倉田保昭とは?

倉田 保昭

倉田保昭の画像 倉田保昭の画像
芸名倉田 保昭
芸名フリガナくらた やすあき
性別男性
生年月日1946/3/20
星座うお座
干支戌年
血液型O
出身茨城県
身長172 cm
体重69 kg
URLhttp://www.kurata-pro.com/
デビュー年1971
プロフィール1971年日本大学芸術学部演劇学科卒業後、香港ショーブラザーズ社『悪客』で香港映画デビュー。一躍香港映画ブルース・リーと並ぶスーパースターとなる。香港映画出演作品だけでも『帰って来たドラゴン』など70本を超え、『七福星』ではジャッキー・チェン共演する。また自ら企画原案プロデュース主演を行った『ファイナル・ファイト』を製作。1997年には自らの半生を綴った『和製ドラゴン放浪記』を出版する。この作品は後に劇画化されヤングチャンピオン掲載された。現在も現役アクション映画出演する傍ら(株)倉田プロモーション代表として後進育成全日本双節棍道連最高顧問、創武館道場代表を務める。
デビュー作映画『悪客』(香港映画)
代表作品1NHK徳川家康
代表作品2映画『悪客』・『帰って来たドラゴン』・『ぼくらの七日間戦争
代表作品3著書和製ドラゴン放浪記
職種タレント俳優女優
資格・免許空手五段/柔道三段/合気道二段

» タレントデータバンクはこちら
他のタレント一覧
茨城県出身のタレント  渡辺徹  渡辺篤史  三浦春馬  倉田保昭  横村直子  菊池隆志

倉田保昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/14 21:55 UTC 版)

倉田 保昭(くらた やすあき、1946年昭和21年〉3月20日 - )は、日本のアクション俳優。本名同じ。空手七段、柔道三段、合気道二段。愛称は和製ドラゴン。俳優以外に倉田プロモーション代表[1]、全日本双節棍道連盟最高顧問、創武館道場代表[2]創造学園大学2013年に閉校)創造芸術学部芸術学科客員教授も務めていた[3][4]


  1. ^ 倉田プロモーション 会社案内”. 倉田プロモーション. 2013年6月14日閲覧。
  2. ^ タレントデータバンク『倉田保昭』 - コトバンク
  3. ^ イベント 堀越学園コンサート65 プロデュース:堀越哲二 倉田保昭/肉体表現の世界”. 創造学園大学. 2008年9月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年5月19日閲覧。
  4. ^ タレントデータバンク『倉田保昭』 - コトバンクには、「教授」とあるが、公式プロフィールには創造学園大学に関する記述はない。
  5. ^ a b 和製ドラゴン 倉田保昭さんインタビュー”. 香港ポスト (2013年4月12日). 2013年11月18日閲覧。
  6. ^ 第1回ベストアクションアワード最優秀賞を発表いたします。”. Japan Action Award. 2014年4月8日閲覧。
  7. ^ KungFu Tube 続・組織暴力(1967)”. 2018年7月20日閲覧。


「倉田保昭」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「倉田保昭」の関連用語

倉田保昭のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



倉田保昭のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2018 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの倉田保昭 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS