香具山とは?

大和三山
香具山
畝傍山
耳成山

名称: 大和三山
 香具山
 畝傍山
 耳成山
ふりがな やまとさんざん
 かぐやま
 うねびやま
 みみなしやま
種別 名勝
種別2:
都道府県 奈良県
市区町村 橿原市
管理団体
指定年月日 2005.07.14(平成17.07.14)
指定基準 名3,名10,名11
特別指定年月日
追加指定年月日
解説文: 大和三山は奈良盆地南部位置し、香具山(152.4m)、畝傍山(199.2m)、耳成山(139.7m)の3つの独立丘陵から成る。香具山は多武峰から北西延びる支稜線浸食により切り離され、独立丘陵として残存したもので、畝傍山耳成山それぞれ沖積盆地底に位置する円錐形いわゆる死火山である。
3つの山は古来、有力氏族祖神産土神など、この地方に住み着いた神々鎮まる山として神聖視され、その頂部や麓に『日本書紀』に記す天香具山社、『延喜式』の式内社である畝火山口坐神社耳成山口神社などが祀られてきた。
また、高市皇子654696)の香具山宮や推古天皇554628)の耳行宮など皇宮造営地ともされ、特に『万葉集』の「藤原宮御井の歌」と呼ばれる有名な長歌からは、694年持統天皇645702)が造営した藤原宮は大和三山に囲まれた平地位置したことが知られる。『続日本紀』に記す和銅元年708)の「平城遷都詔」によると、平城宮では「叶四禽図、三山作鎮」土地が選地の条件とされたことから、藤原宮造営に当たって東・西・北の三方それぞれ香具山・畝傍山耳成山位置する立地条件宮都を営む上での重要な条件とされたことが想定できる。
大和三山を詠んだ和歌多く、特に『万葉集』には中大兄皇子柿本人麻呂和歌をはじめ、持統天皇の「春過ぎて夏来るらし 白たへの衣ほしたり 天の香具山」など有名な和歌多数収められている。『万葉集のみならず古今和歌集』や『新古今和歌集』など後続勅撰和歌集にも大和三山を詠った和歌数多く見られ、大和三山は重要な歌枕として、その観賞上の地位確立ていった
さらに近世においては、『大和名所図会』などの地誌案内記をはじめ、本居宣長の『菅笠日記』などの紀行文においても紹介され、万葉世界を代表する名所として広く知れわたるようになった
明治維新に伴い、大和三山の一部御料地として帝室林野局管理下に置かれたが、第2次世界大戦後、多く区域国有林野として農林水産省管理下に置かれた。アカマツからアラカシヒノキリョウブなどが優占する林相へと遷移しており、全体として良好森林景観維持されている。
上のように、大和三山は日本古来神々鎮座する山として神聖視されるとともに古代宮都造営に際して精神上又は景観上の重要な意義をもち、歌枕関わる名所としても遍く知られた。その地形樹叢がもつ観賞上の価値名所的・学術的価値はともに高い。
史跡名勝記念物のほかの用語一覧
名勝:  多賀神社奥書院庭園  大三島  大仙院庭園  大和三山  大沢池  大沼の浮島  大角氏庭園

天香久山

(香具山 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/24 13:24 UTC 版)

天香久山天香具山(あまのかぐやま、あめのかぐやま)、または香久山香具山(かぐやま)は、奈良県橿原市にある山。畝傍山耳成山とともに大和三山と呼ばれる。標高は152.4メートルと三山の中では標高は2番目である。他の二山が単独峰であることに比して多武峰から続く竜門山地の端にあたる[1]




  1. ^ a b 「ウオーキング - 大和三山」『月刊よみっこ』第130巻、読売奈良ライフ、2012年10月、 38-39頁。
  2. ^ 国土交通省・歴史的風土保存区域及び歴史的風土特別保存地区指定状況
  3. ^ a b 奈良県の歴史散歩 下、23頁
  4. ^ 栗田寛古風土記逸文考証(下)』大日本図書、1903年6月18日(Japanese)。「『阿波國ノ風土記ノ如クハ、空ヨリ降リタル山ノ大キナルハ、阿波國ニ降リタルヲアマノリト山ト云、其山ノクダケテ大和ニフリツキタルヲ、アマノカク山ト云トナン申、先覺 萬葉鈔』著者は伊予国の故事が誤って伝わったものかと推測している。『アマノリト』は版によっては『アマノモト』と記され、こちらが正しいとも(井上通泰 上代歴史地理新考)」
  5. ^ 近畿中国森林管理局 奈良森林管理事務所 - 大和三山風景林
  6. ^ 天香山神社(橿原市公式サイト)
  7. ^ 天岩戸神社(橿原市公式サイト)
  8. ^ 奈良県の歴史散歩 下、26頁
  9. ^ 真弓常忠『天香山と畝火山』学生社版、1971年。
  10. ^ 成迫法之 (2010-11-11). “天香久山と畝傍山の埴土研究-その土器原料としての物性について-”. 全国地質調査業協会連合会「技術フォーラム2010」. http://www.web-gis.jp/e-Forum/2010/049.pdf 
  11. ^ 奈良県の歴史散歩 下、25頁
  12. ^ りっしんべん(心部)に「可」。


「天香久山」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「香具山」の関連用語

香具山のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



香具山のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2019 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの天香久山 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS