枕詞とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 言葉 > > 枕詞の意味・解説 

枕詞

読み方:まくらことば

枕詞(まくらことば)とは、和歌古典文学における表現技法一つである。特定の語の前に置かれ、その語の意味引き立てる役割を果たす。枕詞は、詩的な表現豊かにするために用いられ、同じ語が繰り返し出現する際にもその単調さ避け効果がある。枕詞は現代の歌詞文章においても見受けられ表現一環として活用されている。特に、歌詞ではリズムや韻を整えるため、また、文章で語彙豊かさを出すために使用されることがある

枕詞

読み方:まくらことば

 枕詞とは

枕詞とは、和歌などにおいて、決められた語の前において修飾したり、語調整えたりする語である。枕詞の多くは5文字構成されている。よく知られる枕詞に「ちはやぶる」が挙げられる。「ちはやぶる」は、動詞の「ちはやぶ」の連体形で、荒々しい猛々しいという意味を持ち「神」宇治」にかかる。「ちはやふる 神代もきかず 竜田川 からくれなゐに くくるとは」という和歌がある。枕詞のかかる言葉の数は枕詞によってまちまちである。例えば、「ひさかたの」は、「あられ」「雨」「空」「月」「月夜「雪」「昼」「天」「日」にかかる。また、たらちねの」は「母」「親」にかかる。枕詞の語は、「枕詞が長い」といった使い方をすることができる。枕詞が長いとは、前置き長いという意味である。「彼は枕詞が長いので聞いていて疲れる」のような使い方をする。

まくら‐ことば【枕詞/枕言葉】

読み方:まくらことば

昔の歌文、特に和歌用いられる修辞法の一。一定の語句冠してこれを修飾し、または語調整え言葉。普通は5音、まれに3音・4音などのものもある。「あしひきの」「たらちねの」「ひさかたの」など。冠辞

前置き言葉

寝物語枕物語

二つならべて—ぢゃ」〈西鶴大矢数


枕詞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/10/26 05:42 UTC 版)

枕言葉(まくらことば)とは、主として和歌に見られる修辞で、特定の語の前に置いて語調を整えたり、ある種の情緒を添える言葉のこと。序詞とともに万葉集の頃から用いられた技法である。


注釈

  1. ^ 『人麻呂の暗号』,『古事記の暗号』,『枕詞の暗号』(『枕詞千年の謎』 改題)(新潮社) 藤村由加 著。
    特に、藤村由加によると、枕詞のほとんどは「枕詞」と「被枕詞」がほぼ同義になるという。たとえば「足引き」は「山」という意味である。「たらちね」は「母」という意味である。「久方」は「高い空」という意味である。このように「枕詞」と「被枕詞」がほぼ同義になる。なぜそういう用法をなすかというと、(古代語レベルで)同じ意味の言葉を重ねることで、その言葉を強調するのが枕詞の目的であるとしている。
  2. ^ 茜色に照り映えるという意味から[14]
  3. ^ 紫(古代紫)は赤みを帯びていることから[14]
  4. ^ 照り映えて美しいという意味から[14]
  5. ^ 明星が明け方に出るところから。「飽く」は同音による。[15]
  6. ^ 明るく照り映えるという意味から[16]
  7. ^ 赤みを帯びるという意味から[16]
  8. ^ 上代の呪術信仰の一つとして、草を結んで幸福を祈るところから。[18]
  9. ^ 朝霧の中でぼんやりとしか見えないという意味から。「乱る」は乱れ散って晴れるという意も。[19]
  10. ^ 朝霧が八重に立つという意味から[19]
  11. ^ 朝露の消えやすく、はかないという意味から[20]
  12. ^ 露がおくという意味から[20]
  13. ^ 雲が浮かび漂うところから[21]
  14. ^ 石上神宮が古代より布留の地(現天理市布留町)に鎮座することから。「古る」、「降る」は同音による。[22]
  15. ^ 妹がかぶる御笠の意味から[23]
  16. ^ 大君に差し掛ける御笠(みかさ)の意味から[24]
  17. ^ 伊勢神宮や神に関係のある語にかかる。[25]
  18. ^ 「白露」の語は姫路市を表す言葉としても使われている。
  19. ^ 勢いが激しいという意味から[26]
  20. ^ 飛ぶ鳥が早いことから「早く」にかかる[27]
  21. ^ 本来、信濃の枕詞は「水薦苅」すなわち「みこもかる」であったが、近世に「薦」を「篶」の誤字とする説が有力となり「みすずかる」が広まった。[要出典]
  22. ^ 水鳥の生態から[29]
  23. ^ 水鳥の一種である「鴨」、または同音の「賀茂」から[29]
  24. ^ 鴨の羽が青いことから[29]

出典

  1. ^ 境田四郎「枕詞と序詞」 『万葉集大成6 言語篇』(平凡社、1955年)331頁
  2. ^ 福井久蔵『枕詞の研究と釈義』 不二書房、1927年
  3. ^ a b 土橋寛『古代歌謡論』
  4. ^ 「万葉集の枕詞」『万葉集講座』研究方法篇(春陽堂
  5. ^ 増井元「万葉集の枕詞」『万葉集講座』第3巻(有精堂)
  6. ^ 『折口信夫全集』第1巻
  7. ^ 「万葉集の連合表現」『万葉集研究』第2巻
  8. ^ 『全集』第1巻など
  9. ^ 稲岡耕二「人麻呂の枕詞について」『万葉集研究』第1巻
  10. ^ 澤瀉久孝「枕詞における人麻呂の独創性」『万葉集の作品と時代』
  11. ^ 『古代和歌の発生』
  12. ^ 廣岡義隆「言語遊戯としての枕詞」『上代言語動態論』
  13. ^ 朴炳植『萬葉集枕詞辞典』小学館、1990年 ISBN 978-4-09-387050-4、など。
  14. ^ a b c コトバンク 大辞林(第三版) 茜さす
  15. ^ コトバンク デジタル大辞泉 明星の
  16. ^ a b コトバンク デジタル大辞泉 赤ら引く
  17. ^ コトバンク デジタル大辞泉 秋風の
  18. ^ コトバンク デジタル大辞泉 秋草の
  19. ^ a b コトバンク デジタル大辞泉・大辞林(第三版) 朝霧の
  20. ^ a b コトバンク デジタル大辞泉・大辞林(第三版) 朝露の
  21. ^ コトバンク デジタル大辞泉 天雲の
  22. ^ コトバンク デジタル大辞泉・大辞林(第三版) 石上
  23. ^ コトバンク デジタル大辞泉・大辞林(第三版) 妹が着る
  24. ^ コトバンク デジタル大辞泉・大辞林(第三版) 大君の
  25. ^ コトバンク デジタル大辞泉 神風や
  26. ^ コトバンク デジタル大辞泉 千早振る
  27. ^ とぶとり-の 【飛ぶ鳥の】学研全訳古語辞典
  28. ^ とりが鳴く工藤進『日本語はどこから生まれたか―「日本語」・「インド=ヨーロッパ語」同一起源説』(ベスト新書)
  29. ^ a b c コトバンク デジタル大辞泉・大辞林(第三版) 水鳥の


「枕詞」の続きの解説一覧

枕詞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/11 07:12 UTC 版)

「春」の記事における「枕詞」の解説

枕詞は「あづさゆみ」。「弓を張る(はる)」にかけた。

※この「枕詞」の解説は、「春」の解説の一部です。
「枕詞」を含む「春」の記事については、「春」の概要を参照ください。


枕詞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 09:24 UTC 版)

越国」の記事における「枕詞」の解説

越にかかる枕詞は「しなざかる」である。これは、「しな(信濃国)より遠ざかり越にいたる」という意味であると言われる

※この「枕詞」の解説は、「越国」の解説の一部です。
「枕詞」を含む「越国」の記事については、「越国」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「枕詞」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

枕詞

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 10:28 UTC 版)

和語の漢字表記

まくらことば

  1. まくらことば」を参照

「枕詞」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



枕詞と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「枕詞」の関連用語

枕詞のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



枕詞のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの枕詞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの春 (改訂履歴)、越国 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの枕詞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS