剛力彩芽とは?

剛力彩芽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/10 09:51 UTC 版)

剛力 彩芽(ごうりき あやめ、1992年8月27日 - )は、日本女優ファッションモデルタレント歌手。本名同じ。




注釈

  1. ^ この時は福田沙紀との共同主演で[9]、単独では2012年1月-3月ティーンコート」(日本テレビ放送網)が初となった。
  2. ^ 佐藤藍子小林麻央大政絢に続く4代目。
  3. ^ 宮崎香蓮を加えて「平成4人娘」と呼ばれることもある[30]
  4. ^ 予告では「黒い病室」というタイトルであった[32]
  5. ^ 特別番組「誰も知らない明石家さんま3時間SP 初密着!さんま5つの謎を解禁!」内ドラマ。

出典

  1. ^ “剛力さん、谷原さんら横浜マラソン「大使」に”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2014年6月24日). http://www.yomiuri.co.jp/running/news/20140624-OYT8T50112.html 2014年12月21日閲覧。 
  2. ^ a b “剛力彩芽オスカー退社発表「これからは自身で選択」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2020年8月31日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202008310000482.html 2020年8月31日閲覧。 
  3. ^ 1991年11月28日生まれ” (日本語). www8.cao.go.jp. 2020年6月23日閲覧。
  4. ^ a b 剛力彩芽「1回で覚えてもらえるラッキーネーム」”. MSN産経ニュース. 産経新聞社 (2011年7月31日). 2013年4月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月8日閲覧。
  5. ^ a b 読売新聞 2014年2月7日朝刊テレビ欄での『徹子の部屋』(テレビ朝日)紹介記事より。
  6. ^ 実は二次選考で落選 剛力彩芽「悔しさ強かった やってやろうと」”. スポーツニッポン. 2013年4月8日閲覧。
  7. ^ テリー伊藤 (2012年12月18日). “オスカーの眼力はすごい! 剛力彩芽、真の女優になれるか”. ZAKZAK (夕刊フジ). http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20121218/enn1212180708000-n1.htm 2014年4月30日閲覧。 
  8. ^ a b c d “【来る年・来る娘】剛力彩芽”. SANSPO. (2011年1月15日). http://www.sanspo.com/geino/news/110105/gnj1101051217013-n1.htm 2013年4月8日閲覧。 
  9. ^ 福田沙紀&剛力彩芽のW主演で、性分化疾患「IS」初ドラマ化 ”. オリコンスタイル. オリコン (2011年5月24日). 2013年4月8日閲覧。
  10. ^ “日経が選ぶ“今年の顔”に剛力彩芽! ハタチの来年は「内面からきれいに」”. オリコンランキング. (2011年11月2日). http://life.oricon.co.jp/2003352/full/ 2012年3月21日閲覧。 
  11. ^ a b ““ほんわかスマイル”剛力彩芽、ニッポン放送で初の冠番組”. MSN産経ニュース. (2012年3月12日). オリジナルの2012年3月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120312194639/http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/120312/ent12031211360003-n1.htm 2012年3月12日閲覧。 
  12. ^ a b “剛力彩芽:「アンビリバボー」で初レギュラーMC”. まんたんウェブ (毎日新聞社). (2012年9月4日). http://mantan-web.jp/2012/09/04/20120904dog00m200004000c.html 2012年9月4日閲覧。 
  13. ^ 剛力彩芽 6月CDデビュー
  14. ^ 剛力彩芽 オフィシャルサイト | News
  15. ^ a b “剛力彩芽、初舞台は芸妓どす「とても緊張」檀れいと姉妹役、シリーズ化も  ”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2016年5月6日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160505-OHT1T50163.html 2016年5月6日閲覧。 [リンク切れ]
  16. ^ 日刊スポーツ 2017年4月18日
  17. ^ “1億円「前澤社長」の陰でオスカー年賀状から消えた「剛力彩芽」 業界で囁かれる噂”. デイリー新潮 (新潮社). (2019年1月17日). https://www.dailyshincho.jp/article/2019/01170650/?all=1 2019年3月28日閲覧。 
  18. ^ “剛力彩芽がツイッター開始「とにかく楽しみたいなぁ…」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2020年9月30日). https://www.sanspo.com/geino/news/20200930/geo20093014080014-n1.html 2020年9月30日閲覧。 
  19. ^ 剛力彩芽official [@goriki_official] (29 September 2020). "初めましてのつぶやき、、っ! え。何書いたら良いの。笑笑😶 とにかく楽しみたいなぁ…(・ω・`) 皆さま これからよろしくお願いします!♡ 剛力彩芽公式Twitterです❤️" (ツイート). Twitterより2020年9月30日閲覧
  20. ^ 剛力彩芽『降臨。』”. 週プレNEWS. 集英社 (2011年5月16日). 2011年8月10日閲覧。
  21. ^ 週刊ベースボール 2017年7月3日号 p.52(2017年6月13日ヤクルト×楽天戦(神宮球場)での始球式でも、左でボールを投げた。)
  22. ^ 剛力彩芽、“本名の起源”に興味津々「全国に12世帯しかない」”. cinemacafe.net (2012年8月13日). 2013年1月16日閲覧。
  23. ^ ビーバップ!ハイヒール 2015年9月3日放送回”. gooテレビ番組 (2015年9月3日). 2015年12月20日閲覧。
  24. ^ ““めごっち”って呼んで!剛力彩芽のあだ名決定”. スポーツニッポン. (2012年4月30日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/04/30/kiji/K20120430003150400.html 2013年4月8日閲覧。 
  25. ^ 【エンタがビタミン♪】タモリもびっくり! “今年の顔”剛力彩芽とジャニーズJr.の意外な関係。”. Techinsight. メディアプロダクツジャパン (2011年11月9日). 2013年4月8日閲覧。
  26. ^ 朝日新聞』2012年6月20日付。
  27. ^ 剛力彩芽”. s-woman.net. 集英社. 2013年4月8日閲覧。
  28. ^ “剛力彩芽、バイブルの漫画を明かす「久々に読もう」「何度読んでも泣く」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2020年1月10日). https://hochi.news/articles/20200110-OHT1T50090.html 2020年1月11日閲覧。 
  29. ^ ““オスカー平成3人娘”が全日本国民的美少女コンテスト開催を宣言”. Web De-View (オリコン・エンタテインメント). http://www.oricon.co.jp/news/deview/2006724/ 2012年3月21日閲覧。 
  30. ^ “宮崎 香蓮に咲きます 平成の小百合”. 中日スポーツ (中日新聞社). (2012年5月5日). オリジナルの2012年5月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120507124736/http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2012050502000135.html 2012年5月10日閲覧。 
  31. ^ 剛力彩芽にさんまが夢中……「唯一、下の名前で呼んでいる女」,RBBTODAY,2013年9月26日
  32. ^ ほんとにあった怖い話 ほん怖ファイル-夏の特別編2012”. フジテレビ. フジテレビジョン. 2013年8月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年8月20日閲覧。
  33. ^ 『土曜プレミアム ほんとにあった怖い話』 - とれたてフジテレビ”. フジテレビ. フジテレビジョン (2012年8月10日). 2012年10月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年8月19日閲覧。
  34. ^ “剛力彩芽 泣いた 大河初出演に「父が大好きな大河に出るのを夢見ていた」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2012年5月31日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/05/31/kiji/K20120531003361520.html 2017年2月21日閲覧。 
  35. ^ “「リーガルハイ・スペシャル」で堺雅人が剛力彩芽にライバル宣言!?”. ニュースウォーカー (KADOKAWA). (2014年11月14日). http://news.walkerplus.com/article/52396/ 2017年2月21日閲覧。 
  36. ^ “ドラマ「大使閣下の料理人」ヒロインに剛力彩芽、日本人とベトナム人のハーフ役”. コミックナタリー (ナターシャ). (2014年11月25日). http://natalie.mu/comic/news/132051 2017年2月21日閲覧。 
  37. ^ “松本清張原作『黒い画集-草-』半世紀ぶりにドラマ化!陣内孝則が剛力彩芽に壁ドンし「手が痛かった」”. テレビドガッチ (プレゼントキャスト). (2015年1月21日). http://dogatch.jp/news/tx/30995?type=link_news 2017年2月21日閲覧。 
  38. ^ 剛力彩芽、主演ドラマで“日本版司法取引”を先取り 相手役は渡部篤郎”. ORICON (2015年2月27日). 2015年2月27日閲覧。
  39. ^ “剛力彩芽、“黒蜥蜴”とアクションシーンに挑戦 「気が合う」とほめられ感激”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2015年12月7日). http://www.oricon.co.jp/news/2063429/full/ 2015年12月7日閲覧。 
  40. ^ 剛力彩芽が死刑囚役! 近未来サバイバルドラマ”. Smartザテレビジョン (2015年11月24日). 2015年11月25日閲覧。
  41. ^ “剛力彩芽主演のSFドラマ 予算は『スター・ウォーズ』の何千分の1?”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2016年1月8日). http://www.oricon.co.jp/news/2065036/full/ 2016年1月8日閲覧。 
  42. ^ “村上弘明×剛力彩芽×陣内孝則、トリオで再び松本清張作品に挑む”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2016年2月5日). http://www.oricon.co.jp/news/2066407/full/ 2016年2月5日閲覧。 
  43. ^ 剛力彩芽、4月連ドラで“未婚の母”役「実際のママから盗みたい」医者役にも初挑戦”. ORICON STYLE (2016年2月1日). 2016年2月1日閲覧。
  44. ^ “剛力彩芽主演『グ・ラ・メ!』ドラマ化 滝藤賢一、高橋一生、小日向文世が共演”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年6月2日). http://www.oricon.co.jp/news/2072674/full/ 2016年6月2日閲覧。 
  45. ^ “剛力彩芽が“最強のレンタル彼女”に 謎多きヒロイン挑戦に「少し緊張」”. ORICON STYLE. (2016年12月1日). http://natalie.mu/eiga/news/211421 2016年12月1日閲覧。 
  46. ^ “したたかで腹黒い剛力彩芽、4月テレ朝系連ドラ主演”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2017年2月21日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1781875.html 2017年2月21日閲覧。 
  47. ^ “村上弘明&剛力彩芽&陣内孝則トリオがみたび! 松本清張没後25年企画「誤差」”. シネマカフェ (イード). (2017年4月11日). http://www.cinemacafe.net/article/2017/04/11/48522.html 2017年4月12日閲覧。 
  48. ^ ““お龍”剛力彩芽「27時間」ドラマ主演!脚本バカリズムと初タッグ”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2017年8月16日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170816/geo17081605040008-n1.html 2017年8月16日閲覧。 
  49. ^ “斎藤工が明石家さんまに! 又吉直樹脚本で結婚と離婚をドラマ化「誰も知らない明石家さんま」”. シネマカフェ. (2018年11月16日). https://www.cinemacafe.net/article/2018/11/16/59069.html 2019年12月15日閲覧。 
  50. ^ 抱かれたい12人の女たち お客様データ #12 剛力彩芽様”. テレビ大阪. 2020年1月1日閲覧。
  51. ^ “『抱かれたい12人の女たち』最終回 剛力彩芽、涙の即興芝居に「リアリティありすぎ」の声”. エンタメの今がわかるクランクイン!! (ハリウッドチャンネル). (2019年12月22日). https://www.crank-in.net/news/72272/1 2020年1月1日閲覧。 
  52. ^ “佐々木蔵之介主演で『陰陽師 瀧夜叉姫』初ドラマ化 市原隼人、剛力彩芽、竹中直人ら共演”. ORICON STYLE. (2020年3月21日). https://www.oricon.co.jp/news/2157987/full/ 2020年3月21日閲覧。 
  53. ^ 剛力彩芽のラブ同居相手が決定!山崎賢人と映画『L・DK』で初共演!”. シネマトゥデイ (2013年6月13日). 2013年7月4日閲覧。
  54. ^ “剛力彩芽、7年ぶり映画出演に「緊張しています」 前澤友作氏と破局後初のイベント”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年3月16日). https://www.oricon.co.jp/news/2157476/full/ 2020年3月18日閲覧。 
  55. ^ “稲垣吾郎のベートーヴェン再び!「No.9」再演に剛力彩芽、村川絵梨、鈴木拡樹ら”. ステージナタリー. (2018年6月7日). https://natalie.mu/stage/news/285549 2018年6月7日閲覧。 
  56. ^ “稲垣吾郎の舞台『No.9ー不滅の旋律ー』東京・大阪・神奈川・福岡で再演、ベートーヴェン波乱の人生描く”. ファッションプレス (株式会社カーリン). (2018年10月25日). https://www.fashion-press.net/news/40330 2019年4月10日閲覧。 
  57. ^ “剛力彩芽、朗読劇初挑戦を報告「久しぶりのお芝居…丁寧に大切に」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年4月10日). https://hochi.news/articles/20190410-OHT1T50121.html 2019年4月10日閲覧。 
  58. ^ “剛力彩芽、実写初吹き替え作「プロメテウス」の出来は「金メダル!」”. 映画.com (エイガ・ドット・コム). (2012年8月13日). http://eiga.com/news/20120813/11/?img=01 2012年8月17日閲覧。 
  59. ^ “注目映画紹介:「マクダルのカンフーようちえん」ほんわかした絵柄でシビアな競争社会を描く”. まんたんウェブ (毎日新聞社). (2012年8月11日). http://mantan-web.jp/2012/08/11/20120811dog00m200004000c.html 2012年8月17日閲覧。 
  60. ^ 剛力彩芽がプリキュア映画アフレコ挑戦,日刊スポーツ,2014年2月18日
  61. ^ 剛力彩芽のGIRLS LOCKS!”. SCHOOL OF LOCK!. TOKYO FM. 2015年7月9日閲覧。
  62. ^ “剛力彩芽、今月いっぱいで7年続いたラジオ番組が終了…「みなさん最後までよろしくお願いします」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年3月2日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20190302-OHT1T50064.html 2019年3月2日閲覧。 
  63. ^ a b “剛力彩芽、これまでの芸能活動をシミジミ回想「自信も根拠もなく」”. cinemacafe.net (株式会社イード). (2016年2月11日). http://www.cinemacafe.net/article/2016/02/11/37787.html 2016年2月11日閲覧。 
  64. ^ “剛力彩芽、芸能界入り決意は「小学1年生」 「根拠もなく“絶対になるんだ”と…」”. テレビファン・ウェブ (株式会社共同通信社). (2016年2月11日). http://tvfan.kyodo.co.jp/news/topics/1036474 2016年2月11日閲覧。 
  65. ^ “剛力彩芽がサイバー犯罪に挑む Amazonドラマ『フェイス』で三浦貴大と共演”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2017年6月27日). https://www.cinra.net/news/20170627-face 2017年6月27日閲覧。 
  66. ^ “Exidéal(エクスイディアル)新イメージキャラクターに剛力彩芽さんを起用!” (プレスリリース), 株式会社ハスラック, (2020年4月16日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000056658.html 2020年4月16日閲覧。 
  67. ^ “G123『ビビッドアーミー』の剛力彩芽さん出演CMが7月10日より公開!初めての全国TVCMが本日からスタート!” (プレスリリース), CTW株式会社, (2020年7月10日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000743.000036635.html 2020年7月12日閲覧。 
  68. ^ “剛力彩芽、CMゼロに 前澤社長との交際は順調も…”. zakzak (産経デジタル). (2019年1月19日). https://www.zakzak.co.jp/ent/news/190119/ent1901199935-n1.html 2020年3月18日閲覧。 
  69. ^ a b “【剛力彩芽】ZOZOの悪影響か…“開店休業”の剛力彩芽ついに「CMゼロ」に”. 日刊ゲンダイDIGITAL (株式会社日刊現代). (2019年1月12日). https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/245272 2020年3月18日閲覧。 
  70. ^ “剛力彩芽、渡辺大「ランチパック」新CM出演 楽曲は復活 絢香に”. エキサイトニュース (エキサイト). (2011年12月22日). オリジナルの2013年4月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130421011329/http://www.excite.co.jp/News/it_biz/20111222/Jic_20111222_009.html 2020年3月18日閲覧。 
  71. ^ “西野カナのニューシングル「GO FOR IT !!」が、新TV-CM ランチパック「自由型ランチ 浴衣篇」のテーマソングに決定”. dwango.jp (ドワンゴモバイル). (2012年6月25日). オリジナルの2012年12月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121201101351/http://pc.dwango.jp/news/?itemid=152&catid=2 2020年3月18日閲覧。 
  72. ^ “【トレンド】剛力彩芽が豪快にスイング!……ランチパック新CMで野球対決”. RBB TODAY (イード). (2012年8月28日). http://www.rbbtoday.com/article/2012/08/28/93630.html 2012年8月28日閲覧。 
  73. ^ “剛力彩芽がチームダンス!……ランチパック新CMで、曲はGReeeeNの新曲”. RBB TODAY (イード). (2012年12月27日). http://www.rbbtoday.com/article/2012/12/27/100277.html 2012年12月27日閲覧。 
  74. ^ 剛力彩芽はスマホヘビーユーザー、一方の井川遥は…”. webザテレビジョン. 角川マガジンズ (2012年2月17日). 2012年11月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月18日閲覧。
  75. ^ “井川遥&剛力彩芽 カフェランチで自然なやりとり”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2012年4月20日). オリジナルの2012年4月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120423130105/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/04/20/kiji/K20120420003081960.html 2020年3月18日閲覧。 
  76. ^ a b c d e 剛力彩芽のCM裏側をWEB限定で大公開!!”. webザテレビジョン. 角川マガジンズ (2012年6月29日). 2012年11月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月16日閲覧。
  77. ^ “えっ?剛力彩芽と星飛雄馬が結婚”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2012年3月22日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20120322-921118.html 2012年3月22日閲覧。 
  78. ^ 星飛雄馬の入団会見に父・一徹は激怒!?”. webザテレビジョン. 角川マガジンズ. 2012年6月2日閲覧。
  79. ^ “剛力彩芽がチアリーダーに! 飛雄馬の姉・明子と対決”. ORICON STYLE (オリコン). (2012年8月14日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2015637/full/ 2012年8月14日閲覧。 
  80. ^ a b “剛力彩芽オススメも 星飛雄馬「オレは選べない 子供の頃から野球だけだ」”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2012年2月2日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/02/02/kiji/K20120202002553860.html 2012年3月22日閲覧。 
  81. ^ “念願のスマホをゲット! 剛力彩芽が星飛雄馬を祝福!!”. webザテレビジョン (角川マガジンズ). (2012年4月26日). オリジナルの2012年7月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120713002547/http://news.thetv.jp/article/29831/ 2020年4月16日閲覧。 
  82. ^ “剛力彩芽 コンバース履いています イメージキャラクター起用に大喜び”. CHUNICHI Web (中日新聞社). (2012年3月5日). オリジナルの2012年3月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120308025129/http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2012030502000138.html 2012年4月3日閲覧。 
  83. ^ “剛力彩芽、笑顔“封印” ドラマCMで「怖い笑顔」挑戦”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2012年4月3日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/04/03/kiji/K20120403002964840.html 2012年4月3日閲覧。 
  84. ^ “彩芽の浴衣姿にク・ギ・付・け 「8×4 デオウォーター」新CM”. 中日スポーツ (中日新聞社). (2012年5月15日). http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2012051502000154.html 2012年5月16日閲覧。 
  85. ^ “剛力彩芽、理想の恋愛は両親「結婚しても恋愛している」”. eltha (oricon ME). (2012年5月14日). https://beauty.oricon.co.jp/news/2011548/full/ 2020年4月16日閲覧。 
  86. ^ a b c d “剛力“歌手デビュー” ヤクルト新CMで「ジョアのうた」”. 中日スポーツ (中日新聞社). (2012年5月29日). オリジナルの2012年5月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120530080706/http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2012052902000154.html 2012年5月29日閲覧。 
  87. ^ 剛力彩芽、3メートルの“お姫様風”ドレス姿披露”. ORICON STYLE (2015年5月8日). 2015年5月11日閲覧。
  88. ^ 【GREE TVCM】「剛力さん、WIN!」篇(GREE公式YouTubeチャンネル) (TVCM). グリー.. (2012年6月28日). http://www.youtube.com/watch?v=mr2sY3DgJtk 2012年8月21日閲覧。 
  89. ^ 【GREE TVCM】「溝端さん、リベンジ!」篇(GREE公式YouTubeチャンネル) (TVCM). グリー.. (2012年6月28日). http://www.youtube.com/watch?v=zBYmoACAD0E 2012年8月21日閲覧。 
  90. ^ a b “金メダル級スマイル!剛力彩芽10代最後の素顔”. SANSPO.COM (産業経済新聞社). (2012年8月2日). http://www.sanspo.com/geino/news/20120802/gra12080205030000-n1.html 2012年8月17日閲覧。 
  91. ^ “2012年「雑誌愛読月間」キャンペーン開始 イメージキャラクターは剛力彩芽さんに” (プレスリリース), 社団法人日本雑誌協会, (2012年7月2日), オリジナルの2015年10月18日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20151018123153/https://www.j-magazine.or.jp/doc/aidoku2012_press.pdf 2020年3月18日閲覧。 
  92. ^ “雑誌は今:今、「雑誌愛読月間」だったって知ってます? 今年は電子雑誌も”. ITmedia (アイティメディア). (2012年8月14日). http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1208/14/news040.html 2012年8月17日閲覧。 
  93. ^ a b “剛力彩芽:二十歳の抱負は「私らしく楽しく」”. まんたんウェブ (毎日新聞社). (2012年8月29日). http://mantan-web.jp/2012/08/29/20120829dog00m200009000c.html 2012年8月29日閲覧。 
  94. ^ 東京シティ競馬 今年の顔は 斎藤工と剛力彩芽 4月8日、来場予定”. ZAKZAK (2015年3月16日). 2015年6月26日閲覧。
  95. ^ 斎藤工&剛力彩芽、競馬場のビーチで恋が走り出す!?TCK新CM”. SANSPO.COM (2015年8月5日). 2015年8月5日閲覧。
  96. ^ 剛力彩芽:話題の“腹筋CM”出演 巨大鉄球の直撃も”. まんたんウェブ (2015年4月23日). 2015年4月23日閲覧。
  97. ^ “剛力彩芽「アルマーニ エクスチェンジ」初アンバサダー抜てき”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2017年4月12日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/04/12/kiji/20170411s00041000333000c.html 2017年4月12日閲覧。 
  98. ^ “仮想通貨取引所「Zaif」がテレビCM 剛力彩芽さん起用”. ITmedia NEWS (アイティメディア). (2018年2月16日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1802/16/news066.html 2018年12月18日閲覧。 
  99. ^ “剛力 剛速球?始球式「楽しかった!」”. デイリースポーツ online (神戸新聞社). (2012年9月7日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2012/09/07/0005361504.shtml 2012年9月10日閲覧。 
  100. ^ “【ヤクルト】9・7剛力彩芽が始球式登板”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2012年8月30日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20120830-1008762.html 2012年8月31日閲覧。 
  101. ^ “剛力彩芽、初の朗読に緊張「どこまで気持ちを込めていいんだろうって」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2016年5月8日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160508/geo16050818060027-n1.html 2016年5月8日閲覧。 
  102. ^ a b 剛力彩芽、9・2新曲がダンス規定曲に「踊ることの楽しさ感じて」”. ORICON (2015年7月14日). 2015年7月14日閲覧。
  103. ^ “2児のママ広末、美の秘訣は「季節味わう」”. SANSPO.COM. (2011年9月2日). http://www.sanspo.com/geino/news/110902/gnj1109020504008-n1.htm 2012年3月21日閲覧。 
  104. ^ 剛力彩芽、『日経トレンディ』が選ぶ"今年の顔"に選出「光栄でびっくり!」”. マイナビニュース (2011年11月3日). 2013年7月4日閲覧。
  105. ^ “忽那汐里&剛力彩芽がウエディングドレス姿初披露「将来が楽しみ」”. オリコンランキング. (2011年12月23日). http://beauty.oricon.co.jp/news/2005062/full/ 2012年3月21日閲覧。 
  106. ^ 第21回受賞作品|日本映画批評家大賞 公式サイト”. 日本映画批評家大賞実行委員会. 2012年3月21日閲覧。
  107. ^ 優木まおみ、香里奈、澤穂希、剛力彩芽ら日本メガネベストドレッサー賞受賞!”. シネマトゥデイ (2012年10月23日). 2013年7月4日閲覧。
  108. ^ 剛力彩芽が「ベストキャラクター賞」を受賞!今、最も輝いている人物に!”. シネマトゥデイ (2012年11月1日). 2013年7月4日閲覧。
  109. ^ 伊藤英明&剛力彩芽、ベストレザーニストに! 初対面でお互いを絶賛!”. シネマトゥデイ (2012年11月3日). 2013年7月4日閲覧。
  110. ^ 剛力彩芽、4冠!「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー」を受賞!”. シネマトゥデイ (2012年11月8日). 2013年7月4日閲覧。
  111. ^ 前田敦子、紅白出場のAKB48メンバーにエール!”. シネマトゥデイ (2012年11月26日). 2013年7月4日閲覧。
  112. ^ 剛力彩芽「ベストドレッサー賞」を受賞!自分流お洒落ポイント明かす”. シネマトゥデイ (2012年11月28日). 2013年7月4日閲覧。
  113. ^ 剛力彩芽、怒涛の8冠!「ベストビューティストアワード」を受賞!”. シネマトゥデイ (2012年12月8日). 2013年7月4日閲覧。
  114. ^ 川島、剛力、松嶋、永作らが日本ジュエリーベストドレッサー賞を受賞!”. Walkerplus (2013年1月24日). 2013年7月4日閲覧。
  115. ^ 剛力彩芽Eライン大賞「自信につながる」”. 日刊スポーツ新聞社 (2013年6月23日). 2015年7月9日閲覧。
  116. ^ 第30回浅草芸能大賞受賞者決定!”. 台東区. 2015年7月9日閲覧。
  117. ^ 剛力彩芽「ようやくきたか」 『ベスト スタイリング』受賞で喜び”. ORICON STYLE (2015年11月17日). 2015年11月17日閲覧。
  118. ^ “剛力彩芽「ベストパールプリンセス」に照れる「大人な女性に一歩近づけたかな」”. スポーツ報知 (株式会社報知新聞社). (2016年2月9日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160209-OHT1T50112.html 2016年2月9日閲覧。 


「剛力彩芽」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「剛力彩芽」の関連用語

剛力彩芽のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



剛力彩芽のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの剛力彩芽 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS