ヌンチャクとは? わかりやすく解説

ぬんちゃく

カシ木の短い棒2本をひもや鎖でつないだ武具沖縄用いられた。


ヌンチャク

読み方ぬんちゃく

沖縄古武術一つ。ヌンチャクの原型に近いといわれている「ムーゲー」は馬具一種で、三角型削った木片を、ちょうど馬の頬骨や顎を締め付けるように作られている。もともとは暴漢多人数暴力に対してその相手攻撃力弱め相手静めるために使われた。それゆえ型においても受けから始まっているという。

ヌンチャク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/08 07:13 UTC 版)

ヌンチャク: nunchaku)は、沖縄琉球古武術の武器の一種である。ブルース・リーカンフー映画によって世界的に広く知られるようになった。


  1. ^ a b 仲本政博『沖縄伝統古武道・改訂版』ゆい出版、2007年、129頁参照。
  2. ^ 『月刊空手道』2009年3月号、37頁参照
  3. ^ 「皇居乱入 4人は沖縄出身者」『中國新聞』昭和46年9月26日.15面


「ヌンチャク」の続きの解説一覧

ヌンチャク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/10 18:13 UTC 版)

けっこう仮面」の記事における「ヌンチャク」の解説

第1話から装備している基本武器おっぴろげジャンプからヌンチャクによる打撃止めを刺すパターンが多い。

※この「ヌンチャク」の解説は、「けっこう仮面」の解説の一部です。
「ヌンチャク」を含む「けっこう仮面」の記事については、「けっこう仮面」の概要を参照ください。


ヌンチャク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 06:51 UTC 版)

Wiiリモコン」の記事における「ヌンチャク」の解説

ヌンチャク(Nunchuk)とは、コントロールスティックCボタン・Zボタン3軸加速度センサ実装されている拡張コントローラである。Wiiリモコン組み合わせて使用することによって、より高度なゲームプレイ対応できる任天堂開発発売Wii本体セット1つ同梱されている他、単体販売されている2006年12月2日発売価格1,800円(税込)。型番は「RVL-004」。 ヌンチャクは対応していないソフト、対応している無くても遊べるソフト、接続しないプレイ不可能なソフトがあり、特に接続しないプレイ不可能なソフトでは、接続せずに起動したり、プレイ中にはしたりすると、ゲーム強制的に中断してプレイヤーにヌンチャクを接続するように促すメッセージ表示されるFPSゲーム例えると、「コントロールスティック敵の攻撃避けつつ動いている敵に銃の照準を合わせる」「両手Wiiリモコンとこのヌンチャクを併せ持2本の剣を別々に振る」などの一連の操作を、従来より直感的かつリアルな感覚楽しむことができ、「操作直感的誰もが同じスタートラインゲーム楽しめること」と「従来ゲームもまったく新し感覚操作できること」を一度実現させている形態である。 海外では、非ライセンス品だがWiiリモコンワイヤレス接続できる周辺機器発売されている。 Wiiリモコンとヌンチャクをそれぞれの手で持っている時の状態が、沖縄道具の「ヌンチャク」を持った時の状態に似ていることからそのまま「ヌンチャク」という名称になったカラーバリエーション日本シロshiro2006年12月2日発売され最初のカラークロkuro2009年8月1日発売されカラーWii Sports Resort オリジナルカラー 非売品クラブニンテンドーキャンペーン商品で、カラーは「水色。」『Wii Sports Resort』を購入しクラブニンテンドーシリアルナンバー登録した人の中から抽選で5000人に当たる応募8月31日終了している。 アカaka2010年11月11日発売されカラーゴールデンヌンチャク 非売品2011年12月16日交換開始600ポイント)のクラブニンテンドー景品で、『ゼルダの伝説 スカイウォードソードシリアルナンバー登録者2012年2月20日まで優待ポイント400ポイント)で交換できた。 仕様 寸法突起部分を除く)縦 113mm 横 38.2mm 厚さ 37.5mm 操作部Wiiリモコン同等のモーションセンサー機能コントロールスティック」、「C」、「Z」ボタン

※この「ヌンチャク」の解説は、「Wiiリモコン」の解説の一部です。
「ヌンチャク」を含む「Wiiリモコン」の記事については、「Wiiリモコン」の概要を参照ください。


ヌンチャク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/22 12:59 UTC 版)

宇宙戦士バルディオス」の記事における「ヌンチャク」の解説

足のマーク外して使用する武器で、設定画存在するも本編では未登場トリプルクロスでは片側だけだが立体化されている

※この「ヌンチャク」の解説は、「宇宙戦士バルディオス」の解説の一部です。
「ヌンチャク」を含む「宇宙戦士バルディオス」の記事については、「宇宙戦士バルディオス」の概要を参照ください。


ヌンチャク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/02 20:55 UTC 版)

THE 功夫」の記事における「ヌンチャク」の解説

300点。

※この「ヌンチャク」の解説は、「THE 功夫」の解説の一部です。
「ヌンチャク」を含む「THE 功夫」の記事については、「THE 功夫」の概要を参照ください。


ヌンチャク(男)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 15:14 UTC 版)

ビフォア クライシス ファイナルファンタジーVII」の記事における「ヌンチャク(男)」の解説

ボーンビレッジ出身後から加わったキャラクターだが、設定上はロッド(男)たちと同期にあたる金持ちの家に生まれ何不自由なく暮らせる環境にあったが、お金では買えない自分だけの生き方求めてタークス入り決意意外と真面目で勤勉家タークスというブランド愛し、その在り方日々追求している。攻撃方法は、ヌンチャクを使った近距離攻撃攻撃後にタイミングよく決定ボタンを押すと、連続技発動する着実に任務をこなす。

※この「ヌンチャク(男)」の解説は、「ビフォア クライシス ファイナルファンタジーVII」の解説の一部です。
「ヌンチャク(男)」を含む「ビフォア クライシス ファイナルファンタジーVII」の記事については、「ビフォア クライシス ファイナルファンタジーVII」の概要を参照ください。


ヌンチャク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 10:54 UTC 版)

ウルトラ忍法帖」の記事における「ヌンチャク」の解説

朧党雇った用心棒との戦いでティガ使用相手暗器対策で、マンアドバイス使用した

※この「ヌンチャク」の解説は、「ウルトラ忍法帖」の解説の一部です。
「ヌンチャク」を含む「ウルトラ忍法帖」の記事については、「ウルトラ忍法帖」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ヌンチャク」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ヌンチャク

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 05:05 UTC 版)

名詞

ヌンチャク

  1. 琉球古武術武器で、2本連結したもの振り下ろしたり、突いたりする。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ヌンチャクのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ヌンチャクのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウルマックスウルマックス
©2022 Local Information Agent Co,Ltd
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヌンチャク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのけっこう仮面 (改訂履歴)、Wiiリモコン (改訂履歴)、宇宙戦士バルディオス (改訂履歴)、THE 功夫 (改訂履歴)、ビフォア クライシス ファイナルファンタジーVII (改訂履歴)、ウルトラ忍法帖 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのヌンチャク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS