おニャン子クラブとは? わかりやすく解説

おニャン子クラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/22 04:28 UTC 版)

おニャン子クラブ(おニャンこクラブ)は、1985年フジテレビテレビ番組夕やけニャンニャン』から誕生した女性アイドルグループ


注釈

  1. ^ 元号では昭和60年代。男女雇用機会均等法が成立してバブル世代の女性が社会進出した時期である。
  2. ^ 活動中期の1986年8月と9月に、中学生で加入してきたメンバーたち5人で括られた「おニャン子クラブB組」も作られた。高校生以上で構成される本体のおニャン子クラブとは区分されていたが、1987年4月にB組のメンバーが全員高校生になって本体に昇格したことで、発展的解消した。
  3. ^ おニャン子クラブB組のまま脱退した2人と『夕やけニャンニャン』番組末期に短期間だけ在籍した外国人の研修生1人には与えられなかった。
  4. ^ 正式な発表があったわけではなく、『夕やけニャンニャン』の台本の会員名簿の画像を確認すると、9月10日には名前が記載されているが、翌9月11日には記載されていない。よって1985年9月10日が最終出演日と推察される。
  5. ^ 学校を退学したため、番組規定(学校からの許可と学校との両立が活動の絶対条件)に反するとして脱退。
  6. ^ 正式な発表があったわけではなく、『夕やけニャンニャン』へ最後の出演となった日付。
  7. ^ 当時はまだ番組内での「卒業式」を行ったことがなかったため、脱退を公式に発表せず、ある日突如番組から姿を消す形となった。
  8. ^ 学校からも除籍処分(自主退学が認められない退学処分)になった。
  9. ^ 学校の許可を得ずに合格したため、学校からも除籍処分(自主退学が認められない退学処分)になった。
  10. ^ 当時はまだ番組内での「卒業式」を行ったことがなかったため、脱退を公式に発表せず、ある日突如番組から姿を消す形となった。
  11. ^ 当時はまだ番組内での「卒業式」を行ったことがなかったため、脱退を公式に発表せず、ある日突如番組から姿を消す形となった。
  12. ^ 合格後、熱狂的なファンが自宅周辺まで待ち構え、押し掛ける等、プライバシーのない生活になってしまい、本人から脱退を申し出た。
  13. ^ 河合その子、渡辺美奈代、工藤静香、高井麻巳子、岩井由紀子、我妻佳代らなどは、おニャン子クラブ所属前からレコード会社や芸能事務所に所属していた。
  14. ^ 「各方面」とお断りした後、次のランキングの歌手がフジテレビからの中継となり、追っかけマンの松宮一彦が中継の冒頭で「こちら各方面です」と揶揄する事があった。こうした現象が起きたのは、バラエティ部門における当時のおニャン子クラブのプロデューサーだった石田弘と確執のあった横澤彪および、石田と距離を置いていた王東順の制作班や、ドラマ部門の制作班が『ザ・ベストテン』との関係が悪くなかったことから中継部隊の立ち入り許可したためだった。
  15. ^ 当時、『お昼のワイドショー』(NNS系、但しテレビ長崎NNS非加盟)を放送していた影響で、『笑っていいとも!』を時差ネットしていた関係で。
  16. ^ 長崎放送も『L4 YOU!』(2012年9月28日迄は『レディス4』、いずれもTXN系、ただし長崎放送TXN非加盟)の放送の影響で、『スーパーワイド』『わいわいティータイム』、『情報!もぎたてサラダ』(以上、14時台)『ジャスト』(15時台)、『イブニング・ファイブ』、『サカスさん』(以上、17時台)、『イブニングワイド』(17:50迄のパート)、『Nスタ』(2013年9月27日迄は17時台、2013年9月30日以降は16時台、17時台とも)が放送されていない。(その一方で、テレビ長崎は『スーパーニュース』17時台を、2007年4月2日よりネット開始(それ以前(2007年3月30日迄)は17時台ローカルワイドが組まれていた。また2009年10月2日から2010年9月24日の間、2011年4月12日から2013年3月22日の間はローカルワイド編成上の都合により時期、曜日により非ネットまたは部分ネット)。また長崎文化放送は『スーパーJチャンネル』17時台を、長崎国際テレビは『Newsリアルタイム』、『news every.』17時台をネットしている。またNHK長崎総合も『ゆうどき』を2007年度よりネットしている。)
  17. ^ 秋田テレビ秋田県)、石川テレビ放送石川県)でも『夕やけニャンニャン』は未ネットであった(『お昼のワイドショー』は秋田県では秋田放送がネット、また石川県では『お昼のワイドショー』放送当時はテレビ金沢当枠ネット局)が未開局であった。尚、『L4 YOU!』(旧『レディス4』)は秋田県では未ネット、石川県では北陸放送がネットしていたが旧『レディス4』時代(2008年9月26日)に打ち切っている長崎放送と違い、『レディス4』ネット期間中もイブニング・ファイブ17時台が放送されない等の影響は出ていない))。なお、『お昼のワイドショー新潟総合テレビテレビ熊本テレビ大分鹿児島テレビ放送NNS加盟期間中も本番組は放送されていない(「暮らしのヒント」、「ごちそうさま」、「昼下がりのカルチャー」のコーナーのみの放送を除く)。尚、テレビ大分を除く3局は現在はNNSを脱退している。また、『L4 YOU!』(旧『レディス4』)は、青森県秋田県山形県福島県富山県福井県岐阜県三重県京都府兵庫県鳥取県島根県広島県山口県徳島県高知県佐賀県沖縄県では『レディス4』時代から放送されておらず(スペシャル版のみのネットを除く)、また、IBC岩手放送東北放送テレビ山梨静岡第一テレビ北陸放送南海放送熊本放送は『レディス4』時代に、南日本放送は『L4 YOU!』時代(2004年10月3日)に打ち切られた
  18. ^ CDVは、CDプレーヤーで音声部分(オーディオパート)が約20分、LDプレーヤーで映像部分(ビデオパート)が約5分再生が可能なメディアで、オーディオパート4曲とビデオパート1曲で構成されている。

出典

  1. ^ 別冊宝島2611『80年代アイドルcollection』p.3.
  2. ^ a b 「おニャン子旋風 不況レコード界の“救世主”」『朝日新聞』1986年7月17日付東京夕刊、15頁。
  3. ^ “おニャン子クラブが日テレで一夜限りの復活ステージ”. 日刊スポーツ. (2018年6月16日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201806160000558.html 2018年6月17日閲覧。 
  4. ^ THE MUSIC DAY 伝えたい歌(番組公式サイト)”. 日本テレビ放送網 (2018年6月16日). 2018年7月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月18日閲覧。
  5. ^ ※AKB調べ」2014年11月13日放送分より。
  6. ^ a b こニャン子クラブ編『おニャン子白書』、フジテレビ出版、1987年8月。ISBN 4594001696。pp.47-48.
  7. ^ 安倍寧「'86夏ポップス考 おニャン子現象」『朝日新聞』1986年8月9日付東京夕刊、3面。
  8. ^ (日本語) 早苗と晃子の佐吉へようこそ!!~part3-②~, https://www.youtube.com/watch?v=oFSazCMuSDg 2022年3月12日閲覧。 
  9. ^ 2010年10月5日放送日本テレビ放送網「超豪華!!スタア同窓会 ゲゲゲッ!の再会SP」より
  10. ^ メンバーによる紹介動画が公開!「おニャン子結成30周年記念CD-BOX」最新情報”. 2022年8月26日閲覧。


「おニャン子クラブ」の続きの解説一覧

おニャン子クラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 01:41 UTC 版)

夕やけニャンニャン」の記事における「おニャン子クラブ」の解説

当番組の『アイドルを探せ』というコーナー名オーディションに合格した女子高校生など(後述)はおニャン子クラブとしてデビュー会員番号12番以降のおニャン子クラブメンバーはこのオーディション通過者である。 「うしろゆびさされ組」や「ニャンギラス」、「うしろ髪ひかれ隊」などの個別ユニットや、各個人としてレコード出してオリコンウィークリーランキングの上常連となり、新田恵利国生さゆり城之内早苗渡辺美奈代渡辺満里奈工藤静香生稲晃子などのメンバーは、現在も芸能界活躍している

※この「おニャン子クラブ」の解説は、「夕やけニャンニャン」の解説の一部です。
「おニャン子クラブ」を含む「夕やけニャンニャン」の記事については、「夕やけニャンニャン」の概要を参照ください。


おニャン子クラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 06:46 UTC 版)

「ザ・ベストテン」記事における「おニャン子クラブ」の解説

1986年春頃から当時ブームのおニャン子クラブ、そのメンバーによるソロユニット毎回3組ほどランキングされていたのだが、徐々に出演辞退拒否)が増え1986年8月7日から1987年4月2日まではメンバーグループ卒業後出身者も含む)が一切出演しなくなった対照的に、『歌のトップテン』にはスケジュールが許すかぎり、積極的に出演していた。

※この「おニャン子クラブ」の解説は、「ザ・ベストテン」の解説の一部です。
「おニャン子クラブ」を含む「ザ・ベストテン」の記事については、「ザ・ベストテン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「おニャン子クラブ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「おニャン子クラブ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

おニャン子クラブのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



おニャン子クラブのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのおニャン子クラブ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの夕やけニャンニャン (改訂履歴)、ザ・ベストテン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS