛
「化外の民」風の民の長。「八十八のケモノ」復活を成就するため、御子神みさを捕獲を部下に命じた。
藍隈
かえでの部下。比嘉に実り難き恋心を抱いている。
紅隈
かえでの部下。後に比嘉のやり方に疑問を持ち離反し、独自行動を取るようになる。巨大な犬「ランスロット」を従える。
会田
石神が持つ「神風」とは異なるもう一振りの「神風」を持つ男。御子神みさを恋い慕う。
南郷力丸
藍隈の戦友。
火焔隈
声:小西克之
火の民の一員。比嘉を盲信している。
利平
弁天小僧菊之助
「白浪五人男」の一員。人間社会に強い憎悪を抱いている。
間瀬圭子
雑誌編集者。みさをの知り合いであり、「八十八のケモノ」周辺の事件を取材しようと奔走する。
おとろし
「八十八のケモノ」の頂点に立つとされる存在。しかし比嘉によってその力が大きく削がれている。
茅野
「化外の民」空(うつほ)の民の長。比嘉やかえでとはやや異なる立ち位置から暗躍する。
おつわ
土の民の隠れ里に住まう守護者。着物を纏った童女の姿をしている。
佐依
近永勇

世界観・用語

化外の民(まつろわぬ化外の民)
赤土
化外の民の言葉でいう、異能を知らない一般人。
八十八のケモノ
神風

書籍

注釈

出典


神風

出典:『Wiktionary』 (2012/04/22 08:37 UTC 版)

名詞

かむかぜかみかぜしんぷう

  1. 神が吹かせた風。
  2. 1.のうち、元寇時に日本通過した台風二度元寇追い払った。
  3. (しんぷう) 神風特別特攻隊の略
  4. (かみかぜ) 神風タクシーの略

語源

起こしから。

翻訳




神風と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「神風」の関連用語

神風のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



神風のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
名字見聞録名字見聞録
copyright©1996-2020 SPECTRE all rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの神風 (改訂履歴)、神・風 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの神風 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS