古来とは? わかりやすく解説

こ‐らい【古来】


古来

読み方:フルク(furuku)

所在 茨城県つくば市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

〒305-0021  茨城県つくば市古来

古来

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/02 05:29 UTC 版)

古来(ふるく[6])は、茨城県つくば市にある地名。郵便番号は305-0021[4]。当地域の人口は823人(2022年2月1日現在、住民基本台帳調査による。つくば市調べ)[3]




注釈

  1. ^ つくば市教育委員会 (2020, 解説(i))には本村と島坪と記されている。
  2. ^ 文禄3年(1594年)の検地で村高が確定して以降、当地で地詰検地は行われなかった[10]
  3. ^ つくば市教育委員会 (2020, p. 25)による表記。ゴマの意か。
  4. ^ 3年前にあたる享保6年(1721年)時点での村内の人口は277人である[11]
  5. ^ 銘中にも「八青石卒都婆」の文字がある[37]

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 編 2009a, pp. 845–846.
  2. ^ a b c d e 豊田 2020, p. 2.
  3. ^ a b c 令和3年度行政区別人口表”. つくば市 (2022年2月16日). 2022年3月11日閲覧。
  4. ^ a b 茨城県 つくば市 古来の郵便番号”. 日本郵便. 2022年3月11日閲覧。
  5. ^ 市外局番の一覧(令和4年3月1日現在) (PDF)”. 総務省. 2022年3月11日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h 『茨城県道路地図』8、昭文社〈県別マップル〉、2017年、第5版、35頁。ISBN 978-4-398-62677-6
  7. ^ a b c d e 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 編 2009b, pp. 1313–1314.
  8. ^ a b 茨城県つくば市古来 - 人口総数及び世帯総数”. 人口統計ラボ. 2022年3月11日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g 平凡社 編 1982, p. 460.
  10. ^ a b c d つくば市教育委員会 2020, 解説(i).
  11. ^ a b c d e f g つくば市教育委員会 2020, 解説(ii).
  12. ^ つくば市教育委員会 2020, 解説(i)・(ii).
  13. ^ つくば市教育委員会 2020, 解説(iv).
  14. ^ a b 豊田 2020, p. 3.
  15. ^ 豊田 2020, p. 4.
  16. ^ a b 産業(大分類),男女別15歳以上就業者数 -町丁・字等”. 総務省統計局 (2017年5月30日). 2022年3月12日閲覧。
  17. ^ a b 産業(中分類)別民営事業所数及び男女別従業者数―市区町村,町丁・大字 / (1) 総数~I 卸売業,小売業”. 総務省統計局 (2018年6月28日). 2022年3月12日閲覧。
  18. ^ 産業(中分類)別民営事業所数及び男女別従業者数―市区町村,町丁・大字 / (2) J 金融業,保険業~R サービス業(他に分類されないもの)”. 総務省統計局 (2018年6月28日). 2022年3月12日閲覧。
  19. ^ つくば市教育委員会 2020, p. 25.
  20. ^ 小学校への就学”. つくば市 (2021年4月5日). 2022年3月11日閲覧。
  21. ^ 中学校への就学”. つくば市 (2021年4月5日). 2022年3月11日閲覧。
  22. ^ 路線図【土浦営業所】 (PDF)”. 関東鉄道 (2020年12月16日). 2022年3月13日閲覧。
  23. ^ 古来 標柱:1 時刻表”. 関東鉄道. 2022年3月13日閲覧。
  24. ^ 古来 標柱:2 時刻表”. 関東鉄道. 2022年3月13日閲覧。
  25. ^ つくタクガイド(令和3年(2021年)4月版) (PDF)”. つくば市. p. 2 (2021年4月). 2022年3月13日閲覧。
  26. ^ 農産物直売所”. JAつくば市. 2022年3月11日閲覧。
  27. ^ つくば橋本眼科ホームページ”. 2022年3月11日閲覧。
  28. ^ 大見クリニック公式ページ”. 2022年3月11日閲覧。
  29. ^ つくばローズガーデン”. 2022年3月11日閲覧。
  30. ^ 相沢冬樹「今年のバラは長く楽しめそう 「つくばローズガーデン」公開始まる」『NEWSつくば』、2019年5月14日。2022年3月14日閲覧。
  31. ^ ホーム - tsukubachurch.com”. Tsukuba International Christian Assembly. 2022年3月11日閲覧。
  32. ^ つくばインターナショナルクリスチャンアッセンブリー教会”. 日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団 (2019年7月25日). 2022年3月11日閲覧。
  33. ^ 桜村編さん委員会 編 1982, pp. 93–94.
  34. ^ 桜村編さん委員会 編 1982, pp. 182–183.
  35. ^ 桜村編さん委員会 編 1982, pp. 203–204.
  36. ^ a b 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 編 2009b, p. 1310.
  37. ^ a b c d e f g h 桜村編さん委員会 編 1982, p. 195.
  38. ^ a b c d つくば市桜歴史民俗資料館 (PDF)”. つくば市. 2022年3月11日閲覧。
  39. ^ a b つくば市文化財保存活用計画 : 「市民が誇り、市民とともに伝える文化財」へ向けて (PDF)”. つくば市教育委員会. p. 26 (2019年2月). 2022年3月11日閲覧。
  40. ^ a b 板碑”. 茨城県教育委員会. 2022年3月11日閲覧。
  41. ^ 桜村編さん委員会 編 1982, pp. 195–196.
  42. ^ 桜村編さん委員会 編 1982, pp. 196–197.


「古来」の続きの解説一覧

古来

出典:『Wiktionary』 (2021/10/10 21:05 UTC 版)

副詞

 (こらい)

  1. 古くからずっと。から今までもしくは焦点となる時点まで。

「古来」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  
  •  古来のページへのリンク

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

古来のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



古来のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日本郵政株式会社日本郵政株式会社
Copyright (C) 2022 JAPAN POST SERVICE Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの古来 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの古来 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS