つくば市とは?

つくば市

読み方:ツクバシ(tsukubashi)

所在 茨城県

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

つくば市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/05 06:13 UTC 版)

つくば市(つくばし)は、茨城県南部に位置するである。学術・研究都市としての筑波研究学園都市はつくば市全域を区域とする。業務核都市国際会議観光都市に指定されている。




  1. ^ 土地区画整理事業の換地処分により、2014年6月28日同市苅間2530番地2(研究学園一丁目D32街区2)より住居表示変更
  2. ^ a b 日下 2016, p. 92.
  3. ^ 気象庁|過去の気象データ検索”. 2018年1月20日閲覧。
  4. ^ 財団法人常陽藝文センター・茨城新聞社出版局 編『茨城県44市町村オールガイド いばらき 44』茨城新聞社、2009年4月1日、183pp. ISBN 978-4-87273-238-2 (86ページより)
  5. ^ a b 小野寺 敦 監修 『茨城「地理・地名・地図」の謎』 (2014, pp. 14-16)
  6. ^ 毎日新聞水戸支局 編著『検証・つくば合併』筑波書林、平成元年2月20日、222pp.(51ページより)
  7. ^ 毎日新聞水戸支局 編著『検証・つくば合併』筑波書林、平成元年2月20日、222pp.(49 - 50ページより)
  8. ^ 当時、「学園都市」と呼ぶことが多かったことから。
  9. ^ 筑波町が合併協議から離脱し、同名の市町が並ぶことに伴う混乱を避ける目的と、筑波郡ではなく、新治郡に属していた桜村への配慮から。
  10. ^ 毎日新聞水戸支局 編著『検証・つくば合併』筑波書林、平成元年2月20日、222pp.(49 - 51ページより)
  11. ^ a b つくば市FactBook2011 Archived 2012年2月10日, at the Wayback Machine.:10ページ。(2012年8月10日閲覧。)
  12. ^ 統計つくば2011:42ページ。(2012年8月10日閲覧。)
  13. ^ 2011年(平成23年)10月1日現在の国勢調査人口が215,877人、外国人登録者数が7,565人であるため、約3.50%となる。
  14. ^ 『データブック オブ・ザ・ワールド 2011年度版』.、二宮書店、2011年、52・53ページ。
  15. ^ 厚生労働省:平成17年 市区町村別生命表の概況(2012年8月10日閲覧。)
  16. ^ a b 茨城地方史研究会 編『茨城の史跡は語る』瀬谷義彦・佐久間好雄 監修、茨城新聞社、平成元年12月30日、317pp.(239 - 241ページより)
  17. ^ 『図典 日本の市町村章』58ページ。
  18. ^ お知らせ-牛久市 0298地域の局番が変更になります”. 2012年10月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月10日閲覧。
  19. ^ AIST TODAY - 産業技術総合研究所 2003.01 Vol.3 No.1 (PDF)” (2003年1月1日). 2004年1月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月10日閲覧。
  20. ^ 毎日新聞2011年4月19日「福島第1原発:放射線証明の提示要求を撤回つくば」(2011年4月21日時点のアーカイブ)掲載内部文書に「市に転入したときが、被災後であれば土浦保健所にて放射線に関する検査をしていただく。検査終了後問題がなければ通常の手続き」とある。
  21. ^ “突風:つくばで竜巻か 栃木でも…40人以上けが”. 毎日新聞. (2012年5月6日). オリジナル2012年5月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120506175052/http://mainichi.jp/select/news/20120506k0000e040154000c.html 2015年9月19日閲覧。 
  22. ^ a b “学園都市50年で式典 理念回顧、発展誓う”. 茨城新聞. (2013年11月13日). http://ibarakinews.jp/news/news.php?f_jun=13842677539219 2013年11月17日閲覧。 
  23. ^ “来春までに一定結論 合併 つくば、土浦市初の勉強会”. 東京新聞. (2014年2月12日). オリジナル2014年2月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140222220017/http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/20140212/CK2014021202000136.html 2015年9月19日閲覧。 
  24. ^ つくば市東京事務所
  25. ^ 茨城県議会 - 県議会議員名簿
  26. ^ 統計つくば2011:46ページ。
  27. ^ パンの街つくばプロジェクト"活動実績 パンの街つくば"(2010年11月4日閲覧。)
  28. ^ つくば市民白書実行委員会 編『つくば市民白書2008 市民の目で見たつくばの今』つくば市民白書実行委員会、2008年(平成20年)7月15日、140pp.(52ページより)
  29. ^ a b c d e f g h i 平成29年度末・平成30年度当初の学校の異動状況(2018年4月16日閲覧。)
  30. ^ つくば市立大形小学校 大形小学校閉校式(2012年3月17日閲覧。)
  31. ^ つくば市立山口小学校 山口小学校ニュース(2014年4月18日閲覧。)
  32. ^ 統計つくば2011:18ページ。
  33. ^ a b 「23 土浦高架街路」『60プロジェクトによむ日本の都市づくり』 日本都市計画学会、朝倉書店、2011年11月ISBN 978-4-254-26638-2
  34. ^ 茨城県土木部都市計画課新交通推進室長 中川三郎「筑波研究学園都市の新交通について」『道路セミナー』1979年(昭和54年)1月号(全国加除法令出版)
  35. ^ 田沢大「土浦高架街路 (PDF) 」 、『都市と交通 1985・2・No6』、社団法人日本交通計画協会、1985年、 29頁。
  36. ^ 昭文社地図編集部『なるほど知図帳日本 2009』(昭文社、2009年5版1刷発行、ISBN 9784398200402
  37. ^ "筑波山奇岩・怪石ガイド"筑波山ケーブルカー&ロープウェイ、2015年11月18日閲覧。
  38. ^ 佐野春介 『大穂町の昔ばなし』 筑波書林〈ふるさと文庫〉、1980年9月15日、41頁。全国書誌番号:81024355
  39. ^ 角川日本地名大辞典 8 茨城県』 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 編、角川書店1983年12月8日、1253頁。全国書誌番号:84010171
  40. ^ 大穂町史編纂委員会 編『大穂町史』つくば市大穂地区教育事務所、平成元年3月31日、445pp.(324ページ)
  41. ^ 「補償金もDRMも必要ない」――音楽家 平沢進氏の提言 (1/4)”. ITmedia. 2011年10月11日閲覧。
  42. ^ kanrisya (2009年5月19日). “つくばフィルムコミッション» » 映画「ガマの油」公開!” (日本語). つくばフィルムコミッション. 2013年11月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月7日閲覧。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「つくば市」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

つくば市のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



つくば市のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのつくば市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS