緑泥片岩とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 鉱物 > 片岩 > 緑泥片岩の意味・解説 

結晶片岩

(緑泥片岩 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/30 02:24 UTC 版)

結晶片岩(けっしょうへんがん、: crystalline schist[1])は、変成岩の一種。片岩(へんがん、schist[1])ともいう。広域変成作用により地下深部で剪断応力を受けて再結晶したため、雲母のような板状の鉱物角閃石のような柱状の鉱物が方向性をもって配列し、岩石は片理(へんり、schistosity)と呼ばれる、面状構造を持つ。岩石は片理に沿って板状に割れやすい。


  1. ^ a b 文部省学術用語集 地学編』 日本学術振興会、1984年、ISBN 4-8181-8401-2。(オンライン学術用語集
  2. ^ 「風月、庭園、香りとはなにか 伝統を読みなおす3」ISBN 978-4344951938


「結晶片岩」の続きの解説一覧



緑泥片岩と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「緑泥片岩」の関連用語

緑泥片岩のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



緑泥片岩のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの結晶片岩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS