安室奈美恵とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 音楽家 > 歌手 > 日本の歌手 > 安室奈美恵の意味・解説 

安室奈美恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/18 07:30 UTC 版)

安室 奈美恵(あむろ なみえ、1977年昭和52年)9月20日[3] - )は、日本の元歌手、元ダンサー。本名同じ。身長は158cm[3]、血液型はO型[3]沖縄県那覇市出身。1990年代に数多くのヒット曲を生み出し、アムラー等の社会現象を引き起こし、平成を代表する歌姫としての地位を築いた。40歳の誕生日を迎えた2017年9月20日、公式サイトにアップしたメッセージにて、芸能界を引退することを発表(詳細後述)し、2018年9月16日をもって引退した[2][4][5][6]




注釈

  1. ^ 準優勝は後に同じグループとしてデビューする現MAXMinaだった。
  2. ^ 「太陽のSEASON」、「Stop the music」はCDの裏ジャケットにメンバーの写真と共に「安室奈美恵 with SUPER MONKEY'S」の記載があるため、正式なソロデビューは「Body Feels EXIT」との見解もある。また、「Chase the Chance」まではバックダンサーとしてSUPER MONKEY'Sが参加しており、翌1996年までグループとしての活動は並行して行われた。
  3. ^ 『日本レコード大賞』と同様にバックダンサーとしてメンバーが参加していたため、実質「安室奈美恵 with SUPER MONKEY'S」体制での出場となった。
  4. ^ 山口達也とダブル主演。
  5. ^ 累計出荷枚数は250万枚で、2014年現在もこの記録は破られていない。
  6. ^ 当時20歳だった。
  7. ^ 現在のミュージックシーンに多大な影響を与えた邦楽アーティストに贈られる賞。
  8. ^ MTV Asia Awards 2005』がスマトラ島沖地震災害の復興支援を目的として開催。
  9. ^ 学生から尊敬を集めるアーティストに贈られる賞。
  10. ^ 最もミュージックビデオ業界に貢献したアーティストに贈られる大賞。
  11. ^ 受賞自体は1997年以来13年ぶり。
  12. ^ 特設サイト(インターネットアーカイブによるキャッシュ)
  13. ^ 当初は、5年前の20周年記念の時に開催を予定されていたが、開催直前の台風16号の影響により開催が中止となり “幻” となってしまった。詳しくは、上記を参照
  14. ^ 特設サイト(9月16日前後のカウント時よりのインターネットアーカイブキャッシュ)
  15. ^ 特設サイト(インターネットアーカイブによるキャッシュ)
  16. ^ a b 2018年に引退した為、これが引退後初のタイアップ曲となる。
  17. ^ 使用されている音源は2017年にリリースされたベスト・アルバム『Finally』収録のNew Recordingバージョンである。
  18. ^ a b 使用されている音源は、2014年にリリースされたバラードベスト・アルバム『Ballada』収録のNew Vocalバージョンである。

出典

  1. ^ a b c d e AMG Staff. Namie Amuro | Biography & History - オールミュージック. 2020年7月18日閲覧。
  2. ^ a b c 安室奈美恵 来年9月16日で引退を発表「長年心に思い、決意」 - デイリースポーツ 2017年9月20日
  3. ^ a b c 安室奈美恵(出典:日本タレント名鑑)”. Yahoo!検索(人物). Yahoo Japan. 2015年11月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月2日閲覧。
  4. ^ a b 安室奈美恵25周年、故郷・沖縄で5年越し凱旋ライブ 2日間5万2000人熱狂”. ORICON NEWS. 2017年9月18日閲覧。
  5. ^ a b 安室奈美恵さん 来年引退へ 公式サイトで発表 - 毎日新聞 2017年9月20日
  6. ^ a b ファンの皆様へ”. NEWS. Namie Amuro Official Site (2017年9月20日). 2017年9月20日閲覧。
  7. ^ 扶桑社『約束-わが娘・安室奈美恵へ』:平良恵美子著より。
  8. ^ 1996年9月5日放送『グラフティ'96 安室奈美恵・素顔の夏』より、MAXメンバーの発言。
  9. ^ 1996年8月7日放送『TK MUSIC CLAMP』より。
  10. ^ 日本レコード大賞の歴史 第38回 1996(JACOMPA)(2003年1月24日時点のアーカイブ
  11. ^ Namie Amuro tour 1997 a walk in the park”. Namie Style(非公式ファンサイト). 2017年12月21日閲覧。
  12. ^ “第39回日本レコード大賞”. JACOMPA. (1997年12月31日). オリジナルの1999年10月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/19991011225424/http://www.jacompa.or.jp/rekishi/d1997.htm 
  13. ^ オリコン】安室奈美恵、20年目で初の新作V3”. ORICON STYLE. オリコン (2012年7月7日04:00). 2012年7月17日07:29閲覧。
  14. ^ 安室奈美恵、日本人女性初の快挙。アジア5地域で2作連続1位獲得”. BARKS. グローバル・プラス (2012年7月7日). 2012年7月17日07:29閲覧。
  15. ^ 安室奈美恵 ドームツアー追加公演決定で単独TOPに”. Billboard Japan (2012年7月24日). 2012年7月24日閲覧。
  16. ^ 安室奈美恵「移籍料は0円」育ての父語る“独立騒動の真相” 女性自身 2015年1月20日付 2016年7月31日閲覧
  17. ^ 安室奈美恵、故郷に“リベンジ凱旋” 普段行われないMCで「騒げ、沖縄!」”. サンケイスポーツ. 2017年9月18日閲覧。
  18. ^ 安室奈美恵、故郷・沖縄で“リベンジ”の25周年ライブ開催 52000人が熱狂”. modelpress. 2017年9月18日閲覧。
  19. ^ 安室奈美恵 25th ANNIVERSARY LIVE in OKINAWA”. WOWOW. 2017年12月21日閲覧。
  20. ^ “【ビルボード】安室奈美恵のオールタイムベスト『Finally』が初週でミリオン達成しアルバム・セールス首位”. Billboard Japan. http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/57390/2 2017年11月13日閲覧。 
  21. ^ “【オリコン】安室奈美恵ベスト盤がWミリオン突破 ソロ11年9ヶ月ぶり快挙”. ORICON NEWS. https://www.oricon.co.jp/news/2103753/full/ 2018年1月9日閲覧。 
  22. ^ “安室奈美恵、ベストアルバムで小室哲哉が16年ぶりに新曲提供していた<Finally>”. モデルプレス. https://mdpr.jp/music/detail/1726406 2017年11月8日閲覧。 
  23. ^ https://mdpr.jp/music/detail/1730025
  24. ^ “安室奈美恵、14年ぶり紅白!特別枠で後半登場&「Hero」が有力”. サンケイスポーツ. http://www.sanspo.com/geino/news/20171220/geo17122005050009-n1.html 2017年12月21日閲覧。 
  25. ^ “安室奈美恵さん 紅白出場へ”. NHK. (2017年12月19日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171219/k10011264401000.htm 2017年12月22日閲覧。 
  26. ^ “急転! 紅白出場 安室奈美恵「変心」のナゼ”. 東スポweb. (2017年12月21日). https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/864721/ 2017年12月22日閲覧。 
  27. ^ こちらも特出
  28. ^ “安室奈美恵、瞬間最高視聴率48・4%!国民の半分が歌姫ラスト紅白見た”. 産経ニュース. http://www.sankei.com/entertainments/news/180105/ent1801050007-n1.html 2018年1月5日閲覧。 
  29. ^ a b 安室奈美恵 ツアー最終公演 最後も笑顔、完走の達成感”. 産経ニュース (2018年6月8日). 2018年6月9日閲覧。
  30. ^ a b “アムラー姿で登場、熱気最高潮に 圧巻のツアー最終公演”. 朝日新聞. (2018年6月4日). https://www.asahi.com/articles/ASL615VT6L61UCVL01C.html 2018年6月9日閲覧。 
  31. ^ a b 安室奈美恵、ラストツアー涙の完走「25年間ありがとう」 “ソロ最多動員”の金字塔で有終の美”. ORICON NEWS (2018年6月4日). 2018年6月9日閲覧。
  32. ^ 安室奈美恵ラストツアーは5大ドームで15公演”. ナタリー. 2017年11月13日閲覧。
  33. ^ 安室奈美恵ファイナルツアー、香港公演が2DAYSに拡大”. ナタリー. 2018年1月22日閲覧。
  34. ^ 安室奈美恵が5大ドーム&アジア公演開催、セットリストはファン投票で”. ナタリー. 2017年10月2日閲覧。
  35. ^ 安室奈美恵ラストツアーグッズをジャパネットたかたの“あの人”がご紹介”. ナタリー. 2018年2月13日閲覧。
  36. ^ コーセーが安室奈美恵の軌跡を振り返るプロジェクト、全23種の歴代広告を公開”. ナタリー. 2018年3月1日閲覧。
  37. ^ “安室奈美恵の19歳から現在までをたどるコーセー新CM”. ナタリー. (2018年4月19日). https://natalie.mu/music/news/278699 2018年4月19日閲覧。 
  38. ^ 安室奈美恵、最後のコーセーCM出演で「自分らしく生きること」表現”. ナタリー (2018年6月30日). 2018年7月23日閲覧。
  39. ^ “安室奈美恵とH&Mのコラボアイテムが発売決定”. ナタリー. (2018年4月10日). https://natalie.mu/music/news/277347 2018年4月10日閲覧。 
  40. ^ “JTA特別デザイン機『AMURO JET』運航開始!” (pdf) (プレスリリース), 日本トランスオーシャン航空, (2018年5月14日), https://jta-okinawa.com/cms/wp-content/uploads/2018/05/AMURO-JET-PRESS-20180514_J-fnl2.pdf 2018年5月15日閲覧。 
  41. ^ 安室奈美恵さんに県民栄誉賞 「平成の歌姫」称賛され涙”. 朝日新聞 (2018年5月24日). 2018年5月24日閲覧。
  42. ^ 安室奈美恵の25年間をたどる体感型展覧会が4都市で開催”. ナタリー (2018年6月25日). 2018年7月23日閲覧。
  43. ^ 日テレで“安室奈美恵が大切にしてきたコト”紐解く6分間番組スタート”. ナタリー (2018年6月29日). 2018年7月23日閲覧。
  44. ^ 安室奈美恵「イッテQ」登場決定 29日放送!イモトアヤコが2ショット狙うも…番組史上最大のサプライズ”. スポニチ (2018年7月22日). 2018年7月23日閲覧。
  45. ^ 安室奈美恵「イッテQ!」に登場、イモトアヤコをモニタリング?”. ナタリー (2018年7月25日). 2018年7月29日閲覧。
  46. ^ “安室奈美恵さん、翁長知事死去でコメント”. 琉球新報. (2018年8月9日). https://ryukyushimpo.jp/news/entry-778660.html 2018年8月9日閲覧。 
  47. ^ “安室奈美恵、引退前日に沖縄でイベント出演決定”. BARKS. (2018年8月22日). https://www.barks.jp/news/?id=1000158999 2018年8月22日閲覧。 
  48. ^ 安室奈美恵“最後の1年”に密着した特番放送、引退前日のステージの模様も”. ナタリー (2018年9月7日). 2018年9月7日閲覧。
  49. ^ 【重要】安室奈美恵公式サイトおよび関連サービス終了のお知らせ - Namie Amuro OFFICIAL SITE(2018年9月17日付)
  50. ^ 安室奈美恵、全シングル&全アルバムの配信リリース決定”. ナタリー. 2019年6月14日閲覧。
  51. ^ 安室奈美恵さん、世界中のApple Musicで日本人最多再生数を記録 配信開始1週間で”. ORICON MUSIC (2019年6月27日). 2019年9月1日閲覧。
  52. ^ 安室奈美恵引退から1年、沖縄「HANABI SHOW」今年も開催”. ナタリー (2019年7月11日). 2019年9月1日閲覧。
  53. ^ 9月16日を「安室奈美恵の日」に!ラストライブの地、宜野湾市が申請”. サンスポ (2019年8月29日). 2019年9月1日閲覧。
  54. ^ 「安室奈美恵の日」申請に係るご報告”. 一般社団法人 宜野湾市観光振興協会 (2019年9月10日). 2019年12月6日閲覧。
  55. ^ 安室奈美恵ミュージックビデオ、Apple Music限定で一挙配信”. 音楽ナタリー (2019年9月16日). 2019年9月16日閲覧。
  56. ^ 安室奈美恵の楽曲がサブスク解禁。Apple Music以外でも聴き放題に”. PHILE WEB (2019年9月20日). 2019年12月6日閲覧。
  57. ^ 安室奈美恵の引退前ドキュメンタリーやMV94曲など、Huluで無料配信”. ナタリー (2019年4月21日). 2020年4月23日閲覧。
  58. ^ 【公式】WE♥NAMIE ONLINE HANABI SHOW Hanabi Live公式サイト” (日本語). 2020年8月21日閲覧。
  59. ^ 40歳誕生日に電撃発表!安室奈美恵が来年9・16引退、女性の幸せ最優先
  60. ^ “安室奈美恵見納め、浴衣姿で花火大会“お忍び”観覧” (日本語). 朝日新聞デジタル&M(アンド・エム). https://www.asahi.com/and_M/interest/entertainment/Cpettp01809173327.html?iref=com_fbox_d2_02 2018年9月18日閲覧。 
  61. ^ 安室奈美恵さん、引退前の独占インタビューで明かされた新事実 7年前に声帯壊し「限界なのかな」”. スポニチ. 2019年1月20日閲覧。
  62. ^ 安室奈美恵 歌い踊り続けた25年〜貫いた信念〜|au Webポータル」『au Webポータル|最新のニュースをお届け!』。2018年9月20日閲覧。
  63. ^ 安室奈美恵の“私生活”が報じられない背景に、前例がないほどの「取材リスク」 (2018年11月13日)” (日本語). エキサイトニュース. 2019年4月14日閲覧。
  64. ^ 集英社刊「Bart」1996年3月11日号「安室奈美恵だけが愛される『理由』」94P-95Pより。
  65. ^ 集英社刊「Bart」1996年8月12日号「拡大&膨張する、アムロ現象の行方。」23P-24Pより。
  66. ^ 文藝春秋刊「週刊文春」1998年4月2日号より。
  67. ^ 飛鳥新社刊 『プロデューサーは次を作る』:中谷彰宏・小室哲哉著105Pより。
  68. ^ マガジンハウス刊 『GINZA』 2017年4月号111Pより。
  69. ^ ソニー・マガジンズ刊 『WHAT's IN?』 1998年1月号より。
  70. ^ 小室哲哉、90年代"TKブーム"を述懐 - hitomiは「すごいヤンチャな子だった」”. マイナビニュース (2016年8月13日). 2020年6月15日閲覧。
  71. ^ a b 講談社刊「FRaU」2017年12月号125P-132Pより。
  72. ^ 新潮社刊『FOCUS』1996年8月14・21日盛夏増大号「大躍進ストーリー 安室の振付師『dos』のkaba ダンスで天下を獲るまで」4P-5Pより。
  73. ^ “KABA.ちゃん、安室との思い出語る「ダンス覚えるのが本当早かった」振り付け担当”. Sponichi Annex. (2018年9月16日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/09/16/kiji/20180916s00041000259000c.html 2018年11月16日閲覧。 
  74. ^ 新潮社刊『週刊新潮』2019年1月3・10日新年特大号178Pより。
  75. ^ 朝日新聞社刊「読むJ-POP 1945-2004」田家秀樹著311P-313Pより。
  76. ^ “イモト、安室引退後の“ある噂”を否定「個人的に連絡を取るとか…」|E-TALENTBANK co.,ltd.” (日本語). E-TALENTBANK co.,ltd.. (2018年9月20日). 2018-9-20. https://e-talentbank.co.jp/news/69178/ 2018年9月20日閲覧。 
  77. ^ “【エンタがビタミン♪】安室奈美恵、衰えぬ人気と影響力。FBで公開の私服が即完売に。”. 楽天WOMAN. (2014年9月26日). http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/japantechinsight_96188 2014年10月8日閲覧。 
  78. ^ a b c d e f 安室奈美恵がJ-POPシーンに与えた影響は? デビュー以降の音楽的変遷を辿る”. リアルサウンド (2017年9月24日). 2017年11月25日閲覧。
  79. ^ 経済効果は1000億円超 安室奈美恵セルフプロデュース戦略|芸能界仕事術” (日本語). 日刊ゲンダイDIGITAL. 2018年9月17日閲覧。
  80. ^ ““アムラーの聖地”渋谷にファン集結!109に手形モニュメントも” (日本語). SANSPO.COM(サンスポ). https://www.sanspo.com/geino/news/20180917/geo18091705010013-n1.html 2018年9月17日閲覧。 
  81. ^ a b c “安室奈美恵、個人的に5000万寄付”. デイリースポーツ. (2011年3月20日). http://megalodon.jp/2011-0321-0711-42/www.daily.co.jp/gossip/article/2011/03/20/0003879516.shtml 2011年3月21日閲覧。 
  82. ^ 安室奈美恵、ツアー東京公演が声帯炎で急遽延期に”. ナタリー (2010年10月15日). 2018年4月20日閲覧。
  83. ^ 安室奈美恵、声帯炎回復せず本日もツアー東京公演延期”. ナタリー (2010年10月15日). 2018年4月20日閲覧。
  84. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 安室奈美恵:2011年全国ツアーに関するお知らせ”. ライジングプロダクション (2011年4月18日). 2018年4月18日閲覧。
  85. ^ 安室奈美恵、横アリ公演を急性上気道炎のため途中中止”. ナタリー (2011年11月7日). 2018年4月20日閲覧。
  86. ^ 安室奈美恵20周年沖縄ライブが台風のため中止に”. ナタリー (2012年9月14日). 2018年4月20日閲覧。
  87. ^ 安室奈美恵、台風影響で神戸公演中止 振替調整つかず”. ORICON NEWS (2014年10月13日). 2018年4月20日閲覧。
  88. ^ 安室奈美恵、本日の鳥取公演を地震のため中止”. ナタリー (2016年10月21日). 2018年4月20日閲覧。
  89. ^ a b S-RV(1996/05〜1999/04・N15型) CM”. 日産自動車. 2018年4月19日閲覧。
  90. ^ 安室奈美恵が初の洋画イメージソング”. BARKS (2005年9月13日). 2018年4月19日閲覧。
  91. ^ 安室奈美恵、話題のCM第2弾は“どセクシー”なショウガール”. BARKS (2008年7月8日). 2018年4月19日閲覧。
  92. ^ 安室奈美恵、CMでキュートな入浴シーンを披露”. BARKS (2009年1月21日). 2018年4月19日閲覧。
  93. ^ 安室奈美恵、「コカ・コーラ ゼロ」新CMでワイルドなトレーニング姿”. BARKS (2009年2月9日). 2018年4月19日閲覧。
  94. ^ 安室奈美恵、ヴィダルサスーン新CMでは宇宙へ、そしてキュートに地球再降臨”. BARKS (2009年9月25日). 2018年4月19日閲覧。
  95. ^ ハセキョー、小雪、相武紗季…5大女優主演ドラマ主題歌に安室奈美恵の新曲が決定”. BARKS (2009年12月12日). 2018年4月19日閲覧。
  96. ^ TVCMで安室奈美恵の曲にのって犬と戯れる美少女、実は香港のトップモデル”. BARKS (2010年3月4日). 2018年4月19日閲覧。
  97. ^ 安室奈美恵、新曲「ONLY YOU」がWOWOW欧州サッカーテーマソングに決定”. BARKS (2012年4月24日). 2018年4月19日閲覧。
  98. ^ 安室奈美恵、2013年第一弾シングル「Big Boys Cry / Beautiful」発売決定”. BARKS (2013年1月31日). 2018年4月19日閲覧。
  99. ^ 主題歌は安室奈美恵「Baby Don't Cry」。UULAオリジナル恋愛体感ドラマ『ファーストクラス』”. BARKS (2013年6月19日). 2018年4月19日閲覧。
  100. ^ 安室、BUMP、GO! TEAMが石原さとみ&松坂桃李CM曲に”. ナタリー (2013年8月1日). 2018年4月19日閲覧。
  101. ^ 安室奈美恵、ホログラムになる。新曲「Ballerina」も公開”. BARKS (2013年9月9日). 2018年4月19日閲覧。
  102. ^ 女王・安室がライオンと古城を闊歩、ツヤ髪ブランド新CM”. ナタリー (2014年4月3日). 2018年4月19日閲覧。
  103. ^ 安室「CAN YOU CELEBRATE?」がdビデオドラマの主題歌に”. ナタリー (2015年3月20日). 2018年4月19日閲覧。
  104. ^ 安室奈美恵、新曲「Hero」がNHKリオ五輪放送テーマソングに”. BARKS (2016年3月24日). 2018年4月19日閲覧。
  105. ^ 安室奈美恵、新曲「Mint」が伊藤英明・木村佳乃ら出演ドラマ『僕のヤバイ妻』主題歌に”. BARKS (2016年3月29日). 2018年4月19日閲覧。
  106. ^ 安室奈美恵さんイメージモデルのコンタクトレンズブランド“ReVIA”<レヴィア>、TVCMオンエア2/18(土)より放映開始決定。”. PR TIMES (2017年1月31日). 2018年4月20日閲覧。
  107. ^ 安室奈美恵、ベストALタイトルナンバーが『NEWS ZERO』テーマ曲に”. BARKS (2017年9月27日). 2018年4月19日閲覧。
  108. ^ 安室奈美恵、「Hulu」新キャンペーンCMに登場”. BARKS (2017年9月29日). 2018年4月19日閲覧。
  109. ^ 安室奈美恵、NTTドコモとの25周年タイアップ企画がスタート”. BARKS (2017年10月18日). 2018年4月19日閲覧。
  110. ^ 安室奈美恵さんイメージモデルのコンタクトレンズブランド“ReVIA”、TVCMオンエア3/10(土)より順次全国放映開始。”. PR TIMES (2018年3月10日). 2018年4月20日閲覧。
  111. ^ 安室奈美恵、19歳からのビューティカット全14カットを使用した新CM”. BARKS (2018年4月19日). 2018年4月19日閲覧。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「安室奈美恵」の関連用語

安室奈美恵のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



安室奈美恵のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの安室奈美恵 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS