カミカゼとは?

かみ‐かぜ【神風】

【一】

神が吹き起こすという風。特に、元寇(げんこう)の際に吹いた激しい風。

第二次大戦末期日本軍特別攻撃隊冠した名称。神風(しんぷう)特別攻撃隊。→特攻隊

2から転じて》その行為向こうみず人命粗末にするたとえ。「神風運転」

【二】昭和12年(1937)東京ロンドン間を飛び、実飛行51時間余の記録立て国産二人乗り飛行機


カミカゼ

カミカゼ カミカゼ
 レシピ
カミカゼ
■  ストリチナヤ
(STOLICHNAYA)
20ml
カミカゼ
カミカゼ
カミカゼ
■  WHITE CURACAOORANGE HEERING
ホワイトキュラソー(オレンジヒーリング)
20ml
カミカゼ
カミカゼ
カミカゼ
■  サントリーカクテルライム 20ml
カミカゼ
カミカゼ
カミカゼ

 作り方
カミカゼ
シェークして、氷を入れたロック・グラスに注ぐ。


※レシピの分量表記について
カミカゼ
カクテルタイプ:ロング
グラスロック・グラス
テイスト:中甘辛
色:白
アルコール度数:強い(25度以上)
製法シェーク

ワンポイント
カミカゼ
「カミカゼ」とは、第2次世界大戦時に日本戦闘機につけられた名前。名前は日本名だが、アメリカ生まれカクテルホワイトキュラソー苦みばしった味が印象的。カミカゼのように鋭い口当たり名前の由来だろうか第1次世界大戦後から少しずつ兵器名のついたカクテルがカクテルブックにのるようになった。「フレンチ75」、「B-52」など。カクテルいろいろな国の飲み物ひとつになって新し味わい作り出す。平和の時代飲み物

ストリチナヤとはロシア語で“首都の”という意味。「ストリチナヤ」は、その名のとおり首都モスクワで生まれ生粋のロシア・ウオツカ。口当たりきわめてソフトで、デリケート香りがある。また、キャビアにもっとも合う“キャビア・ウオツカ”としても世界喧伝されている。

オレンジ ヒーリング」は、ヒーリングチェリーの姉妹品小粒オレンジほろ苦いグリーンの皮を原料に、ヒーリング社独自の技術作り上げたオレンジリキュールの逸品である。バランスのとれた爽やかな口当たりと、気品ある香りが溶け合った豊かな味わい特徴的

かみ風

読み方:カミカゼ(kamikaze

初演 明治37.11(京都歌舞伎座)


神風

読み方:カミカゼ(kamikaze

作者 土井晩翠

初出 昭和12年

ジャンル 詩集


神風

(カミカゼ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/28 17:31 UTC 版)

神風(かみかぜ、しんぷう、かむかぜ)は神道用語。の威力によって吹く強い風を意味する。


  1. ^ 松村明他「古語辞典」(第十版)旺文社 2008年
  2. ^ 『高麗史』巻一百四 列伝十七 金方慶「諸軍與戰、及暮乃解、方慶謂忽敦茶丘曰、『兵法千里縣軍、其鋒不可當、我師雖少、已入敵境、人自爲戰、即孟明焚船淮陰背水也、請復戰』、忽敦曰、『兵法小敵之堅、大敵之擒、策疲乏之兵、敵日滋之衆、非完計也、不若回軍』復亨中流矢、先登舟、遂引兵還、會夜大風雨、戰艦觸岩多敗、侁堕水死、到合浦、」
  3. ^ 『高麗史』巻二十八 世家二十八 忠烈王一 元宗十五年(十一月)己亥(二十七日)の条「己亥、東征師還合浦、遣同知樞密院事張鎰勞之、軍不還者無慮萬三千五百餘人。」
  4. ^ 『元史』 巻二百八 列傳第九十五 外夷一 日本國「七日日本人来戦、盡死。余二三萬為其虜去」
  5. ^ 立花譲『帝国海軍士官になった日系二世』(築地書館、1994)232頁
  6. ^ ドラクエやモンハンの世界をどう訳す? 「教会の十字架の形まで変える」ゲーム翻訳の奥深き世界 (2/4) - ねとらぼ





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カミカゼ」の関連用語

カミカゼのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



カミカゼのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
サントリーサントリー
COPYRIGHT © 1995-2021 SUNTORY LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.
サントリー株式会社カクテルレシピ
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの神風 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS